今すぐできる!片付けのやる気をアップする方法5選




部屋を片付けたいと思っていても、なかなかやる気が出ないことありませんか?

先延ばしにすればするほど、どんどん部屋が散らかってしまいますよね。

そこでここでは、片付けのやる気を出す方法についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

【1】理想の部屋をイメージする

最近はインターネットやSNSが充実しているので、画像検索をすると色々な部屋の写真が出てきます。

その中で、自分が住みたい部屋のイメージを探してみましょう。

「こんな部屋に住みたい!」

という理想があれば、しっかり保存して、片付けの合間に見るよう心がけましょう。

なんとなく部屋を片付けるより、きれいになった部屋や理想のイメージを思い浮かべながら片付ける方が作業も捗るはずです。

【2】片付けの動画を見る

インターネット上には、片付けに関する動画がたくさんあります。

たまにテレビでも片付けをテーマに番組が組まれることもあるほど、片付けたいと思っている人は多いのです。

動画では、片付けのコツや掃除のやり方など、参考になることもたくさんあります。

ビフォーアフターが紹介されていることも多いので、見ているうちに「よし!自分もやってみよう!」と気持ちが高まるので、オススメです。

【3】お気に入りの音楽をかけてみる

「なんとなく気分がノラない・・・」

そんな時に自分の大好きな曲をかけると、テンションが上がり、やる気が起きることがあります。

オススメはアップテンポの曲です。

音楽は私たちの生活の中で、身近なものです。

テレビでもラジオでもお店でも、音楽を聴かない日はありません。

音楽は私たちの行動や考え方に影響を与えるものですので、これを利用しない手はありません。

【4】やる気が出なくても、「とりあえず」やってみる

私が一番オススメなのは、「とりあえずやってみる」という方法です。

やる気が出なくても、まずは5分。

目に入ったものを片付けてみましょう。

これは、心理学に基づいた方法で、人は「やりたくないな」と思ったことでも、それをやっているうちに、だんだんやる気が起きてくるのです。

これを、作業興奮といいます。

仕事や家事など、気分がノラないけどとりあえずやってみたら、だんだんやる気が起きてきて、気づけば数時間経っていたなんてこと、あなたも経験ありませんか?

この方法は心理学でもその効果が認められていますので、やる気が起きなくても「とりあえず5分」やってみてください。

【5】人を家に招く

それでもどうしてもやる気が出ない場合の最終手段は、人を家に招くことです。

自分一人だけだと「また今度でもいっか」となりがちですが、人が来るとなればそうも言ってられません。

部屋が汚いまま人を招くというのは失礼ですし、あなたに悪い印象を持たれかねません。

人は「相手に良いところを見せたい」と無意識に思うものですので、そういった心理を利用するのも一案です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、片付けのやる気を出す方法をご紹介しました。

人によって合う方法は様々ですので、今回ご紹介した方法を一つ一つ試していけば、自分に合う方法がきっと見つかるはずです。

大事なのは、これらを全て実践することではなく、自分に合った方法を見つけ、片付けを進めていくこと。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【関連記事】二度と散らからない片付け方とは?

【関連記事】片付けることのメリットを考えよう

【関連記事】部屋を片付けられない人の特徴とは?3つのタイプをご紹介!


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です