芥川賞『1R1分34秒』のあらすじや口コミ・感想は?一部ネタバレあり

芥川賞・1R1分34秒




「第160回芥川賞」の選考会が2019年1月16日に築地・新喜楽で行われ、町屋良平さんの『1R(いちらうんど)1分34秒』、上田岳弘さんの『ニムロッド』が選ばれました。

そこで今回は、『1R1分34秒』に注目し、あらすじや口コミ・感想をまとめてみました。

また、一部ネタバレを含む箇所がありますので、これから読まれる方は「ネタバレ」の部分は飛ばして読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

芥川賞『1R1分34秒』のあらすじは?ネタバレあり

芥川賞・1R1分34秒

1R1分34秒・あらすじ

なんでおまえはボクシングやってんの? 青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。

(引用:https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784103522713)

1R1分34秒・ネタバレ

21歳のプロボクサーの葛藤を描いたこちらの作品。

主人公は新米ボクサーにも関わらず、闘争心があまりなく、試合のたびに引退を考える青年。

そんな彼ですが、同じジムの先輩・ウメキチが指導についてから、少しずつ変わり始めます。

ウメキチは主人公とは正反対の性格で、主人公に親身に指示をしていきます。

そんな先輩に不信感を抱く主人公ですが、ウメキチは構わず距離を縮めようとします。

主人公が苦悩する姿を描きながらも、人との出会いによって徐々に成長していく、いわば青春物語といえます。

芥川賞『1R1分34秒』の口コミ・感想

1R1分34秒・町屋良平

実際に『1R1分34秒』を読んだ方の口コミや感想をご紹介いたします。

まだまだ読んでいる方は少ない印象ですが、芥川賞受賞作品ということで、これから読まれる方も増えるでしょうね!

スポンサーリンク

まとめ

第160回芥川賞に町屋良平さんの『1R(いちらうんど)1分34秒』が選ばれました。

上田岳弘さんの『ニムロッド』との同時受賞ということで、非常に注目されています。

等身大の21歳・ボクサーの青年の物語ということで、誰にでも読みやすく楽しめる作品なのではないでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

【関連記事】

芥川賞『ニムロッド』のあらすじや口コミ・感想は?一部ネタバレあり


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です