令和(れいわ)はきさらぎ駅新聞の元号?真相はエイプリルフールでデマ?

令和がきさらぎ駅の新聞と一致




2019年4月1日、新元号・令和(れいわ)が発表されましたね!

30年続いた平成が幕を閉じると考えるとなんだか淋しいですが、新しい時代の幕開けという意味ではワクワクしますね!

そのようなムードの中、ネットでは令和(れいわ)がきさらぎ駅の新聞の元号と一致するという話が浮上しています。

これは本当なのか、それとも4月1日のエイプリルフールに乗じたデマなのか気になるところです。

そこで、きさらぎ駅の新聞の真相について調べてみました。

スポンサーリンク

都市伝説『きさらぎ駅』とは?

きさらぎ駅の新聞が令和(れいわ)

「きさらぎ駅」の話を知らない方のために、きさらぎ駅とは何なのかについてご説明いたします。

きさらぎ駅とは、2004年に2ちゃんねるという掲示板サイトで話題となった都市伝説です。

オカルト版の掲示板に、「はすみ(葉純)」という女性が「気のせいかも知れませんが、よろしいですか?」と書き込んだことから始まります。

はすみさんは、2004年1月8日に、新浜松駅から電車に乗り、帰宅する途中でした。

しかし20分経っても一向に電車が止まらず、また周りの乗客も皆眠ってしまっており、違和感を覚えたはすみさんは、2ちゃんねるの掲示板に相談します。

はすみさんは掲示板に「きさらぎ駅」に降車したと書き込んだのですが、現実にはそのような駅は存在しないのです。

警察に連絡するもいたずらだと思われ相手にされず、途方に暮れたはすみさんはその後も掲示板に相談を続けます。

しばらくすると、遠くから太鼓を鳴らすような音と鈴の音が聞こえ、その音がだんだん近づいてくる、と、はすみさんが書き込みます。

きさらぎ駅の新聞は令和(れいわ)

「トンネルを抜けた方が安全」とのネットユーザーの助言をもとに、トンネルを抜けたはすみさんでしたが、その先に誰かが立っていると言うのです。

この時午前3時で、時間帯を考えると明らかに怪しいと感じた掲示板の人たちがはすみさんを止める中、はすみさんはその人物に助けを求めたところ、近くの駅まで車で送ってもらえることに。

しかし、車はどんどん山奥へ進んでいるとの書き込みを最後に発信は途絶え、はすみさんはそのまま行方不明となってしまいました。

スポンサーリンク

令和(れいわ)はきさらぎ駅の新聞の元号?

令和がきさらぎ駅の新聞に書いてあった

この話に、当時2ちゃんねるは騒然となりました。

はすみさんは、きさらぎ駅に降車し、その後行方不明となったのです。

これが作り話だったのか、本当にあった話なのか、ネットでは「特定班」と呼ばれる人たちが捜査を開始しましたが、その真相は今もわかっていません。

そんなオカルトのような「きさらぎ駅」の話ですが、きららぎ駅には新聞があり、その新聞に記載されている元号が、今回の令和(れいわ)だとネットで話題になっています。

きさらぎ駅新聞に令和(れいわ)の真相はエイプリルフールでデマ?

令和がきさらぎ駅の新聞にあるのはエイプリルフールでデマ

これが本当だとしたら、とても怖いですよね。

というのも、はすみさんが降りたという「きさらぎ駅」は現実には存在していない駅で、異世界ではないかと言われているからです。

異世界の元号・令和(れいわ)が、きさらぎ駅の新聞に出てきていたとしたら、はすみさんが行った世界は未来?とも考えてしまいます。

未来であるとするなら、きさらぎ駅が存在していなかった説明もつきますし、2004年当時から考えると、現代(2019年)が異世界のように感じるのも無理はありません。

しかし、この話はデマだということがわかっています!

エイプリルフールだからでしょうか?

ネットで、「きさらぎ駅の新聞に書かれている元号っぽい」と書き込みが勘違いされて広まったようですね!

「きさらぎ駅」の話は私も当時ネットで読んでいたのですが、駅の新聞に元号が書いてあるという話は出てきていません。

令和(れいわ)の響きに異世界のような違和感を覚えたネットユーザーが「きさらぎ駅」を連想し、つぶやいたことでネットに広がっただけのようです。

なんともオカルトちっくな話でしたが、真相はデマということが判明しています。

スポンサーリンク

まとめ

新元号が令和(れいわ)と発表され、きさらぎ駅の新聞の元号と一致しているのではないかと話題になっています。

しかし、ことの真相は令和(れいわ)が「きさらぎ駅っぽい」と感じたユーザーが、ネットでつぶやいたことが原因と判明しました。

「きさらぎ駅」と聞けば、今でも恐怖を感じる方が多いため、このようなデマでも、ネットで拡散されることで本当だと感じてしまった方が多いようですね。

また、エイプリルフールということもあり、中には面白がってデマを広めた方もいたのかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

【関連記事】

令和(れいわ)を考えた考案者や文字を書いた人(書道家)は誰?意味や由来を調査!

令和(れいわ)はダサい?orかっこいい?響きがかわいいやしっくりこないの声も


スポンサーリンク




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です