【情熱大陸・内容】尾畠春夫さんがボランティアをする動機や理由とは?母親への思いを告白

尾畠春夫




山口県周防大島町で行方不明となっていた藤本理稀ちゃん(2歳)を発見・救助したことで一躍時の人となった尾畠春夫さん。

尾畠さんは、”スーパーボランティア”と言われており、台風や自身などの災害が起こると現地に赴き、ボランティア活動を行っておられます。

そんな尾畠さんが、9月23日23時から放送の『情熱大陸』に出演されました!

そこで今回は、尾畠さんが番組で語った、ボランティアをする動機や理由、また尾畠さんが小学5年生の時に亡くなられたお母様とへの思いについて、まとめました。

スポンサーリンク

尾畠春夫さんプロフィール

尾畠春夫

尾畠春夫(おばた はるお)
生年月日:1939年
年齢:78歳
職業:ボランティア活動家(65歳までは魚屋)
自宅:大分県速見郡

 

尾畠春夫さんは、大分県国東半島で、下駄職人であった父親と専業主婦の母親の間にお生まれになりました。

ちょうどその頃、履物がゴム製品に代わる頃で、父親の商売は順調でなかっため、家庭は貧しかったそうです。

そんな中、尾畠さんが小学5年生の時、41歳という若さで母親が他界されます。

父親は、もともと好きだった酒に溺れるようになり、商売が順調でないこともあって、次第に荒れていったといいます。

7人兄弟の4番目の尾畠さんは、「大飯喰らいだから」という理由で、一人だけ近所の農家に小学5年生の時に奉公に出されてしまいます。

なんだか、すごく理不尽な理由ですよね。

しかし尾畠さんは、「世の中なるようにしかならない。やるだけやってやろう」と思い直し、奉公先の主人を実の家族のように思い、何でも言うことを聞くようにしていたそうです。

そんな生活をしていた尾畠さんだったため、中学校は4ヶ月しか通えず、ひたすら働き詰めだったようです。

「全ては生きるため」と割り切っていたといいますが、やはり父親を恨むこともあったとのことですが、後々この時の経験が尾畠さんにとって宝物になっていると感じるようになり、今では父親に感謝をされているそうです。

どれだけ器が大きいんだって思いますよね。

尾畠春夫

中学を卒業すると、姉の紹介で別府の鮮魚店で働きはじめたようです。

姉が鮮魚店を紹介した理由が、

あんたは元気がいいから魚屋になりなさい

というものだったとか(笑)

別府駅に向かう際、父親から30円を持たされ、いつになく大金を持たされたことに喜んだ尾畠さんでしたが、実は別府駅への片道切符代しかなかったようです。

「帰る」という選択肢がないことを悟った尾畠さんは、別府の鮮魚店で3年修行を積んだ後、下関市や神戸市でも魚に関する勉強をされます。

尾畠春夫

その後独立を考えたとのことですが、給料が安く貯金が0だったため、開業資金を得るために上京。

大田区大森の鳶・土木の会社に、

俺には夢があります。3年間どんな仕事でもするので働かせてください

と頼み込み、働かせてもらったそうです。

当時は開業資金を得るために始めた仕事でしたが、現在のボランティア活動にこの時の経験が役立っているといいます。

その後、資金を貯めると1963年に大分県に戻り、鮮魚店「魚春」を開業。

尾畠春夫

同年にご結婚され、お子さん(娘・息子)にも恵まれます。

もともと働くのは15歳~65歳までの50年間と決めていた尾畠さんは、65歳で鮮魚店を閉めると、現在はボランティアのプロフェッショナルと活動されています。

尾畠春夫さんがボランティアをする動機・理由とは?

尾畠春夫

そんな尾畠さんがボランティアとして現在活動されているのは、

「学歴も何もない自分がここまでやってこられた。社会に恩返しがしたい」

と思ったからなのだそう。

また尾畠さんは、

かけた情けは水に流せ 受けた恩は石に刻め

という信条を胸に活動されています。

番組では、ボランティア活動中、ある男性が「母親が作った料理」ということで、尾畠さんに広島風お好み焼きを手渡されていました。

その際も、頭を下げて、涙を流して喜んでおられました。

人から受けた恩は、尾畠さんにとって忘れられないものなのでしょう。

尾畠春夫

また、「人に、世の中に、恩返ししたい」が口癖の尾畠さんは、活動資金は年金の55,000円/月のみ。

番組では、講演依頼やCMへのオファー等、様々な仕事の依頼が殺到しておりましたが、ボランティア活動で忙しいという理由で丁寧にお断りされていました。

貯金は0に等しいそうですが、それでもボランティア活動を続けたいという信念は変わらないようです。

尾畠春夫さんの母親への思い

尾畠春夫

尾畠さんは、情熱大陸で、「おふくろに思いっきり抱きしめてもらいたい」と語っておられます。

尾畠さんの生い立ちを見る限り、かなりひどい環境だったと感じますが、お母様が亡くなられるまでは他の兄弟と一緒に過ごしていたことを考えると、お母様が尾畠さんの唯一の理解者だったのではないでしょうか?

そんなお母様を亡くされるだけでも辛いのに、父親がやけ酒するようになったり、その後すぐに奉公に出されたりと、当時の尾畠さんの気持ちを思うと、やりきれない気持ちになりますよね。

尾畠さんが現在もボランティアとして活動される動機の一つには、お母様への気持ちがあるのかもしれません。

【追記】

番組で尾畠さんは、お母様の富日(とみか)さんへの思いについて、以下のように語っておられました。

今していること、諸々のことはおふくろがずっと見てくれていると思う。

いつか向こうにいった時に、背骨が痛くなるくらい強く抱きしめてほしい。

一番甘えたかった年頃にお母様に甘えられなかった尾畠さん。

ボランティアをする動機の一つには、「お母様が見ているから」という思いがあるのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、『情熱大陸』に出演されたスーバーボランティア、尾畠春夫さんについて取り上げました。

尾畠さんのプロフィールや尾畠さんがボランティアをする動機や理由について、番組の内容をもとにまとめてみました。

また、お母様への特別な思いを語っておられた尾畠さん。

きっとお母様は、尾畠さんのことを見ておられると思います。

来月79歳になられる尾畠さんですが、くれぐれもお体にだけはお気をつけくださいね。

 


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です