断捨離をすると運気が上がるって本当?運気がアップする理由を解説!




断捨離をすると運気が上がると言われています。

「実際に断捨離をして良いことがあった」という体験談もたくさんあり、「そんなに良いなら、私も断捨離しよう!」とは思うものの、運気が上がるという根拠が曖昧だとなかなか実行に移せないのではないでしょうか?

そこで今回は、断捨離と運気の関係について解説していこうと思います!

スポンサーリンク

そもそも断捨離の意味とは?

『断捨離』という言葉、今でこそ当たり前に使われていますが、あなたは本来の意味をご存知でしょうか?

断捨離の言葉のルーツは、ヨガの哲学(断行・捨行・離行)の頭文字をとって名付けられました。

  • 断行=不要な物を買わない
  • 捨行=不要なものを捨てる
  • 離行=物への執着から離れる

 

つまり断捨離とは、不要なモノを身の回りから排除して、物への執着心を手放すことを指します。

自分にとって本当に必要なものが見えてくる

不要なモノを身の回りから排除すると、自分にとって本当に必要なモノだけが手元に残ります。

すると、モノがたくさんあった時には気づかなかったことが見えてくるようになります。

例えば、本の断捨離をすることで、自分が好きなジャンルの本だけが手元に残り、自分が本当にそのジャンルのことが好きだと改めて気づく人もいます。

たくさんの本があった時には、「なんとなく好きなジャンルの一つ」程度に思っていたことが、断捨離をすることで「やっぱり私はこのジャンルが好き!」と再確認できるんですね。

それをきっかけに、「よし!もう一回このジャンルを勉強してみよう」と考え、勉強していくうちにどんどんハマっていく・・・ということもありえます。

また、大量の本があった時には埋もれていていて存在すら忘れていた昔のアルバムが出てきて、写真を見ているうちに家族や友人と会いたくなり、連絡をしてみたところ、疎遠になっていた関係が復活する、ということも考えられます。

今回はほんの一例をご紹介しただけですが、家全体をすっきりさせることが自分にとってどれだけ良い影響を与えるかがお分かりいただけたことと思います。

ストレスから開放される

不要なモノが常に目につくところにあると、頭の中は常にストレスを感じてしまいます。

「いつか整理しないとなぁ」と無意識に考えてしまい、それを先延ばしにしてしまっている自分に自己嫌悪してしまうんですね。

これが家の中の一つや二つの箇所だけならまだしも、どの部屋にいってもそういった意識を感じてしまうのは、非常に問題があります。

ストレスは、人によって様々な形になって表れます。

暴飲暴食に走る人や、なんとなくいつもだるくてやる気が起きないという人もいます。

部屋をきれいにすることで普段感じていたストレスから開放され、「自然とダイエットができた」「本当にやりたいことが見つかった!」ということも珍しくありません。

部屋が散らかっているだけで、いかに自分に悪影響を与えているかを認識することが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

「断捨離をすると運気がアップする」と言われる理由は、断捨離を通して、自分が本当に大切にしているものに気づくからなんですね。

不要なものが一切なく、大切なモノだけが身の回りにある生活を想像するだけでもワクワク楽しい気持ちになることと思います。

こういった楽しい気持ちや幸せな気持ちを持っていると、自然と明るい雰囲気になり、どんどん運気も良くなっていくという、良い循環が生まれます。

あなたもこの機会に思い切って断捨離を行って、良い運気を迎え入れてみてくださいね!

【関連記事】断捨離を成功させるためのコツとは?

【関連記事】家族に部屋の断捨離を反対されたら?家族に理解を得る方法を考えよう

【関連記事】断捨離の効果とは?私が断捨離をして良かったと思う3つのコト


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です