【確定】2018年紅白歌合戦出場のジャニーズグループは?TOKIO落選理由はなぜ?

紅白歌合戦ジャニーズグループ

大晦日に放送される『第69回NHK紅白歌合戦』に出場する歌手が発表されました。

中でも、ジャニーズでどのグループが内定するか気になっていた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2018年の紅白に出場するグループをご紹介するとともに、残念ながら落選してしまったTOKIOの落選理由を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

2018年紅白歌合戦に出場するジャニーズグループ一覧

紅白歌合戦・ジャニーズグループ

まず、昨年出場したジャニーズグループを振り返ってみましょう。

2017年出場グループは、TOKIOHey! Say! JUMP関ジャニ∞Sexy Zoneの5組。

ジャニーズ枠に関しては、2015年が7枠、16年が6枠、17年が5枠と、年を追うごとに1枠ずつ、出場枠が減少してきていました。

そのため、今年は4枠になるのではないかという懸念もありましたが、発表されたグループは5組でした!

一つ一つのグループを確認していきましょう。

2018年紅白出場のジャニーズグループ①嵐

嵐

今年10回目の出場を果たす嵐が、ジャニーズの1枠目です。

嵐といえば、これまで何度もグループで司会を務めており、最近では毎年一人ずつ司会を務めることになっていることでも知られています。

ジャニーズ内で不動の人気を誇っており、他のグループが出場できるかどうか議論されている中で、嵐だけは唯一出場が確定しているグループといえます。

【関連記事】

2018紅白司会に広瀬すず!選ばれた理由や「嫌・無理」との声が多いのはなぜ?

2018年紅白出場のジャニーズグループ②関ジャニ∞

関ジャニ∞

ジャニーズ2枠目は、今年7回目の出場となる関ジャニ∞です。

ジャニーズグループの中でもファンが多く、メンバーそれぞれの人気も確立されています。

毎年楽しくお茶の間を盛り上げてくれる関ジャニ∞は、文句なしの出場決定です!

【関連記事】

【8時だJ】2018年12月29日復活!関西では放送する?渋谷すばる出演を熱望する声も

2018年紅白出場のジャニーズグループ③Sexy Zone

Sexy Zone

ジャニーズの中でも中堅にあたるのがSexy Zoneというこちらのグループ。

今回6回目の出場となります。

発売されたシングルは、全てオリコン初登場1位を記録しており、ジャニーズの中でも特に人気のあるグループの一つといえますね!

【関連記事】

松島聡のパニック障害や突発性難聴の原因は?復帰時期はいつで脱退(引退)の可能性は?

2018年紅白出場のジャニーズグループ④Hey! Say! JUMP

Hey! Say! JUMP

メンバー全員が平成生まれというこちらのグループは、今回2回目の出場となります。

ステージパフォーマンスが好評で、メンバー仲が良いことでも知られています。

今年の出場が危ぶまれていた中で、堂々の4枠目獲得となりました!

2018年紅白出場のジャニーズグループ⑤King & Prince

King & Prince

最後の出場枠を獲得したのが、King & Princeです!

今回初出場となる、かなり勢いのあるグループです。

特に平野紫耀さんについては、連日テレビで見ない日はないほど、バラエティ番組などに引っ張りだこですよね。

【関連記事】

【動画・画像】平野紫耀がかっこいいけど天然すぎる!【スカッとジャパン】

先日メンバーの岩橋玄樹さんがパニック障害による病気療養のため活動休止を発表し、紅白出場が危ぶまれる声もありましたが、King & Princeの人気を前にその心配も無駄に終わる形となりました!

【関連記事】

【目撃情報】岩橋玄樹のジャニアイ見学の画像は?2019年現在や復帰の時期はいつ?

スポンサーリンク

2018年紅白歌合戦でTOKIOが落選した理由はなぜ?

TOKIO

若手のグループが出場を決める中、昨年まで24年連続で出場していたTOKIOが落選する結果となっています。

落選理由について一番に思い当たるのが、元メンバー・山口達也さんの強制わいせつ容疑ですよね。

TOKIOは現在4人でグループ活動しているものの、音楽活動を休止しています。

制作局の担当者は、TOKIOの落選理由について山口さんの騒動が影響しているかどうか聞かれると、

何かの影響があってということではない。(選考基準である)今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出の3点からの判断です。

(引用:https://news.mynavi.jp/article/20181114-724229/)

と回答しているものの、影響があったことは明らかなのではないでしょうか?

というのも、紅白歌合戦は老若男女問わず見る人気番組です。

そんな番組に、あれだけ騒がれたTOKIOが出場するとなると、批判がくるのは必須。

保守的と言われるNHKだけに、それを懸念しての選考だったのではないでしょうか?

もちろん、現在音楽活動を休止していることも大きな要因の一つと言えるでしょう。

表向きには「ジャニーズの世代交代」と言われてはいるものの、24年連続出場していたTOKIO落選には少なからず山口さんの影響があったと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

2018年大晦日に放送される『第69回NHK紅白歌合戦』に出場するジャニーズグループをご紹介しました。

嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone、Hey! Say! JUMP、そして今年初となるKing & Princeが出場を決めています。

TOKIOについては残念ながら落選してしまう結果となりました。

その背景には、元メンバーである山口達也さんの強制わいせつ容疑、また現在音楽活動を休止していることが理由として考えられます。

TOKIOのメンバーだけでなく、ファンの方にとっても辛い発表となってしまいましたが、TOKIOはジャニーズの中でも絶対的な人気を誇るグループの一つ。

これにめげず、これからも頑張っていただきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

高橋優が2018年紅白歌合戦に出場しないのはなぜ?理由は落選か本人の意思?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です