【M1動画】ゼンチンとは?ジャルジャルの国分け(国名わけっこ)ゲームのやり方【M-1グランプリ2018】

ジャルジャル

M-1グランプリ2018で、ジャルジャルが「国分けゲーム」を披露し、話題となっています。

ネットを見ていると、早速「ゼンチン」という言葉がトレンドとなっており、初めて見られた方は「ゼンチンって何?」と思われたのではないでしょうか?

そこで、国分けゲームのやり方や、ネットで話題となっている「ゼンチン」が何なのかについて、まとめてみました。

また、M1(エムワン)動画をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【M-1グランプリ】ジャルジャルの国分け(国名わけっこ)ゲームとは?やり方をご紹介!

ジャルジャル

ジャルジャルが2018年のM-1グランプリで国分けゲームを披露しました!

国分けゲームとは、一人が国名を途中まで言うと、もう一人が続きを言い、一つの国を完成させるというゲームです。

例)

A:イン

B:ドネシア

 

A:カ

B:ナダ

 

という風に、回答者であるBが国名を途中から言い、一つの国名になるように回答します。

Aがどこで区切るかわからないため、回答者はそれに即座に反応するのは非常に難しいのです。

【M-1グランプリ】ジャルジャルの「ゼンチン」とは?【動画】

ジャルジャルM-1グランプリ

ネットで「ゼンチン」という言葉が話題となっています。

パッと見、これが何なのかよくわからないですよね。

ジャルジャルは、エムワンの舞台で「アルゼンチン」という国を何度も繰り返しました。

A:アル

B:ゼンチン

という具合に。

これがテンポよくリズミカルに繰り返されたため、「ゼンチン」という言葉が妙に耳に残って、ネットでも「ゼンチン」という言葉が話題となっているのです!

これは、見ていて本当に面白すぎましたね!!

審査員も大爆笑で、見事ジャルジャルは高得点を叩き出しました。

ジャルジャルM-1グランプリ
スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かなりインパクトがあるネタだっただけに、「ゼンチン」が頭から離れないという方も多いのではないでしょうか?

単純ながら盛り上がるゲームですので、学校や合コンでも流行りそうな遊びですよね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

【M-1動画】M1はやらせ?霜降り明星は面白い?面白くない?優勝理由はなぜか

霜降り明星「粗品」の名前の由来や本名は?小栗旬に似ててかっこいいと話題【比較画像】

【比較画像】M-1グランプリ・トムブラウンと金属バットがそっくり(似てる)と話題

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • ジャルジャルは面白いけどバラエティ番組はほんっと苦手だからなぁ
    フリとかの返しが下手以前に出来ないレベルには苦手だから勿体ない

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です