【画像】宮根誠司の左目は二重整形!顔変わった理由は手術やボトックス?

宮根誠司(目が変)

宮根誠司(みやねせいじ)さんの顔が変わったと話題になっています。

宮根誠司さんといえば、ミヤネ屋などでの辛口なコメントで有名なアナウンサーですが、ネットを見ていると「左目が変」、「顔色悪いし病気?」など、宮根誠司さんを心配する声が多数上がっています。

実は、宮根誠司さんは2019年1月月初に眼瞼下垂のため手術をし、二重にしていたのです!

他にも、顔全体が腫れていることから、ボトックス注射をしたのでは?という疑惑も浮上しています。

そこで、宮根誠司さんが行った眼瞼下垂手術やボトックスとは何か、また整形をした理由を探ってみました。

スポンサーリンク

宮根誠司の左目と顔が変わったと話題に【2019年画像】

まずは、「顔が変わった」と言われている宮根誠司さんの画像を確認したいと思います。

2019年1月13日 Mr.サンデー出演時

宮根誠司さんの顔の変化について、ネットで大々的に話題になったのは、2019年1月13日

この日は、ミスターサンデーの収録がありました。

宮根誠司(目が変) 宮根誠司の顔変わった

左目の違和感はもちろん、顔全体がパンパンに腫れているように見えます。

こちらの宮根誠司さんの顔に、ネットでも驚きの声が上がりました。

普段の宮根さんと比べると、明らかに二重の幅が広く、左目が腫れていることがわかりますよね。

私たちの知っている宮根誠司さんといえば、このようなお顔です。

宮根誠司(目が変)

急激に顔が変わったため、単なる老化ではないことは明白です。

2019年1月7日の顔もおかしい?!

宮根誠司さんの顔が変わったと注目を集めたのは1月13日ですが、実はその数日前から「顔が変」と感じる方もいたようです。

違和感を覚えたという方も多かった2019年1月7日の宮根誠司さんの画像がこちらです。

宮根誠司の1月7日の顔

目に違和感は感じませんが、全体的に顔が疲れている印象を受けます。

それもそのはず。

実は宮根誠司さん、この日は39.5度の高熱を出していて、かなり体調が悪い中でお仕事をされていたようです。

そして、一週間後の1月13日、顔に急激な変化が起きます!

宮根誠司の顔の変化

一番変化したのは、やはり「目」でしょうか。

実は宮根誠司さん、この一週間で眼瞼下垂手術で二重整形をしていたのです!

スポンサーリンク

宮根誠司の眼瞼下垂とは?

宮根誠司(顔変)

家族から「左目がおかしい」と指摘され、病院に診察に行ったという宮根誠司さん。

そこで眼瞼下垂の診断を受けます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)、あまり聞き慣れないですよね。

これは病気なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がった状態を言い、先天性と後天性に分けることができます。

先天性はまぶたを引っ張り上げる筋肉(眼瞼挙筋)が生まれつき発育異常のものです。後天性のものは、まぶたを引っ張り上げる腱膜に異常がある腱膜性、重症筋無力症など筋肉自体に異常がある筋原性、動眼神経麻痺など筋肉を支配する神経に異常がある神経原性に分けることができます。

(引用:https://morii-ganka.jp/disease/gankenkasui.html)

眼瞼下垂の原因として、実際に何かの病気であることが想定されるということですが、一番多いのが腱膜性の下垂が原因で起こるもののようです。

腱膜性の下垂は加齢によるものが一番多く、宮根さんも加齢が原因であると診断されたようです。

芸能人でも、和田アキ子さんや梅沢富美男さんなど、加齢によって眼瞼下垂を心配される方が多いようですね。

宮根誠司の眼瞼下垂手術は二重整形?

宮根誠司(目が変)

宮根誠司さんは2019年1月15日に放送された『ミヤネ屋』で、眼瞼下垂(がんけんかすい)手術を受けたことをカミングアウトしています。

眼瞼下垂の症状としては、放っておくと瞼がかぶさってきて、視界が悪くなります。

加齢によって起こるものだと言われた宮根誠司さんですが、医者に相談したところ、瞼を縫い合わせて二重にする手術を行えばすぐに治ると言われ、その場で手術を依頼。

眼瞼下垂手術は、まぶたの中の板(瞼板)に付着しているゴム(眼瞼挙筋腱膜)を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復する手術です。

(引用:https://morii-ganka.jp/operate/gankenkasui/)

この方法は、埋没法といって、メスを使わずまぶたを縫い合わせるだけの、いわゆるプチ整形で使われる手術と同じ方法です。

手術は10分ほどで終了。

術後、二重になった宮根さんは「手術してから視界がまぶしい」とコメント。

知らず知らずのうちに瞼が下がってきており、今までそれだけ視界が悪くなっていたということなのでしょうね。

ネットでは整形疑惑が囁かれていた宮根さんですが、「結果的にプチ整形になってしまった」というエピソードをミヤネ屋で披露し、笑いを誘いました。

宮根誠司(目が変)

そして、ミヤネ屋で共演していた梅沢富美男さんも、宮根さんの眼瞼下垂手術について

それうまくできてるから、僕もやろうと思ってるんですよ

と興味津々にコメントされていました。

宮根誠司さんが大きなご病気ではないようで、一安心ですね!

腫れは日に日に治まっていくと言い、宮根誠司さんは「これがどうなっていくか皆さんお楽しみに!」と呼びかけておられました。

追記(2019年4月21日)

2019年4月21日に放送されたミスターサンデーの宮根誠司さんの顔がこちら。

宮根誠司(2019年4月21日)

整形(眼瞼下垂の手術)から3ヶ月経ちますが、やはり違和感があります。

左目の腫れはひいているのがわかりますが、顔全体がむくんでいますね。

整形前と比較したら一目瞭然です。

宮根誠司(2019年4月21日)画像

どうしてしまったんでしょうか?

大きなご病気でなければいいのですが・・・。

もしかしたら、宮根誠司さんは整形術の一つであるボトックスを定期的に打っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮根誠司の顔が変わったのはボトックス?

宮根誠司(目が変)

左目の変化については、宮根誠司さんご自身がカミングアウトされた眼瞼下垂手術が原因だということがわかりました。

しかし、気になるのは目だけではありません。

宮根誠司さんの顔全体がパンパンに腫れているように感じるのは、私だけではないはずです。

宮根誠司の整形前後の画像

目の部分を除いても、顔全体の輪郭が明らかに違いますよね。

そのため、整形でボトックス注射を行ったのではないかという疑惑が浮上しています。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射とは、ボツリヌス毒素から抽出した成分ボトックスを注射する施術です。
ボツリヌス毒素は毒性の高いものですが、 ボトックスはそこから毒性を取り除いているので安全に使用できます。
ボトックスは筋肉の動きを抑制する働きがあり、 「表情しわ」のような筋肉によっておこる「しわ」を目立たなくさせる効果があります。

(引用:https://www.toshiwa-kai.or.jp/medical/beauty/iframe5)

こちらも、瞼を縫い合わせる手術同様、美容法として女性に人気の整形手術です。

特徴として、顔のしわを目立たなくする若返りの効果が期待できます。

宮根誠司にボトックス疑惑が浮上した理由

宮根誠司さんがボトックスを行ったのではないかと噂されている理由は3つ。

  1. 顔全体がパンパン
  2. 顔がひきつっているように見える
  3. 表情が硬い

実はこれらの特徴は、ボトックスをやりすぎた場合に起こる現象だということがわかっています。

ボトックスの副作用
  • 眉尻が不自然に上がってしまう
  • 笑顔が引きつって、表情が出にくくなる
  • 口角に打った場合、唇や口角に違和感が出る

ネットなどで散々「顔がおかしい」などと騒がれていましたので、早く治そうとボトックス注射した可能性もありますね。

また、これまで美容整形を行った経験などなかった宮根誠司さんが、眼瞼下垂手術を行った際に医師に勧められ、興味本位でやった可能性も。

宮根誠司さんの性格を考えると、こちらの方が信憑性を感じてしまいますよね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

宮根誠司さんについて「左目の二重が変」「顔変わった」などの声が上がっています。

ネットでは、病気説や整形説、アレルギー説など様々な憶測が飛び交っていましたが、宮根誠司さんは『ミヤネ屋』で眼瞼下垂手術を受けて二重にしたことを説明。

また、顔が腫れていることについては何もコメントされていませんでしたが、ネットではボトックス注射したのではないかという意見も。

今後も宮根誠司さんの顔の変化に注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • ちがうな睡眠不足やホルモンバランス乱れの、もちろん年齢的なこともあるが、ボーム線が詰まっている。 目に潤滑油を送る管が詰まっている。 実は自分も同じ、ところが目医者はなかなか指摘してくれない
    眼科を何件かはしごしても頓珍漢な診断ばかり。 試しに睡眠前に目をタオル等で暖めてから寝ると判明する。 大量の油が油膜みたいに出てきます。 

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です