リビングがスッキリおしゃれな空間になる片付けの方法とは?

家の中でも、リビングで多くの時間を過ごされる方も多いのではないでしょうか。

長い時間いる場所だからこそ、心地よく過ごしたいものですよね。

そこで今回は、片付けを通してリビングをスッキリおしゃれな空間にする方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

そもそもリビングって、どんな場所?

片付けを始める前に、あなたにとってリビングとはどのような場所かを一度考えてみてください。

私にとってリビングとは、家族と団らんしたり、趣味のことをしたり、まったりくつろぐための場所です。

人によって色々な意見があるかと思いますが、私と同じような感覚をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

では、今のリビングの状態は、あなたが今思い浮かべたことを思いっきりできる場所でしょうか?

これから片付けを実践するにあたって、片付けのゴールをイメージすることは非常に大切です。

片付けのゴール=あなたがしたいことを気兼ねなくできる場所をつくることだと認識してください。

リビングを客観的に見る

他の部屋と比べて、リビングは家の中でも多くの時間を過ごす場所です。

長い時間を過ごす場所というのは、「慣れ」が出てくるため、客観的に部屋の状態を認識することが難しくなるといわれています。

これは、片付けにおいて非常に問題です!

なぜなら、客観的に部屋の状態がわからないと、片付けが進みにくくなるためです。

そこでオススメしたいのが、リビングを写真で撮影するという方法。

スマホをお持ちの方は、スマホで撮影いただいても結構です。

これは私の経験談ですが、実際の部屋より写真で撮った部屋の方が散らかっているように見えます。

不思議に思われるかもしれませんが、同じ部屋でも自分の目で見る部屋と、写真を通して見る部屋は全然違って見えるのです。

散らかっている場所をなくす

撮った写真を確認すると、「このあたりが散らかっているな」と目立つ場所があるのに気づくはずです。

まずはそこから片付けていきましょう。

一通り片付け終わったら、もう一度写真で撮影します。

目立つ場所がなくなるまで、これを繰り返しましょう。

リビングをおしゃれに見せる方法とは?

散らかっている場所を片付けたら、次は部屋をおしゃれに見せるコツを3つご紹介します。

「きれいに片付けたのに、なんだかパッとしない」という場合は、以下の方法を試してみてください!

【1】モノを減らす

まずは、リビングをぐるっと見渡してみてください。

この時に、モノの数を意識して見るようにしてください。

例えば、

  • 雑貨を大量に置いてないか
  • 本棚があれば、本がぎゅうぎゅうに詰められていないか

など、置いているモノが多いものを確認します。

モノの数が多いと、どうしても生活感が出てしまい、おしゃれな空間からは程遠くなってしまいます。

あなたが思い浮かべるおしゃれな空間とは、モノが少ないスッキリした空間なのではないでしょうか。

部屋をおしゃれに見せるコツは、モノの数を減らし、部屋に「余白」を作ることです!

意識して、モノの数を減らすようにしてみましょう。

【2】カラーリングを揃える

リビングをおしゃれに見せたいなら、家具などの色合い(カラーリング)を揃えてみると良いでしょう。

それだけで、統一感が出て、スッキリ見せることができます。

オススメはグレーやブラウンなどの落ち着いた色合い。

赤や青などのはっきりした色合いをどうしても取り入れたい場合は、小物に限定するようにしましょう。

【3】素材を揃える

家具などの素材を揃えることも、スッキリ見せるコツ。

例えば本棚を木製にした場合、ダイニングテーブルやテレビ台も木製にした方が部屋に統一感が出ます。

おしゃれな部屋とは、統一感のある部屋のこと。

ちぐはぐな印象を与えないためにも、できる限り素材は揃えるよう意識してみてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長い時間を過ごすリビングだからこそ、スッキリおしゃれな空間にしたいという方は多いと思います。

片付けと併せて、今回ご紹介したおしゃれに見えるコツも実践してみてくださいね!

【関連記事】二度と散らからない片付け方とは?

【関連記事】片付けることのメリットを考えよう

【関連記事】すぐできる!片付けのやる気をアップする方法5選

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です