【画像】映画泥棒恐怖症で怖い?スタイルがいいとの声も【モニタリング】

映画泥棒

2019年1月2日に『モニタリング 新春3時間SP』が放送されました。

今回はお正月のスペシャルということで、出演者も非常に豪華でしたね!

その中で気になったのが、大泉洋さんが参加した、映画泥棒恐怖症の方を克服させる企画。

そこで、映画泥棒とは何か、また映画泥棒が怖いと感じる方がいる理由について調べてみました。

また、今回出演した映画泥棒の方のスタイルがいいという声についても、実際に画像で確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画泥棒とは?

まず、映画泥棒って何?という方のために、映画泥棒についてご紹介いたします。

映画泥棒とは、映画館で上映前に、録画や撮影などをしないよう注意を促すキャラクターです。

映画館でこのような動画を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

他のパターンもあります。

非常にインパクトがあるキャラクターですよね!

映画泥棒恐怖症とは?怖い理由とは?【モニタリング】

今回のモニタリングでは、そんな映画泥棒が怖いという方が出演されました。

映画泥棒

世の中には様々な恐怖症の方がいることは知っていたものの、映画泥棒恐怖症というのは初めて聞きました。

同じようにネットでは、「映画泥棒恐怖症なんてあるの?」「やらせっぽくない?」と感じた方もいたようです。

しかし、調べてみると、映画泥棒が怖いと感じる方がかなりいることがわかりました。

映画泥棒って、特殊な動きをする上、表情が見えないため、怖いと感じる方が多いようです。

また、子供の時に見て怖いと感じたきり、大人になっても苦手意識を持つ方が多いようですね。

スポンサーリンク

映画泥棒のスタイルがいいとの声【モニタリング】

映画泥棒スタイルがいい

また、番組を見た方からは「映画泥棒のスタイルがいい!」という声が上がりました。

確かにスラッとしていて、身長も185cm(番組放送時)と高いようです。

現役のダンサーという情報もあり、スタイルがいいのも納得ですね!

スポンサーリンク

まとめ

2019年1月2日の『モニタリング』に、映画泥棒が出演しました。

番組では、映画泥棒恐怖症の方が出演し、映画泥棒を克服する企画が放送されました。

ネットの声を見ていると、映画泥棒が怖いという方が意外と多いことがわかりました。

また、番組放送後、映画泥棒のスタイルを絶賛する声が上がっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です