小泉進次郎は結婚してる?結婚したい彼女や妻の条件とは?【画像付】

小泉進次郎

20日に迫る自民党総裁選で、小泉進次郎さんの動向に注目が集まっています。

そんな進次郎さんについて「結婚してる?彼女や妻は?」と気になる方が多いようです。

そこで今回は、小泉進次郎さんが結婚しているかどうか、また結婚したい彼女妻の条件を考察してみました!

スポンサーリンク

小泉進次郎さんプロフィール

小泉進次郎

小泉進次郎(こいずみ しんじろう)

生年月日:1981年4月14日

出身地:神奈川県

出身大学:関東学院大学

所属:自由民主党

?

小泉進次郎さんは、言わずと知れた政治界の若きホープです。

父親は第87~89代首相を務めた小泉純一郎さん、兄は俳優でタレントの小泉孝太郎さんです。

母親は宮本佳代子さんという女性ですが、進次郎さん誕生直後に両親が離婚したため、純一郎さんの実姉である道子さんに育てられています。

進次郎さんは中学二年生になるまでその事実を告げられていなかったため、道子さんのことをずっと実の母だと思っていたようです。

兄の孝太郎さんは、うすうす感づいていながらも、弟の進次郎さんには伝えていなかったといいます。

父・純一郎さんから、その事実を伝えられた際、進次郎さんは「ウソ・・・」とつぶやいたといいますが、それでも「僕にとっては本当の母親だよ」とはっきり言い返したそうです。

中学二年生という多感な時期にその事実を知らされた進次郎さんのショックは計り知れないものだと思いますが、2016年8月に道子さんが他界するまで、進次郎さんは道子さんのことを実の母親として接してきたようです。

叔母という立場で自分を育ててくれた道子さんには、感謝してもしきれないのでしょうね。

総理を務めるには、妻の存在が欠かせないものだと聞きますが、小泉純一郎さんには妻がいなかった分、道子さんが陰で支えていたんですね。

さて、小泉進次郎さんには、生みの母・育ての母の他に、もう一人の母親がいます。

それが、父・純一郎さんのもう一人の姉、信子さんです!

信子さんは、防衛庁長官を務めた父、純也さんと弟である純一郎さんの秘書を務めた人物です。

道子さんとは対象的に、勝ち気ではっきりとした性格の信子さんは、進次郎さんに厳しく接してきたようです。

また、政界進出して間もない進次郎さんに政治界のイロハを教えこんだのも信子さん。

信子さんは、進次郎さんにとって政治の母といえるのではないでしょうか?

政界への進出は、父・小泉純一郎さんが政界引退を表明した2008年、進次郎さんを後継候補に指名したことから始まります。

自由民主党の公認を受け、2009年に第45回衆議院議員総選挙に出馬し、見事初当選を果たしています!

地元の一部有識者からは世襲議員として批判されるものの、高い演説力と謙虚な姿勢で、現在でも支持者を増やしています。

小泉進次郎さんは結婚してる?彼女や妻は?

小泉進次郎

小泉進次郎さんは結婚しているのか?

そんな人気者の小泉進次郎さんについて「結婚してる?妻は?」と気になる方が多いようです。

そこで結婚歴について調べましたが、現在はまだ独身です。

今月20日に行われる自民党総裁選においても、その動向が注目されるほど影響力がある進次郎さん。

また、将来の総理候補とも謳われる人物となると、結婚相手に注目が集まるのも頷けますよね。

現在37歳となり、結婚していてもおかしくない年齢です。

党内でも「なぜ進次郎は結婚しないんだ?」との声が漏れており、今後ますます進次郎さんの結婚に注目が集まりそうです。

小泉進次郎さんに彼女はいるの?

そんな進次郎さんは、同僚にすらプライベートを明かさない完全秘密主義者として知られています。

連絡先の交換も基本的にせず、ベテラン議員の方とも秘書を介して連絡をとるなどの徹底ぶりです。

そのため、過去に熱愛報道(疑惑)が出たのも一人だけなんですね。

そのお相手が智子さんという、元復興庁の職員だといわれる女性です。

智子さん

現在は退職されているとのことですが、小泉進次郎さんが復興庁の復興大臣政務官を務めていた当時、秘書をされていたようです。

(調べてみましたが、智子さんの顔写真は出回っていませんでした・・・)

また、人気者だけに他の女性との噂もありましたが、そのほとんどがデマである可能性が高く、現在は彼女がいないか、もし彼女がいても、進次郎さんの徹底ぶりを見る限り、週刊誌等に写真を撮られるような行動はしないと考えられます。

スポンサーリンク

小泉進次郎さんの結婚したい妻の条件とは?

小泉進次郎

政界で主要なポストに就いている人物には妻がいることが多く、政界での活躍は妻の支えがあってこそだと言われています。

とりわけ内閣総理大臣を務める人物ともなれば、日本の歴代総理大臣の中で妻がいなかったのは父・純一郎さんを含め4人だけ。

純一郎さんも、実の姉・道子さんのサポートがあったことを考えれば、政界で活躍するには結婚が必須ともいえます。

最近では、進次郎さんの嫁候補探しが始まった、との噂も流れていますが、事実関係はよくわかっていません。

現実問題、仕事で忙しい進次郎さんにそんな余裕があるとも思えません。

では、進次郎さんが結婚したいと感じる妻の条件とは、どのよう方なのでしょうか?

政界の特徴や仕事内容から、考察してみました。

【1】家柄がしっかりしている方

将来、総理になることが期待されている進次郎さん。

もし総理になれば、妻はファーストレディということになります。

進次郎さんのみならず、奥様にも注目が集まることが予想されます。

その際に、家柄や素性がはっきりしない人物だと、それだけで悪印象をもたれることもあります。

最悪の場合、国民からバッシングされることも。

政治家の妻ともなれば、家柄がはっきりした方というのは必須条件のように思えます。

【2】穏やかで嫉妬深くない方

政治家は、交際関係が広くなるので、仕事で女性と会う機会もたくさんあります。

その度に嫉妬されてしまうと、仕事どころでなくなってしまいます。

仕事に集中するためにも、嫉妬深くない方でないといけないのではないでしょうか?

また、注目度の高い人物となると、週刊誌などからあらぬ報道がされることも考えられます。

そういった際にも、広い心で受け止められる方でないと、政治家の妻は務まらないのではないでしょうか?

【3】でしゃばらない方

安倍総理の夫人、昭恵さんの発言や行動が一時期物議を醸しました。

安倍総理は、昭恵さんの素行について国会で追求される場面がありました。

政治家として、これは致命的ですよね。

その際、国民からも「税金使ってそんな議論をしてほしくない!もっと話すべきことはあるだろう」と批判的な声が上がりました。

進次郎さんが仕事に集中するためにも、妻は陰で支える存在でなければならないと考えます。

【4】仕事に理解がある方

これが一番なのではないでしょうか?

政治家という仕事は、少し特殊です。

国民からも注目されますし、災害時など、時には睡眠時間を削って対応しなければいけないことがあります。

また、政治家という仕事上、反対派の人から悪く言われることも多々あります。

そういった際に、理解を示せる方でないと妻は務まりませんよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小泉進次郎さんの結婚や、彼女がいるのか、妻の条件について解説しました。

まとめると、進次郎さんは現在独身

彼女については、いないか、いても報道される可能性は極めて低いです。

妻になる方の条件は、以下のとおり。

条件

  1. 家柄がしっかりしている方
  2. 穏やかで嫉妬深くない方
  3. でしゃばらない方
  4. 仕事に理解がある方

現在独身の進次郎さんですが、良い方とご縁があればいいなと思っております。

【関連記事】

【画像】小泉純一郎元首相が老けた?痩せた?若い頃がイケメンでかっこいい! 

 

?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です