富士急の無限廃坑は怖いけど面白い?口コミや感想、評判など【ネタバレあり】

富士急の無限廃坑の感想




2019年3月23日より、富士急ハイランドに新アトラクション・無限廃坑(むげんはいこう)がオープンしました!

どんなアトラクションなのか、とても気になりますよね。

実際に乗られた方の口コミ感想を見ていると、「怖いけど面白かった」という声も。

そこで、無限廃坑がどんなアトラクションなのかや、口コミや感想、評判(ネタバレあり)をご紹介いたします。

スポンサーリンク

無限廃坑(むげんはいこう)はどんなアトラクション?

富士急の無限廃坑の感想や口コミ

無限廃坑はどんなアトラクションなのでしょうか?

無限廃坑を一言で言えば、ライド型のホラーアトラクションです。

このアトラクションが「怖い」と言われる理由は、ここにあるんですね。

富士急ハイランドのホームページによると、無限廃坑の設定は以下の通りです。

ここは、この地一帯を武田信玄が治めていた時代に掘られた廃坑。後に、信玄の埋蔵金を狙う盗掘者たちによって数々の凄惨な事件が起きたため、長い間封鎖されていたとされている“いわくつきの廃坑”。
深い闇がどこまでも続くこの廃坑に入り込んだ体験者は、古びたトロッコに乗り込み、ヘッドホンを付け、両腕を拘束され身動きがとれない状態で、怨念渦巻く廃坑の奥深くへ入っていくこととなります。
一寸先も見えない暗闇の中で、体験者を待ち構えるものとは・・・?

(引用:https://www.fujiq.jp/attraction/mugenhaikou.html)

無限廃坑(むげんはいこう)の場所はどこ?

無限廃坑の場所は、以下の赤い矢印部分です!

富士急ハイランド 園内MAP富士急の無限廃坑の場所はどこ

FUJIWARAとええじゃないかの間に位置しており、「エヴァンゲリオン·ワールド」の真隣です。

富士急の無限廃坑の場所はどこ

乗車時間は5分で、フリーパスを利用しない場合の利用料金は1,500円となっています。

乗車時間は短いものの、現在オープンして間もないことと、春休みということもあり「待ち時間が長い」という声も。

少しでも待ち時間を短くするためにも、オープンしてすぐに並ぶか、もう少し経って落ち着いてから行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

無限廃坑(むげんはいこう)は怖いけど面白い?口コミや感想、評判

富士急の無限廃坑の評判

実際に無限廃坑に乗ったという方の感想口コミ評判をまとめてみました。

皆さんの声を見ていると、評判は上々?ではないでしょうか。

スポンサーリンク

無限廃坑(むげんはいこう)のネタバレ

富士急の無限廃坑は怖いけど面白い

より詳細に知りたい方のために、実際に乗ったという方の無限廃坑のネタバレをご紹介いたします。

一部ネタバレを含みますので、読みたくない方は読み飛ばしていただきますよう、お願いします。

 

—–ここからネタバレ—–

  • 造形がかなり凝っている
  • トロッコは2人乗りだが、右の方が怖い
  • トロッコは動いたり止まったりを繰り返す
  • 無音になるところもあり、より恐怖感を煽る
  • ストーリーが展開していく
  • 風(温風)やガタガタという振動あり
  • 途中で肩を叩かれる(人ではない)
  • 人は出てこない

—–ここまでネタバレ—–

 

ネタバレを読んでいると、恐怖感を煽る仕組みがたくさんあることがわかりますね。

「途中で肩を叩かれる」というのは、知らなければ叫んでしまいそうです(笑)

無限廃坑(むげんはいこう)に対する世間の声

スポンサーリンク

まとめ

富士急ハイランドに新しくオープンした新アトラクション・無限廃坑(むげんはいこう)についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に乗った方の感想や口コミを読んでいると、「怖い」という声がとても多いことがわかります。

中には、富士急一(いち)怖いと言われている戦慄迷宮より怖いという声も。

「面白い」という感想を書かれている方は、ホラー系に強い方なのかもしれません。

しかし一方で「あまり怖くなかった」という方もいらっしゃいますので、感じ方には個人差がありそうです。

ネタバレについてもご紹介しましたが、評判も上々ですので、一度体験する価値はありそうですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です