キッチンが散らかる人必見!キレイに収納する3つのアイデアを紹介

料理をする方にとって、キッチンの使いやすさは非常に重要です。

毎日使う場所だからこそ、快適に使える工夫をしたいものですね。

しかし、色々な問題が出やすいのもこのキッチンという場所。

そこで今回は、キッチンまわりの収納アイデアと、スッキリ収納するためのポイントについて解説いたします!

スポンサーリンク

キッチンまわりの問題を考える

収納アイデアをご紹介する前に、あなたがキッチンまわりでどんな問題を抱えているのか、一度考えてみてください。

  • キッチンが狭く、調味料やキッチンツールを置く場所がない
  • 収納スペースに物が収まらない
  • 出したい時にさっと必要な物を取り出せない

 

人によって問題は様々ですが、私自身がよく聞くのは上記のようなお悩みです。

それでは、一つ一つそれぞれの改善点と、技アリの収納アイデアについてご説明いたします。

改善点&収納アイデアをご紹介!

【問題点1】キッチンが狭く、調味料やキッチンツールを置く場所がない

一人暮らしの方やマンション住まいの方に多いのが、この問題です。

私もマンションに住んでおり、キッチンはあまり広くありません。

そのため、調味料やキッチンツールを置くと調理スペースがなくなるということが、以前はよくありました。

仕方なくコンロまわりに調味料を並べたり、お玉やフライ返しのようなキッチンツールをコンロの上の部分に掛けたりして、なんとか料理をしやすい環境を作ろうと試みました。

しかし結果はひどいものでした・・・。

調味料は油でベタベタになるし、コンロのまわりに物が多いため掃除もしにくく、余計に汚くなるという悪循環。

料理で使う大切なキッチンツールにまで、油がはねてしまうということもありました。

「広いキッチンだったら、こんなに苦労しなくていいのに!」と何度も思いました。

それから試行錯誤を繰り返すうちに、狭いキッチンでも快適に使える方法を見つけることができました。

調味料やキッチンツールを、引き出しやコンロ下にしまうようにしたのです!

こうしておくと、料理をする際に必要になったものだけを取り出すため、調理スペースにごちゃごちゃと物を置くことがなくなります。

料理をする度に出すのは面倒だと思われるかもしれませんが、さっと出せるところに入れておけば、全くストレスを感じません。

そればかりか、物を出しっぱなしにすることがなくなったので、コンロまわりに油がはねても物をどかすことなく、さっと拭けば掃除も終わり。

料理スペースも広く確保することができ、一石二鳥なのです!

【問題点2】収納スペースに物が収まらない

こちらの問題についても、お悩みの方は多いのではないでしょうか?

この問題を解決するためのアプローチは、以下の2つです。

  • 必要のない物がないかを確認する
  • 収納の仕方を工夫する

 

必要のない物がないかを確認する

収納スペースに物が収まらない場合、まず考えるべきことは、不要な物がないかということ。

不要なものとは、大量に買いだめしている消耗品や、ずっと使っていないのになんとなくそのままにしているキッチンツールのことです。

もしそれらがあれば、一度収納スペースから取り出し、手放すかどうかを判断するようにしてください。

収納の仕方を工夫する

不要な物を取り出したら、次はいよいよ収納をしていきます。

引き出し収納のポイントは、物ごとにきちんと「仕切る」ということ。

キッチンツールの仕切りは、安くで売っていますし、箱などを利用しても良いです。

きちんと仕切ることで、引き出しを何度開け閉めしても、物が動くことがなくなり、いつまでもきれいに整理された状態を保つことができるようになります。

引き出しより少し広いコンロ下の収納のポイントは、収納ラックを利用することをオススメします。

例えば2段式のラックの場合、上下それぞれに物を収納できるようになり、収納力は格段に上がります!

収納できる場所が限られているからこそ、ラックなどの収納アイテムを利用して、収納スペースを確保するようにしましょう。

【問題点3】出したい時にさっと必要な物を取り出せない

出したい時に、さっと必要な物を取り出せない原因は、以下の2つです。

  • 収納をぱんぱんに詰め込みすぎ
  • 収納する場所が間違っている

 

収納をぱんぱんに詰め込みすぎ

収納スペースをぱんぱんに詰め込むと、物を取り出す際に強く引っ張る必要があったり、他の物まで一緒に出てしまうことがあります。

収納は、少し隙間が空くくらい、余裕をもって行うようにしましょう。

収納する場所が間違っている

物の収納において大切なことは、ただ持っているものを収納スペースに収めることではありません。

収納する際は、物の「出しやすさ」を考える必要があります。

特にキッチンのように、頻繁に使用する物がある場所については、この「出しやすさ」が大きなポイントです。

よく使用する物を出しにくいところに収納してしまうと、調理に時間がかかってしまい、大きなストレスになってしまいます。

物の出しやすさまで考えた収納を心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

キッチンまわりのお悩みは、その悩みごとに適切な改善策をとることが大切です。

また、工夫次第で色々な収納アイデアを取り入れることができます。

収納がスッキリするだけで、きっと毎日の料理も楽しくなりますよ!

【関連記事】二度と散らからない片付け方とは?

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です