まずは「捨てる」ことから始めよう!




片付けを始める前に、やるべきことは「不要なものを捨てる」ということ。

放っておくと、ものはどんどん増えていきます。

まずは要らないものを手放して、残すものを選びましょう。

そこで今回は、断捨離の手順についてまとめました。

スポンサーリンク

まずは持っているものを把握しよう

片付けの第一歩として、持っているものを把握しておく必要があります。

収納に入りきらなくなったものだけでなく、収納の奥深く入り込んでいる物も一度全て出してみましょう。

全て出してみると、持っているものの数に、きっと驚くはずです。

こうすることで持っているものを客観的に確認することができ、効率の良く「捨てる」ものと「残す」ものを判断できるようになります。

捨てる基準を明確にしよう

次にものを捨てる基準を確認します。

目安として、以下の2つを参考にしてみてください。

①1年以上使わなかったもの

②お気に入りのものかどうか

1年以上使わなかったもの

いざ捨てるかどうか判断するとなると、「いつか使うだろうし・・・」と置いておいたものが随分多いことに気づくはずです。

しかし、その「いつか」は永遠にやってきません。

1年以上使用していなければ、思い切って捨ててしまいましょう。

お気に入りのものかどうか

お気に入りのものかどうかは、物を捨てるかどうか判断する上で非常に重要です。

「お気に入りのもの」は、その物を見たり触れたりした時に、嬉しい気持ちになったり幸せな気持ちになったりするものです。

気に入っていないものばかりを身の回りに置いておくと、無意識のうちにストレスを受けてしまいます。

お気に入りではないものは手放して、自分の好きなものを残すようにしましょう。

モノ別に捨てていこう

捨てる作業を行う際は、”モノ別”に行うとスムーズに進みます。

衣類、本類、書類、小物類、という風に、それぞれ別で行うようにしましょう。

モノ別に行うことで、捨てた後に、何が、どれだけ残るかがひと目でわかります。

特にかさばる衣類については、「結構捨てたつもりだけど、まだこんなに残ってるんだな」ということがよくあります。

残すものを把握する上でも、必ずモノ別に捨てていくようにしてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「捨てる」ことに焦点を絞ってコツをご紹介しました。

まずは持っているものを把握し、次にモノ別に捨てていくようにしましょう。

この順番をしっかり守っていただくことで、スムーズに断捨離することができます。

大切なことは捨てる行為そのものでなく、自分にとって必要なものを残すということ。

今回の記事を参考に、断捨離に励んでみてくださいね!

【関連記事】断捨離を成功させるためのコツとは?

【関連記事】断捨離をすると運気が上がるって本当?運気がアップする理由を解説!

【関連記事】書類の断捨離は5つのステップで!やり方を見直そう


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です