「死ね」暴言のベテラン女子ゴルフ選手は誰?名前の特定や経緯まとめ

死ねと暴言を吐いた女子ゴルフ選手の名前




2019年10月27日、女子ゴルフのベテラン選手が、関係者に「死ね」と暴言を吐いたことで注目を集めています。

日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は、メディアの前でこの件について事情を説明。

ネットなどでは、大きな批判が集まり、炎上する事態となっています。

「死ね」と暴言を吐いた女子ゴルフ選手は誰なのでしょうか?

名前や今回の経緯をまとめてみました。

スポンサーリンク

女子ゴルフ選手が「死ね」と暴言!経緯まとめ

死ねと暴言を吐いた女子ゴルフ選手の名前

事件が起こったのは、マスターズGCレディースの大会前。

記事によると、クラブハウスの風呂場には昨年までタオルが設置されていたものの、近年マナーが悪化したことからタオルを置かないよう方針を変更していました。

それに対して、ある女子ゴルフ選手が「なんで置いていないのか」とスタッフに詰めより、出す出さないの押し問答の末に「頭が固い。死ね」と暴言を吐いたとされています。

この報道を受けて小林会長は

まだ事実確認をしている段階なので、途中の段階では詳細は話すことはできません。選手名も事実関係を確認できていない以上、話せません

と前置きした上で、不適切発言があったことを認めています。

不適切な発言があったことは事実です。本日私からも関係者にお詫びいたしました

小林会長は、「あってはならない発言」とコメント。

今後はコンプライアンスの規定に沿って、処罰など早急に対応を検討したいとしています。

「死ね」暴言のベテラン女子ゴルフ選手は誰?名前を特定?

「死ね」と暴言を吐いた方は、30代のベテラン選手だとされています。

「マスターズ」「ベテラン選手」って表示があるから、
最近プロになった選手ではないということですよね。

片山晋呉の時もそうだけど、
ある世代より上の年代はそういう教育を受けてないんでしょうね。

この選手は優勝したこともあるベテランプロ。本来は若いプロの模範とならなければいけない。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000038-dal-golf)

ツアー優勝経験もある30代の選手

(引用:https://www.sanspo.com/golf/news/20191027/jlp19102715080005-n1.html)

これが誰かについては、現時点では判明していません。

しかし、

  • ツアー優勝経験もあるある30代のベテラン
  • 若いプロの模範とならなければいけない

と報道されていることから、候補はそう多くはありません。

ネットで候補としてあがっているのは、

死ねと暴言を吐いた女子ベテラン選手は誰?名前

大山志保選手や表純子選手。

他にも、5ちゃんねる(2ちゃんねる)では、上田桃子選手の名前も。

大山志保(死ねと暴言を吐いた女子ゴルフ選手)大山志保選手

表純子(死ねと暴言を吐いた女子ゴルフ選手)表純子選手

上田桃子(死ねと暴言を吐いた女子ゴルフ選手)上田桃子選手

いずれも優勝経験のあるベテランの選手です。

しかし、大山志保選手や表純子選手はいずれも40代で候補から外れます。

そうなると、上田桃子選手に疑いがかかりますが、言うまでもなく上田選手は現在ネットで候補としてあがっているだけですので、この他の選手が犯人だということも十分ありえます。

優勝常連の上田桃子選手の場合「優勝したこともある」という記事の書き方はしないだろうという指摘もありますし。

他に30代の選手をご紹介すると、以下の方が該当します。

30代のツアー優勝経験者
  • 有村智恵(31) 14勝
  • 原江里菜(31) 2勝
  • 穴井詩(31) 3勝
  • 菊地絵理香(31) 3勝
  • 一ノ瀬優希(31) 3勝
  • 笠りつ子(31) 5勝
  • 吉田弓美子(32) 7勝
  • 藤田さいき(33) 5勝
  • 諸見里しのぶ(33) 9勝
  • 前田陽子(34) 2勝
  • 佐伯三貴(35) 7勝
  • 永井奈都(37) 1勝

こういったことがあると、ネットなどでは名前を特定する動きがありますが、全く関係のない選手にまで疑いがかかるのは頂けませんよね。

小林会長は、事実関係を確認の上、処罰を検討しているということですので、正式に処分が決定したら誰が暴言を吐いたか明らかになることでしょう。

名前が判明しましたら、追記いたします。

【追記】

暴言を吐いた選手の名前が判明しました。

笠りつ子選手です。

スポンサーリンク

女子ゴルフベテラン選手の暴言「死ね」に対するネットの反応

ネットでは、この女子ゴルフ選手の暴言により、炎上する事態となっています。

ネットの反応

  • それなりに稼いでるプロ選手なんだからタオルぐらい自前で持ってこいよ
  • 1勝か2勝じゃないか?
    桃子とかなら「優勝したこともある」って表現しないだろ
  • 記事の書き方からすると
    頻繁に優勝経験がある選手という感じはしないかな
    5勝以下クラスの可能性が高い文面
  • タオル使用のマナー悪化というのがよくわからん
    タオルパクったやつが多かったのかな
  • マナーの悪いタオルの使い方ってどんなの?
    タオル巻いたままお風呂入ったとか?
  • ネットならともかくリアルで面と向かって死ねなんて言葉吐いてるの見たことないわ
    どういう育ち方したらそんな人間が出来上がるんだろう
  • お風呂場のタオルを何枚も部屋に持っていってストレッチとかに使う人は居そうだけど
    盗難なんだろうな置かなくなるって事は

スポンサーリンク

まとめ

ベテラン女子ゴルフ選手が関係者に「死ね」と暴言を吐き、炎上する事態となっています。

ネットではこの選手が誰なのか特定する動きが始まっていますが、現在わかっているのは「30代のツアー優勝経験者」ということのみ。

経緯を見る限り、かなり理不尽な暴言のように思いますが、正式にこの選手の処分が決定したら、名前が判明しそうですね。

名前についてわかりましたら、追記いたします。


スポンサーリンク






1 個のコメント

  • 社会的発言力がある女子プロが、死ねと発言するのは許されません。 しかし、今回はクラブハウス側にも問題があったように感じます。まず、バスタオル廃止の事前連絡をどこまで選手、関係者にしていたかです。トッププロは10回以上連続でこの大会に出場し、バスタオルがあるのは当たり前だと思って持参していないプロも参加すると考えられ、今回のトラブルも想定できます。選手はスタート前は気持ちが高ぶっています。また、ストレッチは大事な準備です。バスタオルなしでストレッチするのは痛く苦痛です。ありませんと断る前に対策を考えなければいけなかったとおもいます。まず、バスタオルを手渡しし、サインをもらい風呂の出口で回収する。持ち出ししないか見張り役を置く。タオルを1枚5.000円で有料で販売する。
    賞金総額が最高金額の豪華に大会の割に、数万円のタオルの損失を喧しく言い、廃止する。アンバランスな気持ちになります。

     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です