銀メダル拒否動画!表彰式のイングランドの態度に批判殺到【ラグビー】

イングランド選手の銀メダル拒否動画




ラグビー・ワールドカップ表彰式でのイングランド選手の態度に批判が殺到しています。

2位に終わったイングランドは、その悔しさから表彰式で銀メダルを首にかけられることを拒否。

また、授与された銀メダルを首から外す選手も続出しています。

そこで、銀メダルの拒否動画をご紹介するとともに、海外メディアやネットの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

イングランドが表彰式で銀メダルを拒否

銀メダル拒否動画

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が7日、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たした。戦前は、名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられることを拒否。授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じた。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00010000-wordleafs-spo)

イングランドは優勝できると思われていたため、予想外の敗戦に動揺したのでしょう。

しかし、32-12と完敗だったことから、ネットなどでは「大人げない」という言葉もあがっています。

イングランドの銀メダル拒否動画!

実際にイングランドの選手が銀メダルを拒否した動画がこちらです。

 

一方、3位となったニュージーランドは穏やかな様子でした。

スポンサーリンク

イングランドの銀メダル拒否に対する海外メディアの反応

イングランドの銀メダル拒否は、海外でも波紋を広げているようです。

母国である英国のメトロ紙では、

マロ・イトジェがラグビーW杯決勝で敗戦後、銀メダルを首にかけることを拒む

という見出しで、表彰式の様子を報じました。

記事では、

試合後、イングランドの選手たちは、ワールドラグビーの現会長で元イングランドとブリティッシュ・ライオンズのキャプテンだったビル・ボーモント氏から銀メダルを受け取るために並んだ。だが、イトジェはボーモントと握手を交わした後、あからさまに首に銀メダルをかけられることを拒否した

マピンピとの衝突で倒され、試合開始わずか2分で退場となったプロップのカイル・シンクラーは銀メダルを受け取った後、即座に首から外した。一番最後に銀メダルを首からかけられたジョーンズ・ヘッドコーチも、南アフリカの選手がW杯トロフィーで祝う表彰台に上がる前にメダルを首から外した

と、その紳士的ではない態度を批判的に報じています。

 

また、同国のデイリーメール紙でも

『いりません!』イングランド選手がW杯決勝で南アフリカにこっぴどくやられた後、準優勝のメダルを首からかけられることを拒否して批判を浴びる

という見出しで記事を掲載。

イングランドの選手たちがW杯決勝で南アフリカに12-32と圧倒されて敗れた後、準優勝のメダルを首にかけることを拒否し批判を浴びてしまった。シンクラーは試合後のセレモニーの間に(メダルを)むしり取り、キャプテンのオーウェン・ファレルは、南アフリカが優勝トロフィーを掲げる前にメダルを首から外した。イトジェに至っては(メダルを)首にかけることもなかった

と伝えています。

イングランドといえば紳士が多い国というイメージが強いため、今回の行動とのギャップがより浮き彫りになった印象を受けますね。

イングランド、銀メダル拒否に対するネットの反応

ネットでは、イングランド選手の銀メダル拒否に賛否両論の声があがっています。

スポンサーリンク

まとめ

イングランドの選手が銀メダルを拒否したことで波紋を広げています。

ネットでは、「紳士的でない」「ノーサードでは?」との声がある一方「気持ちもわかる」と共感する声も。

確かに、悔しい思いもありながら、優勝した南アフリカを称える様子を見ると、一方的にイングランドの選手を批判するのも違うのかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です