池江璃花子の白血球の症状や原因は?東京オリンピック出場の可能性や復帰の時期はいつ?

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)5

非常に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

競泳の池江璃花子選手が、白血病の診断を受けたことを自身のTwitterで公表しました。

池江選手といえば、18歳にして数々の日本記録を持っており、東京オリンピックで最も金メダルを期待される選手の一人です。

そんな池江選手の白血病の公表に、ただただショックで呆然とするばかりです。

池江選手が公表した白血病の症状や、原因は一体何なのでしょうか?

東京オリンピック出場の可能性や復帰の時期がいつになるかを調べてみました。

スポンサーリンク

池江璃花子が白血病を公表

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)

池江選手はオーストラリアでの合宿中に体の不調を訴え、緊急帰国。

精密検査の結果、白血病と診断されました。

そして、2月12日、池江選手は自身のTwitterで白血病を公表しました。

ご報告です。応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は、少し休養を取り治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

(引用:池江璃花子選手Twitter)

 

池江選手の白血病公表を受け、日本水泳連盟が2月12日、会見を行っています。

この衝撃的なニュースはテレビや新聞で大きく取り上げられ、海外でも報道されています。

池江選手自身、現在も混乱している中、既に治療に向けて前向きな気持ちを持っていること、まだ18歳にも関わらず非常に強い選手だと感じます。

また、各方面への影響を考えてか、診断されてから公表まで非常に早かったですよね。

そんな池江選手の姿勢にただただ頭が下がる思いです。

池江璃花子の白血球の症状は?

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)

白血病とは?

池江選手が診断された白血病とは、どのような病気なのでしょうか?

白血病(はっけつびょう、Leukemia)は、「血液のがん」ともいわれ、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患である。白血病細胞が造血の場である骨髄を占拠するために造血が阻害されて正常な血液細胞が減るため感染症貧血出血症状などの症状が出やすくなり、あるいは骨髄から血液中にあふれ出た白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤(侵入)して障害することもある。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85)

白血病の症状

白血病には、「骨髄性」と「リンパ性」に分けられます。

さらに急性白血病慢性白血病があり、一般に症状が少し異なります。

急性白血病の主な症状
  • 発熱
  • 貧血
  • 倦怠感
  • 動悸
  • めまい
慢性白血病の主な症状
  • 腹部膨満
  • 微熱
  • 倦怠感

 

両者の主な違いとして、自覚症状が現れるまでの期間が大きく違います。

慢性白血病の場合「慢性期」という状態がしばらく続き、その後「移行期」を経て「急性転化」を起こすと言われています。

それに対して急性白血病の場合、すぐに自覚症状が現れます。

池江選手がどのタイプの白血病なのか、その種類までは公表されていませんが、池江選手も、身体のだるさ息苦しさを訴えていたと報道されています。

また、三木二郎コーチは記者会見で、練習中の池江選手の様子について、

池江選手はオーストラリアでの合宿中に今まで見たことない、肩で呼吸する場面があった。

(引用:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190212/0025433.html)

と報告。

担当医によると「早期発見」だったようで、池江選手は日本選手権の出場を辞退し、これから治療に励まれるということです。

スポンサーリンク

池江璃花子の白血球の原因は?

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)

白血病の原因は一般的に以下のようになっています。

造血幹細胞は頻繁に細胞分裂し、分化成熟をくりかえしています。

細胞が生まれて、分化し、死んでいく、というターンオーバーが起こるたびに、遺伝子異常というのはある一定の頻度で起こります。そのため、年齢を経るほど遺伝子にがあるものも多く生まれ、それが白血病化するのだと考えられます。

若い方でも、造血幹細胞は他の組織に比べて常に激しくターンオーバーが起こっているため、白血病化の可能性があります。

(引用:https://medicalnote.jp/diseases/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85)

つまり、細胞がターンオーバーを繰り返す中で起こる遺伝子異常が、白血病化するということです。

そして白血病化する要因として、放射線被曝化学物質ウィルスが関係しているとの見方もありますが、それはごく一部の場合に限られており、現在のところどのような人が罹患するのか、その原因は不明とされています。

遺伝するような病気でもないため先天的な要因ともいえず、誰しも白血病になるリスクを抱えているのです。

スポンサーリンク

池江璃花子の東京オリンピック(五輪)出場の可能性は?

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)

東京オリンピックでの活躍が期待されている池江選手だけに、東京五輪に出場できるのか非常に気になる方が多いようです。

治療について池江選手は、

今後の治療については医師と相談して決めていく

としており、東京オリンピック出場についても医師と報告して改めて報告するとしています。

治療期間については、池江選手の白血病の種類によるので一概にはいえませんが、急性白血病の場合、一般的な治療期間は2~3年とされています。

オリンピックに出場する場合、治療だけではなく、トレーニングをする必要もあり、東京五輪出場は難しいとの見解が大半です。

これまでの池江選手の努力や頑張りを見ていると非常に悔しい気持ちでいっぱいですが、今は治療に専念して、一日も早くお元気な顔を見せていただきたいですね。

池江璃花子の復帰の時期は?

池江璃花子(白血病、東京オリンピック出場の可能性)

日本水泳連盟は池江選手の復帰時期について「未定」としています。

ただ、白血病というと、一昔前までは「不治の病」とも言われていましたが、現在は治る病気になっています。

実際、白血病の治療後、選手として復帰したスポーツ選手も多く、池江選手も既に前向きに治療に励もうとされているということです。

復帰したスポーツ選手
  • 早川史哉選手(J2新潟DF)…約2年で復帰
  • 岩下修一投手(オリックス)…約1年で復帰

 

白血病の種類にはよるものの、中には1~2年で復帰を果たす選手もおり、池江選手も早ければ東京オリンピック前後に復帰できる可能性も残されています。

そのため、早ければ復帰は2020年、一般的な治療の経過を見れば2021~2022年頃の復帰が濃厚だと考えられます。

池江選手のファンとしては一刻も早い復帰を願わずにはいられませんが、今は復帰のことは考えず、ただ治療に専念していただきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

池江璃花子選手が白血病を公表し、騒然となっています。

白血病の症状は、まめいや倦怠感、息切れなどがあり、池江選手も練習中にこれらの体調不良を訴えていたようです。

白血病の詳しい原因について、どのような人が罹患するかは不明とされており、現在でもわからないのが現状です。

しかし、白血病は「治る病気」であり、池江選手も前向きに治療に励まれるということです。

東京オリンピックについては、難しいとの見方が大半ですが、池江選手は「医師と相談し報告する」としています。

池江選手の気持ちを考えれば非常に悔しいと思いますが、まだまだお若いので、今は治療に専念していただきたいですね。

また、池江選手の白血病公表を受けて骨髄バンクの登録を希望される方も増えているとのことで、池江選手がいかに皆さんから愛されている選手かがわかりますよね。

本当にご無理だけはされず、一日も早くお元気な顔が見れることを祈るばかりです。

 

【関連記事】

池江璃花子が白血病を公表した理由はなぜ?かわいそうの声へ支援できる方法は?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です