小林麻耶、芸能活動再開の理由は?なぜ生島ヒロシ事務所で復帰なのかを調査!

小林麻耶が芸能活動再開した理由




2019年6月10日、元フリーアナウンサーの小林麻耶さんが、芸能活動再開を発表しました。

2018年8月に芸能界引退を発表した小林麻耶さんですが、芸能活動を再開した理由が気になるところです。

また、以前所属していた事務所『セント・フォース』ではなく、なぜ生島ヒロシさんの事務所で復帰したのでしょうか?

スポンサーリンク

小林麻耶が芸能活動再開を発表!

小林麻耶が芸能活動再開はなぜ

2019年6月10日、小林麻耶さんは、自身のブログで芸能活動再開を発表しました。

この度、生島企画室に所属する運びとなりました。

 

生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します。
TBSアナウンサーからフリーアナウンサーという経歴にもご縁を感じています。

活動休止から約10ヶ月ぶりの復帰ということで、ネットなどでは復帰を喜ぶ声が上がっています。

小林麻耶が芸能活動を再開した理由は?

小林麻耶、芸能活動再開はなぜ

そもそもなぜ小林麻耶さんは芸能活動引退を発表したのでしょうか?

その理由について小林麻耶さんは、2019年5月30日放送の『直撃!シンソウ坂上』で「自身の体調の悪化」と話していました。

小林麻耶さんは、当時自身の仕事を辞めることについて、

大好きな仕事を辞めるしかなかった

と話していたことからも、もともと仕事にやりがいを感じていたことがわかります。

しかし、妹の小林麻央さんの件があって、四六時中記者に追い掛けられる生活を送る中で、体調は日に日に悪化したといいます。

小林麻央さんが亡くなった後も、義弟である「市川海老蔵さんの後釜を狙っている」だとか、「小林麻耶さんは妹と不仲だった」など、週刊誌にひどい記事が多く掲載されました。

そして、結婚を発表すると今度は旦那に記者が殺到し、小林麻耶さんはますます追い詰められる結果に。

小林麻耶が生島ヒロシ事務所で復帰したのはなぜ

このような経緯もあり、小林麻耶さんは「仕事を引退するしかなかった」と、番組で引退理由を明かしています。

しかし、現在は夫の支えもあり「体調が回復した」と話しており、もともと好きだった仕事を再開したものだと思われます。

【関連記事】

小林麻耶の本当の引退理由が衝撃!旦那(國光吟)の現在の職業や仕事とは?【直撃!シンソウ坂上・動画】

スポンサーリンク

小林麻耶は、なぜ生島ヒロシ事務所で復帰?

小林麻耶、芸能活動復帰はなぜ

小林麻耶さんは、引退する2018年8月までセント・フォースに所属していました。

今回セント・フォースではなく、生島ヒロシさんの事務所『生島企画室』から復帰するのはなぜなのでしょうか?

その理由について小林麻耶さんは、自身のブログでこのように書いています。

事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした。

仕事に復帰したいと思っていたタイミングで生島ヒロシさんが通りかかったとのことで、きっと何か引き寄せられるものがあったのでしょう。

小林麻耶さんは自身のブログで、生島ヒロシさんについて

生島ヒロシさんの著書「どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー」p122では

悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。
でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく。

と、書かれてありました。

とコメントしています。

生島ヒロシさんの著書を読んで、その考え方に共感し、今回生島ヒロシさんの事務所で復帰することを決めたのがわかりますね。

 

一方で芸能界引退まで所属していた事務所について、小林麻耶さんは

今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています。

とコメント。

今回セント・フォースから復帰しない理由を、事務所側の問題ではないと世間にアピールする、小林麻耶さんなりの気遣いが窺えますね。

スポンサーリンク

まとめ

元フリーアナウンサーの小林麻耶さんが、芸能活動再開を発表しました。

芸能活動を再開した理由は、体調が回復した現在、大好きな仕事をもう一度したいと考えていたからのようですね!

そして、なぜ生島ヒロシさんの事務所からの復帰かというと、小林麻耶さんが復帰を考えていた時に、偶然生島ヒロシさんが通りかかったから、というもの。

アナウンサーとしてだけはなく、タレントとしても愛されていた小林麻耶さんですので、復帰しても仕事に困ることはないでしょうね!

今後の小林麻耶さんの活動にも期待したいと思います。

 

 


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です