前澤友作社長の美術品売却はなぜ?売る理由は金欠or100万円お年玉企画のため?

前澤友作社長が美術品を売る理由

ZOZOの前澤友作社長が美術品の売却をすることを発表し、注目を集めています。

前澤友作社長といえば、お金持ちということで有名ですが、今回美術品を売ることがわかると、金欠なのではないかという声が上がりました。

そこで、前澤友作社長が美術品を売却するのはなぜなのか、その理由を探ってみました。

スポンサーリンク

前澤友作社長が美術品を売却!

前澤友作が美術品を売るのはなぜ

前澤友作社長は、自身が所有する美術品をオークションに出店することを発表しています。

美術品を多く所有することで有名な前澤友作社長ですので、突然の発表に驚きの声が上がっています。

前澤友作社長の美術品売却はなぜ?

前澤友作社長が美術品を売却する理由は金欠

前澤友作社長が、美術品を売却するのはなぜなのでしょうか?

ネットでは、様々な憶測が飛び交いました。

金欠説

一番多いのは、「前澤友作社長が金欠なのではないか?」という説ですね。

前澤友作は、お金持ちということでも有名ですが、そのお金の使い方も非常に華やかです。

「稼ぎたいなら貯金はするな!!」をモットーに、美術品や骨董品、車などを多く所有しています。

そのため、貯金はあまりないそうですね。

つまり、新しくお金を得るには、事業の利益が入るまで待つか、もしくは自身の資産を売却するかのどちらかになります。

前澤友作社長が「金欠」と言われるのは、こういった背景もあるのでしょうね。

資金繰り説

事業を継続するには、資金繰りが命綱ともいえますよね。

元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんは、前澤友作社長の美術品売却について「資金繰りの問題ではないか」と指摘。

前澤友作社長が経営するZOZOは、1年前に比べ株価が約半値に落ち込んでいるため、事業継続にお金が必要になったのかもしれません。

月旅行キャンセル説

前澤友作社長が美術品を売却する理由は100万円お年玉企画

前澤友作社長といえば、昨年(2018年)、「月に行くことにしました」と発表し、話題となりました。

しかし、この月旅行をキャンセルするのではないかとネットでは囁かれています。

そのため、月旅行の解約金にお金が必要になったとか。

こちらについては前澤友作社長が公表したわけではなく、あくまで噂ですので、個人的には信憑性は低いように思います。

スポンサーリンク

前澤友作社長の美術品を売る理由は金欠ではなく100万円お年玉企画のため!

前澤社長・100万円お年玉企画

このようなネットの反応を受け、前澤友作社長は、自身の美術品を売却する理由をツイッターで発表しました。

なんと、前澤友作社長が美術品を売却するのは、金欠ではなく100万円お年玉企画のためということです!

100万円お年玉企画とは?

前澤友作社長が2019年1月に行った、100万円を100人にプレゼントするという企画。応募者300万人の中から抽選で100人が選ばれました。

これに対し、ネットでは前澤友作社長に称賛の声が上がっています。

 

実際、最近の前澤友作社長のツイッターを見ると、「100万円企画を行ってよかった」という発言や、お年玉企画終了直後も「第二弾」を匂わせる発言をしていました。

そのため、今回の美術品売却も、お年玉企画を行うための事前準備なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ZOZOの前澤友作社長が美術品を売却すると発表しました。

美術品を売る理由について、ネットなどでは

  • 金欠なのではないか
  • 資金繰りが厳しいのでは?
  • 月旅行キャンセルするのではないか

などの憶測がありましたが、前澤友作社長は自身のツイッターで100万円企画のためと説明。

前澤友作社長のTwitterの発言を見ても、お年玉企画第二弾が期待できるかもしれませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

ZOZO・前澤友作100万円お年玉企画の応募方法や締切日は?当選確率や発表方法も!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です