【最新】台風24号で淀川や大和川の水位上昇や氾濫の可能性は?(2018)

淀川のハザードマップ




台風24号が大阪を通過しています。

台風の時にいつも心配されるのが、大阪府の淀川や大和川の氾濫です。

特に淀川については、先日の台風21号で氾濫するのではないかと報道されただけに、心配される方も多いのではないでしょうか?

そこで、淀川や大和川の現在の状況とハザードバップを確認していきます。

スポンサーリンク

大阪・淀川の水位と氾濫危険性は?

淀川の現在の水位ですが、午後10時現在、正常水位となっています。

枚方観測所
H30.9.30 22:00 現在
水位 -2.01m
(平常時比 +1.74m)
レベル 0(=正常水位)

そのため、現時点では氾濫の危険性はないようです。

しかし、油断は禁物です。

引き続き、最新情報を取得するようにしてください。

大阪・大和川の水位と氾濫危険性は?

大和川についても、現在は正常水位となっています。

柏原観測所
H30.9.30 22:00 現在
水位 0.74m
(平常時比 +2.54.m)
レベル 0(=正常水位)

そのため、現時点では氾濫の危険性はないようです。

しかし、油断は禁物です。

引き続き、最新情報を取得するようにしてください。

スポンサーリンク

淀川が氾濫した場合のハザードマップ

万が一淀川が氾濫した場合、どこまで影響があるのでしょうか?

淀川の立地から、もし氾濫したら大阪の機能が麻痺するとまで言われているだけに、とても心配です。

大阪市のホームページには、淀川が氾濫した場合のハザードマップが掲載されています。

大阪市ホームページ

こちらにも画像を掲載させていただきます。

淀川のハザードマップ

(出典:大阪市ホームページより)

大阪市のホームページを確認していただくと、以下のような記載があります。

想定図は想定される浸水の最大深を示していますが、想定以上の豪雨、地震の大きさにより、浸水地域や浸水の深さが大きくなる可能性もあります。

お住まいの地域がハザードマップから外れているからといって、安心はできません。

避難が必要になりましたら、くれぐれも注意の上、すみやかに避難をしてください。

大和川が氾濫した場合のハザードマップ

大和川のハザードマップも併せて確認しておきましょう。

大阪市のホームページには、大和川が氾濫した場合のハザードマップや避難場所が掲載されています。

大阪市ホームページ

こちらにも画像を掲載させていただきます。

大和川近隣のハザードマップ

(出典:大阪市ホームページより)

スポンサーリンク

まとめ

台風24号が大阪を通過しています。

現在のところ、淀川、大和川ともに水位の上昇は見られず、氾濫の可能性はなさそうです。

しかし、油断は禁物です。

万が一身の危険を感じた場合は、適切な行動をとっていただきますようお願いいたします。

【関連記事】

【最新】台風24号による大阪市・堺市・枚方市などの被害状況。停電の発生も(2018)


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です