西村康稔議員の経歴や家族(妻や娘)は?出身高校、大学は?

西村康稔




20日の自民党総裁選が近づいてまいりました。

安倍総理優勢と報道される中、安倍総理の側近である西村康稔議員が、地方議員に圧力をかけていたと報道されています。

そこで今回は、入閣の有力候補と噂されている西村康稔議員経歴家族について、調べてみました。

スポンサーリンク

西村康稔議員の経歴

西村康稔

西村康稔(にしむら やすとし)

生年月日:1962年10月15日

出身地:兵庫県

所属:自由民主党

内閣官房副長官

 

西村康稔議員は、兵庫県の明石市に生まれ、実家は時計屋を営んでいます。

父親はサラリーマンという、ごくごく普通の家庭で育っています。

高校は偏差値トップクラスを誇る灘高校へ進学し、順調に東京大学へ進学。

大学ではボクシングに所属されており、まさに文武両道といえますね!

卒業後は、通商産業省へ入省されています。

その後経済企画庁での勤務やアメリカのメリーランド大学大学院で政治経済学などを勉強。

自民党の大物であった原健三郎元衆議院議長の秘書などを経験後、2000年に原氏が議員を引退するということで、基盤を引き継ぎ第42回衆議院議員総選挙で兵庫9区に出馬するも自由民主党の宮本一三に破れ惜しくも落選。

しかしその3年に再度出馬し、初当選を果たしています。

2008年には、福田康夫内閣や麻生太郎内閣では、外務大臣政務官に就任しています。

兵庫県が基盤の西村氏は、自民党兵庫県連会長にも就任されています。

現在の安倍内閣においても、内閣府副大臣内閣官房副長官に起用されるなど、安倍総理の側近であるといえる人物です。

スポンサーリンク

西村康稔議員の家族(妻・娘)は?

西村康稔議員ですが、ご結婚されており、妻と3人の娘さんがいらっしゃいます。

西村康稔 西村康稔

家族仲がよさそうで、良いお父さんといったイメージですね。

西村さんの妻の名前は、西村信子さん(旧姓:吹田)で、父親は大物政治家の吹田愰氏(故)です。

西村康稔さんご自身の父親はサラリーマンですが、ご結婚される時は政界の娘さんを選んだということですね。

ちなみに、信子さんというお名前は「岸信介元首相」から名付けられたそうです。

吹田愰氏は、安倍首相の祖父である岸信介元首相と親好が深かったようですね。

信子さんの実家は、山口県田布施町です。

のどかなところですよね。

山口県田布施町というと、町はそんなに大きくないのですが、岸信介元首相をはじめ、大物政治家を輩出している地域です。

出身が同じということもあり、信子さんの父親である吹田愰氏と岸信介元首相、ひいてはその孫である安倍首相と西村氏との親好が深いことも頷けますね。

安倍首相内閣は「お友達内閣」とも揶揄されますが、こういった自らに縁が深い人物を側近に置いているため、そういった非難がされるのかもしれません。

また、お子さんは、3人とも娘さんとのこと。

長女は、今年京都の大学を卒業されたとのことで、現在は社会人一年目でしょうか。

2017年に次女が「来年成人式」ということなので、長女とは2歳差ですね。

三女も、昔の写真を見る限り2~3歳しか離れていないと考えられるため、現在高校生くらいだと思われます。

そんな女性ばかりの西村議員のご家庭ですが、肩身が狭いのかと思いきや、良いお父さんをされているようです。

娘さんの食事を西村さんご自身が作ることもあるようですね!

仕事だけでなく、家庭も大事にされていることがよくわかります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、西村議員の経歴やご家族(妻・娘)についてご紹介しました。

経歴としては、東京大学卒業後、通商産業省へ入省され、現在安倍総理の側近ということですから、絵に描いたエリートといえますね!

妻は大物政治家(吹田愰氏)の娘である信子さん。

3人の娘さんとも仲が良さそうで、家庭では良いお父さんをされているようです。

今回、神戸の議員に安倍総理を指示するよう圧力をかけ、それに反発した議員が石破氏の支持を表明するなど、総裁選が近くなり様々な報道が出ています。

この報道を受けて、西村さんは今後どのような発言をするのでしょうか?

総裁選や西村さんの動向について、見守っていきたいと思います。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です