2018紅白司会に広瀬すず!選ばれた理由や「嫌・無理」との声が多いのはなぜ?

2018年の大晦日に放送される『紅白歌合戦』の紅組司会に、広瀬すずさんが選ばれました。

広瀬すずさんといえば、CMやドラマ、映画にと引っ張りだこの人気女優ではありますが、まだ20歳とお若いこともあり、なぜ今回広瀬さんが起用されたのか気になるところです。

また、ネットを見ていると広瀬さんの紅白司会について「嫌」「無理」というネガティブな意見が目立ちます。

そこで今回は、広瀬さんが紅白の司会に選出された理由や、なぜ広瀬さんの司会を嫌がる方が多いのかを探ってみました。

スポンサーリンク

2018年紅白歌合戦司会に、広瀬すず!

広瀬すず

NHKは9日、2018年大晦日に放送される『第69回紅白歌合戦』の司会を発表しました!

今年は平成最後の紅白ということで、司会を決めるのにNHK内でも相当揉めたという報道もありました。

そして今日発表された司会者は、以下の通り!

 

紅白司会2018

総合司会:内村光良、桑子真帆アナ
紅組司会:広瀬すず
白組司会:櫻井翔

櫻井翔さんは、「嵐」として長年司会を務めているため安定感抜群ですし、総合司会の内村光良さんも、昨年の司会では高い対応力を見せ、好評でした。

ベテラン2人との司会ですから、初めて司会を務める広瀬さんも安心感があるでしょうね!

広瀬さんは、司会選出後、コメントを出されています。

紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。
本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです。
私に務まるのか、期待にお応えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております。
「朝ドラ、100作目だからね、頑張ってね」と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております。まだまだ実感が湧かない日々ですが、一生懸命頑張りたいと思っております。宜しくお願い致します。

(引用:https://www.cinra.net/news/20181109-kohaku)

広瀬すずの紅白司会に、なぜ「嫌」「無理」の声が多いのか?

広瀬すず

広瀬すずさんといえば、CMやドラマ、映画など幅広くご活躍されている、売れっ子女優です。

ファンも多く、非常にかわいいことでも有名ですよね。

そのため、紅白の司会に決定したことを喜ぶ声も上がっています。

 

しかし、広瀬さんは「好き嫌いが分かれる女優」としても知られています。

以前『食わず嫌い王決定戦』で、照明さんの仕事について、

どうして生まれてから大人になって照明さんになろうと思ったんだろう?

と発言し、謝罪に追い込まれるまでに炎上しましたよね。

当時10代の広瀬さんにとっては純粋な疑問だったのでしょうが、照明さんをバカにしているともとられ、この発言で広瀬さんを嫌いになったという方も多かったようです。

また、さすが女優さんということもあり男性関係が華やかで、ネットにもキスプリ画像が出回っていたり・・・と、嫉妬されやすいのもあるでしょう。

他にも、2015年6月に出演した『VS嵐』で、当時34歳の大野智さんのことを「もうちょっと上だと思ってた」「40歳くらいかなって」と言ったことも、嵐ファンから反感を買う結果となってしまいました。

こういった失言によって、主に女性からの広瀬さんのイメージが悪く、紅白の司会が広瀬すずさんと発表された途端、「嫌」「無理」という声が多く上がったのだと考えられます。

スポンサーリンク

広瀬すずが2018年紅白司会に抜擢された理由は?

今年の紅白歌合戦の紅組司会で、最終候補に残っていたのが綾瀬はるかさんと広瀬すずさんと言われています。

綾瀬さんは以前紅白の司会を務めており、その際のぎこちなさ天然発言が話題となりましたが、それも含めて綾瀬さんの高感度は非常に高かったようです。

綾瀬はるか

そのため、紅組の司会を決定する際「NHK内部では、真っ二つに意見が分かれて対立状態」とも報道されていました。

しかし最終的には広瀬すずさんに軍配が上がりました。

ではなぜ、綾瀬はるかさんや有村架純さんでなく、広瀬すずさんが2018年の紅白歌合戦に起用されたのでしょうか?

一番大きい理由は、2019年4月から始まるNHK連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬さんがヒロインを務めるためです!

なつぞら

『なつぞら』という作品は、広瀬すずさん演じるヒロインの「奥原なつ」が、戦争で両親を亡くし、大自然の中で北海道の心優しい大人たちに育てられて大人になっていくという物語です。

作中で、当時流行し始めたアニメーターという仕事に魅せられたなつは、夢を目指すようになります。

そんな時、生き別れたが東京にいることを知る、というあらすじです。

朝ドラのヒロインは通常オーディションで決定することも多いのですが、記念すべき朝ドラ100作目という作品ということもあり、今回はNHKから直々に広瀬さんへのオファーがあったようです。

そしてこの作品は、キャストも豪華!

広瀬さんの兄役に売れっ子イケメン俳優の岡田将生さん。

岡田将生

さらに、(育ての)母役にベテラン女優の松嶋菜々子さん。

松嶋菜々子

他にも、草刈正雄さんや藤木直人さんなど、豪華な顔ぶれとなっています!

100作目という節目の作品でもあるため、NHKの力の入れようは相当なものです。

99作目の「まんぷく」より先に100作目のヒロインが決定するという異例の発表を行っています。

そのため、今回の広瀬さんの司会選出は、紅白歌合戦で広瀬さんをアピールしておきたいというNHK側の狙いがあることがわかります。

またNHK側で「紅白のマンネリ化」が懸念されており、今までと違った風を吹き込みたいという狙いもあったようです。

綾瀬はるかさんは平成を代表する女優ということもあり、「平成を締めくくるのに相応しい」という意見もありましたが、それでも広瀬すずさんを起用したのは、紅白に新しい視聴層を呼び込みたいというNHK側の意図があるものと考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

紅白歌合戦

2018年の紅白歌合戦の紅組司会に、広瀬すずさんが選ばれました。

「嫌」「無理」などのネガティブな声も目立つものの、2019年からスタートする連続テレビ小説『なつぞら』のアピールのためには、紅白歌合戦の司会はもってこいといえるでしょう。

現在20歳ということで、紅白の司会を務めるにはかなり若い年齢での起用となりましたが、広瀬さんがどんな司会ぶりを見せるのか、期待したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

【確定】2018年紅白歌合戦出場のジャニーズグループは?TOKIO落選理由はなぜ?

高橋優が2018年紅白歌合戦に出場しないのはなぜ?理由は落選か本人の意思?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です