【最新】台風24号による大阪市・堺市・枚方市などの被害状況。停電の発生も(2018)

台風24号




台風24号が、大阪を通過中です。(30日午後9時現在)

大阪では先日の台風21号で甚大な被害を受けたばかりということもあり、今回の台風も心配されます。

そこで、大阪の現在の被害状況や避難場所、避難時の注意点を確認していきます。

スポンサーリンク

台風24号による大阪の被害状況

現在(午後9時)の大阪は、雨・風が少し吹いています。

前回のように「大荒れ」ということもなく、少し風が強い程度です。

ネットでも、あまり風が強くないと感じる方が多いような状況です。

少し風が強くなってきたという声も見られますが、「非常に強い」という印象を持っておられる方は少ない印象ですね。

しかし、油断は禁物です。

避難をする場合を除き、極力外出は控えるようにしましょう。

【追記】

10時半頃から、少し風が強くなってきています。

大阪は既に通過しかけていますが、離れていく際の風の方が強い印象ですね!

 

気になる被害状況ですが、現在のところ幸い大きな被害は発生していないとのことです。

 

しかし、大阪の一部の地域では停電が発生しているとの情報があります。

最初に停電が確認された場所は、大阪市の泉南市です。

午後7時頃から、一部の世帯では既に停電が始まっているようです。

関西電力のホームページによると、停電している世帯は約210軒とのこと。

泉南市というと、和歌山に近い大阪でも南部の方ですので、真っ先に台風の被害を受けたと考えられます。

停電状況については、こちらで確認できます。

関西電力HP停電情報

その後、午後9時現在、停電軒数は約860軒に拡大。

泉南市:約110軒

泉南郡 岬町:約750軒

その他の地域に関しては、現在停電しているとの情報は入っていません。

※冠水被害、怪我人の情報なども現時点では入ってきておりません。

避難場所の確認

一部の地域では、既に避難勧告が発令されています。

お住まいの地域を確認の上、避難場所を併せてご確認ください。

大阪市ホームページ

スポンサーリンク

避難時の注意点を確認

【1】非常持ち出し品を確認

食べ物や飲料水、貴重品などの持ち物を確認しましょう。

念のためにたくさん持っていきたい気持ちもわかりますが、持ち出すものは最小限に抑えましょう。

また、併せて懐中電灯や携帯電話、ラジオなど、情報を得られる機器は持ち出しましょう。

【2】頭上に注意する

避難をする際、足元はもちろんのこと、頭上にも注意するようにしましょう。

先日の台風でも、瓦やトタンが飛んだり、落下物によって怪我をしたという人が出ています。

避難時の注意点

災害時に外出する場合、自衛隊の方は足元を見ずに頭上を確認して歩くそうです。

落下物などを避けるために、必ず頭上を確認しながら避難するようにしてください。

【3】自動車を使わない

避難をする際は、できるだけ徒歩で行うようにしましょう。

自動車の場合、水に浸かると扉が開かなくなり、最悪の場合、車ごと流されてしまう可能性があります。

特別な場合を除く、車の利用は避けるようにしましょう。

 

※その他の注意点に関しては、国土交通省のホームページに記載がありますので、確認しておくようにしましょう。

避難時に注意すること

スポンサーリンク

まとめ

台風24号が大阪を通過中です。

既に停電している世帯もあるとのことで、一刻も早く復旧されることを願います。

台風24号による被害が拡大しないよう、祈るばかりです。

【関連記事】

【最新】台風24号で淀川や大和川の水位上昇や氾濫の可能性は?(2018)

 


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です