リテーナーの洗浄頻度や洗浄方法は?おすすめの洗浄剤をご紹介!

リテーナーの洗浄方法




歯科矯正が終了した後に、後戻りを防ぐための装置・リテーナー。

このリテーナーを使用する期間は人によって違うものの、一般的には矯正治療と同期間ほど装着する必要があると言われています。

長期間使用するだけに、清潔に保っておきたいですよね。

そこで、リテーナーの洗浄頻度や洗浄方法、おすすめの洗浄剤をご紹介いたします。

スポンサーリンク

リテーナーの種類

リテーナーとは、矯正治療後に装着する装置のこと。

矯正後、何もしなければ、歯は元(矯正前)の位置に戻ろうとします。

それを防ぐために、一定期間リテーナーを装着する必要があります。

リテーナーは主に2種類。

①ワイヤータイプ

リテーナーの洗浄方法

②マウスピースタイプ

リテーナーの洗浄頻度2

歯の裏側にワイヤーをつけて取り外しできないタイプのリテーナーもありますが、一般的に薦められるのはこの2種類が多い印象です。

また、一日の装着時間の指示については医師によって様々ですが、一般的には可能な限り長時間装着することが推奨されます。

リテーナーの洗浄方法は?

リテーナーのおすすめの洗浄剤

気になるリテーナーの洗浄方法は、主に3つ。

  1. リテーナー洗浄剤を使用する
  2. 歯ブラシで洗浄する
  3. 水で洗う

①リテーナー洗浄剤を使用する

一番メジャーなのは、リテーナー洗浄剤を使用することです。

専用剤ということで、研磨剤が含まれていなかったり、洗浄能力が高いといった特徴があります。

コップに水かぬるま湯を入れ、洗浄剤・リテーナーを入れた状態で、一定時間置き、最後に軽く水洗いすれば洗浄完了です。

②歯ブラシで洗う

歯ブラシで洗うという方法もあります。

ポイントは、柔らかい歯ブラシを使用すること。

普通の歯ブラシを使用すると、リテーナーの表面を傷つけてしまう可能性があります。

傷がつくと細菌が繁殖し、口内環境が悪化する危険性もありますので、優しく洗うことを心がけてくださいね!

③水で洗う

一番簡単な方法は、水でゆすぐという方法ですね。

汚れが気にならない場合、水だけでも十分キレイになります。

ポイントは、熱湯を使わないこと。

リテーナーは熱に弱いといった特徴がありますので、必ず水やぬるま湯を使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

リテーナーの洗浄頻度は?

リテーナーの洗浄頻度

リテーナー洗浄剤を使用する場合、どのくらいの頻度で洗浄すれば良いかわからないという方が多いようです。

そこで、私が通う歯科医で聞いてみたところ、短くても3日以上空けるよう指導されました。

理由は、あまり頻繁に行なうと洗浄剤によってワイヤー部分が劣化してしまい、壊れてしまう可能性があるということでした。

リテーナーの汚れのつき具合は個人差があるそうで、短くても3日、理想は一週間以上空けるように、ということです。

もし臭いが気になるという方は、リテーナー洗浄剤ではなく、モンダミンなどに5分浸けておくだけで、だいぶ臭いが気にならなくなるということです。

 

おすすめのリテーナー洗浄剤

リテーナーの洗浄剤はいくつかありますが、ここでは私がおすすめするリテーナー専用の洗浄剤をご紹介します。

 

 

 

これらの商品は、楽天で非常に売れているリテーナー洗浄剤です。

口コミも非常に多く、高評価が多いので、安心して使用できますね。

まとめ

リテーナーの洗浄頻度や洗浄方法をご紹介しました。

ポイントは、

  1. 洗浄剤を使用する場合は、3日以上空ける
  2. 柔らかい歯ブラシで洗う
  3. 熱湯は使わない

の3つ。

おすすめの洗浄剤も、ぜひ参考にされてくださいね。


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です