ダレンブラウンはやらせ?本物?ドッキリ催眠術のタネや驚きの心理学とは【世界まる見え】

ダレンブラウン

11月26日放送の『世界まる見え!ウソかマコトかSP!』に、メンタリストのダレンブラウンさんが出演されます。

ダレンブラウンさんは、知る人ぞ知るイギリスのメンタリストで、これまでもテレビで驚きのパフォーマンスを行ってきました。

しかし、そのパフォーマンスが完璧すぎるあまり、やらせなのではないかという疑惑が出ています。

そこで今回は、ダレンブラウンさんのドッキリ催眠術のタネや驚きの心理学に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

世界まる見え出演・ダレンブラウンのプロフィール

ダレンブラウンダレン・ブラウン(Derren Brown)
生年月日:1972年2月27日
出身地:イギリス・クロイドン
職業:メンタリスト、催眠術師、画家など

イギリスで有名なメンタリストであるダレンブラウンさんは、大学在学中からマジックや催眠術を学び、バーやレストランで披露しています。

その完璧なパフォーマンスから、「心を操る悪魔」「心の魔術師」などとも呼ばれています。

彼のすごいところは、多くのメンタリストが「マインド・リーディング」や「予言」を扱うに留まるのに対して、ダレンさんは「心理学」や「催眠術」なども取り入れたパフォーマンスを行っているところです。

日本で有名なメンタリストのDaiGoさんは、ダレンさんに憧れてメンタリストの道に入ったというエピソードも有名です。

ダレンブラウンはやらせ?本物?

ダレンブラウン

ダレンさんが出ているテレビ番組などを見ると、その圧倒的なパフォーマンスからやらせなのではないかと疑ってしまいますよね。

宝くじの当選番号を当てたり、共演者を一瞬で催眠術にかけたりしているのを見ると、常識では考えられないため、多くの人がそう感じるようです。

しかし、タネを知る人からすると、これらは本物であるという見方が大半です。(※もちろん、一部の人からは「カメラワークが怪しい」「どうしても信じられない」という声も上がっています)

というのも、ダレンさんはテレビなどで行っているパフォーマンスの一部について、そのタネを公開しているのです。

おそらく、やらせ疑惑が噴出し、それを証明するためにも一部のタネを公表しているんでしょうね。

心理学や催眠術を学んでいるダレンさんからすると当たり前のことでも、それらを学んでいない一般の人から見ると、やらせだと感じてしまうのは自然なことと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ダレンブラウンのドッキリ催眠術のタネとは?

ダレンブラウン

そのやらせ疑惑の中の一つで注目されたのが、テレビ番組のドッキリ催眠術です。

これは、出演者を一瞬にして催眠にかけ眠らせてしまうというものです。

ダレンさんが催眠を行うと、いとも簡単に催眠術にかけられてしまう人が続出したため、疑ってしまう気持ちもわかる気がします。

しかし、もともと催眠術にかかりやすい人は一定数いると言われています。

ダレンさんほどの腕前になると、割とどんな人でも催眠にかけられてしまうのかな?という印象を受けますが、一般的には素直な人や集中力が高い人がかかりやすいようです。

逆に懐疑的な人は、かかりにくい傾向があると言われています。

そして気になるドッキリ催眠術のタネですが、ダレンさんの著書『メンタリズムの罠』で公開されています。

 

ダレンさんはこの本で、その仕組みを公開し「こういう手法に騙されるな!」と警鐘を鳴らしています。

ダレンさんによると、人はいとも簡単に騙されたり思い込んだりすると言い、そういった危険性を指摘しているのでしょうね。

ダレンブラウンの驚きの心理学を公開!

ダレンブラウン

メンタリストが「心理学」を勉強することは、最近では割とよく知られています。

日本で有名なメンタリストのDaiGoさんも心理学に長けており、YouTubeなどでも多くの心理テクニックを公開されています。

心理学とは、「人間の心を読み解く学問」です。

人はどんな時にどういう心理になるのか、またそれによってどんな行動をするのかというのを解き明かしていく学問です。

そしてそれをさらに掘り下げると、人の表情や相手の目線、所作を見るだけで、相手が何を考えているのかがわかると言います。

有名なのが、「人は嘘をつくときに右上を見る」とか、「腕組みをするのが癖の人は頑固者」などですね。

そして、メンタリストレベルになると、相手の一瞬の表情でそれを読み取ることができるようになるようです。

古典的なマジックになりますが、番号の書かれたカップにブレスレッドを入れ、それを当てるというものがあります。

ダレンブラウンさんは、何度やっても外す様子がないばかりか、自信満々に当てています。

心理学に基づくタネがあると言われても、なんだか恐怖を覚えてしまうすごさがありますよね!

スポンサーリンク

まとめ

イギリスのメンタリスト・ダレンブラウンさんについてご紹介しました。

ダレンさんのあまりのパフォーマンスにやらせを疑ってしまいますが、その裏には心理学や催眠術など、裏付けされた多くの知識量があることがわかりました。

もっとダレンさんの催眠術やマジックの裏側について知りたい方は、『メンタリズムの罠』を読んでみてください。

ダレンさんが初めてそのテクニックを明かした話題作で、イギリスで大ベストセラーとなり、メンタリストのDaigiさんが翻訳を手掛けている本です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です