ジェンダーレス女子・中山咲月の恋愛対象は?性同一性障害との違いを解説!

中山咲月

10月9日より放送される火曜ドラマ『中学聖日記』に、ジェンダーレス女子こと中山咲月さんが出演されることがわかりました!

「女子なのにイケメンすぎる」と人気の中山さん。

そんな中山さんの恋愛対象は男性なのか女性なのかが気になるところです。

また、「ジェンダーレスって何?」「性同一性障害と何が違うの?」という方のために、その違いを解説いたします。

スポンサーリンク

中山咲月さんプロフィール

中山咲月

中山咲月(なかやま さつき)
生年月日:1998年9月17日
身長:164cm
スリーサイズ:B78・W61.5・H87
出身地:東京都
所属事務所:TENCARAT PLUME

雑誌『ピチレモン』の第19回オーディションで見事グランプリを受賞し、モデルの道を歩むことになった中山さん。

その時の写真がこちらです。

中山咲月

現在のボーイッシュな雰囲気と違って、女優さんのようなエレガントな雰囲気ですよね。

2011年にデビューした中山さんは、2015年4月号をもって卒業し、その後もモデルを続けています。

最近では、自分の好きなファッション『ジェンダーレス』を見出し、ジェンダーレス女子として話題となっています!

中山咲月さんの恋愛対象は?

中山咲月

そんな中山さんを見た多くの女性から「かっこいい!」という声が上がっています。

男性でも、ボーイッシュな女性がタイプという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで気になるのが、中山さんの恋愛対象は女性と男性どちらか?ということだと思います。

「ジェンダーレスとはいうものの中山さんは女性だから、やっぱり男性が恋愛対象かな?」と思いがちですが、以前中山さんは恋愛対象について以下のようなコメントをしています。

男でも女でも愛があれば恋愛対象になる

なんとも、男前なコメントですよね…!

しかし、中山さん本人は、こういった質問を煩わしく感じているようですね。

有名人になればなるほど、人気者になればなるほど、その恋愛事情が騒がれますが、現在中山さんとしては恋愛にあまり興味がないようです。

スポンサーリンク

中山咲月さんは性同一性障害?ジェンダーレスって何?

中山咲月

ジェンダーレスとは?

ここまで「ジェンダーレス」について書いてきましたが、そもそもジェンダーレスって何?という方も多いのではないでしょうか?

ジェンダーレスとは、「男女の性差をなくそう」という考え方である。

※「Gender(ジェンダー)」は「性、性別」という意味、「-less(レス)」は「?がない」という意味。 ファッションにおいて、ジェンダーレスは「男女の境界がないファッション」という意味で使われる。

(引用:https://moto-neta.com/economy/genderless/)

 

つまり、「女性だからかわいい格好をしないといけない」とか「男性だからかっこいい格好以外はしたらダメ」とか、そういった線引きをなくすことが、ジェンダーレスの定義となります。

こういった考え方を窮屈に感じている人って、案外多いと思うんですよね。

中山さんも、ピチレモン時代から男前キャラで注目を集めていましたが、その頃から女の子らしい格好をすることに違和感を感じていたといいます。

ちょうどその頃に目にしたのが、韓国モデルのカイトさんで、女性なのに綺麗な男性のような容姿を目にし、ジェンダーレスとしての生き方を見出したようです。

女性だから、男性だから、ではなく『自分らしく』生きることを大切にするのがジェンダーレスの考え方というわけですね!

ジェンダーレスと性同一性障害の違いは?

中には「ジェンダーレスと性同一性障害とどう違うの?」と疑問に思う方も多いようです。

そこで、性同一性障害の定義を確認いたします。

女性なのに、自分は「本当は男なんだ、男として生きるのがふさわしい」と考えたり、男性なのに「本当は女として生きるべきだ」と確信する現象を「性同一性障害(gender identity disorder, GID)」と呼びます。 このような性別の不一致感から悩んだり、落ち込んだり、気持ちが不安定になることもあります。

(引用:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_gender.html)

 

性同一性障害とは、自己認識と体が合っていない状態ですね。

わかりやすく言うと、自分は男性だと認識しているのに胸があることに違和感を覚えたり、女性だと認識しているのに体がどんどんたくましくなることに嫌悪感を覚えたりしている状態です。

そのため、性同一性障害の方の中には、性転換を希望される方もいらっしゃいます。

少し前のドラマになりますが、『3年B組金八先生 』で上戸彩さんが演じていた鶴本直さんが性同一性障害でしたね。

上戸彩(3年B組金八先生・鶴本直)

 

つまりジェンダーレスがあくまで性別に拘らず『自分らしくあること』を重視するのに対して、性同一性障害は自分の性別に違和感を感じている状態を指します。

混同されがちな2つの言葉ですが、こう見ると意味合いが全然違うことがお分かりいただけるかと思います。?

そして中山さんは、「性同一性障害ではない」ということを公言されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、火曜ドラマ『中学聖日記』に出演される中山咲月さんについて取り上げました。

「女子なのにイケメンすぎる」と人気の中山さんですが、愛があれば男性でも女性でも恋愛対象になるとのことでした。

ただし、現在はあまり恋愛に興味がないようですね!

また、ジェンダーレスと性同一性障害の違いについてもお分かりいただけたことと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です