泉ピン子の首振り震え動画!目が変でろれつが回らない原因は病気(パーキンソン病)?

泉ピン子の目が変




女優の泉ピン子さんの首の震えに心配の声があがっています。

泉ピン子さんは、数年前から首が小刻みに震えるような状態なのです。

また、「ろれつが回っていない」「目が変なのではないか」との意見も。

そこで、泉ピン子さんの首振り動画を確認するとともに、原因が病気なのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

泉ピン子の首振り震え動画

数年前から、テレビに出演する泉ピン子さんを見た方から、首が震えているのではないかと心配する声があがっていました。

 

実際の泉ピン子さんの首振り動画がこちらです。

こちらは2017年時点の泉ピン子さんですが、首が小刻みに震えていることがわかります。

2019年現在もテレビに出演する泉ピン子さんを見ると首が震えており、健康状態が心配されます。

スポンサーリンク

泉ピン子の目が変?

また、泉ピン子さんの「目が変」との意見も。

2019年現在の泉ピン子さんがこちらです。

泉ピン子の首振り震え動画

特段変なようには見えませんが、加齢とともにまぶたが被さってきているようにも見えます。

ネットでは、目元が和田アキ子さんに似ているとの声も。

和田アキ子さんといえば、眼瞼下垂で手術を受けたことを公表されています。

眼瞼下垂とは? 

上まぶたが垂れ下がった状態をいい、先天性と後天性に分けることができます。

後天性の場合、加齢が原因とされることが多いです。

そのため、泉ピン子さんも特別な病気などではなく、加齢による眼瞼下垂だと思われます。

まぶたが垂れ下がると視界が悪くなることもあるため、まぶたを縫い合わせる手術を行い、改善する方も多いです。

【比較画像】宮根誠司の顔変わった理由は左目の二重整形!手術やボトックスが原因と判明!

泉ピン子のろれつが回っていない?

また、泉ピン子さんのろれつが回っていないと心配する声も。

2019年に撮影された動画を確認してみましょう。

高齢になられた印象はあるものの、特別ろれつが回っていないようには見えません。

「ろれつが回っていない」という意見は、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』を観られた方が大半です。

このドラマはセリフが長いことで有名ですので、高齢の泉ピン子さんが演じた際に、少し滑舌が悪くなってしまったのでしょう。

泉ピン子さんの滑舌の状態を見る限り、現時点で病気だと断定することは難しいと考えられます。

スポンサーリンク

泉ピン子の首振り原因は病気(パーキンソン病)?

泉ピン子のろれつが回らない

すると気になるのが、泉ピン子さんの首振りですよね。

小刻みに震えているのは、やはり病気なのでしょうか?

泉ピン子さんは、自身の病気などについて公表していませんが、一般的に首が震える病気としてパーキンソン病が有名です。

パーキンソン病は50歳以上に発症する例が多く、手足が震えたり筋肉がこわばるなどの症状があらわれます。

この病気の特徴として、非常にゆっくり進行すると言われているものの、運動障害があらわれるようになると動くのも億劫になってしまい、最終的には寝たきりになってしまう例もあります。

パーキンソン病は完治は難しい病気ではありますが、リハビリや薬の服用などで症状を和らげたり、進行をゆっくりにすることは可能です。

泉ピン子さんが既に医療機関を受診されているかどうかは不明ですが、これからもご健康で長くご活躍いただきたいですね。

スポンサーリンク

泉ピン子のプロフィール

泉ピン子泉ピン子(いずみ ぴんこ)
本名:武本小夜(たけもと さよ)
旧姓:江口
生年月日:1947年9月11日
出身地:東京都中央区
血液型:B型
所属:pi企画株式会社

 

日本音楽高等学校を中退した泉ピン子さんは、1966年に三門 マリ子の芸名でデビューしています。

その後1975年に、話しぶりの面白さを理由に『テレビ3面記事ウィークエンダー』の番組リポーターに起用。

その際に、芸名を泉ピン子に改名しています。

ドラマ『花吹雪はしご一家』に出演したことで、本格的に女優業をスタート。

1980年に『手ごろな女』、1983年に『おしん』の母親役に出演し、女優として評価を得ます。

その後は橋田壽賀子さんの作品に多く出演し、『渡る世間は鬼ばかり』をはじめ、数々のドラマに出演されています。

スポンサーリンク

まとめ

泉ピン子さんの首の震えに心配の声があがっています。

動画を見る限り、小刻みに首を振っているようにも見え、パーキンソン病が疑われます。

「目が変」「ろれつが回っていない」などの意見もあるものの、こちらは加齢による可能性が高そうです。

現在でも長い台本を覚えられる泉ピン子さんにはただただ脱帽するばかりですが、これからもお体に気をつけてご活躍していただきたいですね。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です