重量挙げ三宅義行会長がパワハラか?嫌がらせの内容や、告発した女子選手は誰?

三宅義行




スポーツ界でのパワハラ報道が相次いでいます。

レスリングや体操に続き、今度は重量挙げでパワハラ疑惑が出ています。

パワハラを隠蔽されていると言われるのは重量挙げ日本協会会長の三宅義行氏。

そこで今回は、嫌がらせの内容や、告発した選手は誰なのか?について探ってみました。

スポンサーリンク

三宅義行氏プロフィール

三宅義行

三宅義行(みやけ よしゆき)

生年月日:1945年9月30日

出身地:宮城県

日本ウエイトリフティング協会会長

 

三宅さんは、1968年にメキシコシティオリンピックで重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得されています。

また、元自衛官の肩書きもあるバリバリ体育会系の方です。

兄である三宅義信さんは1964年の東京オリンピックで金メダルを獲得。

娘である三宅宏実さんもオリンピックで銀メダル・銅メダルを獲得するなど、ウエイトリフティング界では非常に有名な方です。

現役引退後は、自身の子どもの指導や、公益社団法人日本ウエイトリフティング協会の会長に就任されています。

三宅義行氏のパワハラ(嫌がらせ)の内容は?

ウエイトリフティング

優秀な選手を育ててこられたイメージがある三宅さんですが、今回ハラを隠蔽したとの報道が出ています。

日刊ゲンダイで報じられた具体的な嫌がらせの内容をまとめると、

パワハラの内容

  • 「練習メニューが気に入らない」という理由でコップを投げつけた
  • 「ナショナルトレーニングセンターから出て行け」と命じられた
  • 食堂で食事をしていると、「俺に挨拶もないのか」と怒鳴られた

というもの。

「挨拶もないのか」については、どのような言い方だったのかはわかりませんので何とも言えませんが、「コップを投げつけた」というのが本当なら、立派なパワハラ行為と言えるでしょう。

報道では他にも数々の嫌がらせの内容があったようですが、これ以外についてはまだ公表されていないようです。

嫌がらせの詳細な内容については、また報道が出てきましたら追記いたします。

三宅義行氏をパワハラ告発した選手は誰?

そこで気になるのは、今回告発をした選手が誰なのか?ということです。

報道によると、告発したのは2015年夏までにに引退している女子のトップ選手(日本代表経験あり)とのこと。

トップ選手ということはオリンピックに出場している選手と考えられます。

そうすると、2008年の北京か、2012年のロンドンオリンピックに出場した選手という可能性が高いですよね。

2008年に出場していた選手となると、以下の2名です。

対象選手
  • 大城みさきさん
  • 斎藤里香さん

三宅さんの娘である三宅宏美選手も出場されていますが、自分の親を告発することはなかなか考えづらいので、今回は除外いたします。

また引退時期を確認すると、大城みさきさんは2016年の秋頃に引退されているため、該当しないことになります。

対して、斎藤里香さんは、2012年に引退されていますので、今回の条件で言うと該当することになりますね。

斎藤里香

 

また、2012年に出場していた選手で、該当する可能性が高いのが水落穂南さん。

水落穂南

水落穂南さんは三宅会長が監督をしているいちごグループホールディングスのウエイトリフティング部に所属しており、3年ほど前に引退し、現在は熊谷市役所で勤務されています。

正確に言うと、水落穂南さんがいつ引退したかという情報は見つけられませんでしたが、2015年の全日本選手権を境にぱったり競技をしていないようなのです!

すると、報道であった「2015年夏頃までに引退」という時期もぴったり一致していますし、正式な引退発表がないのも不自然ですよね。

また、斎藤里香さんは現在もS&Cトレーナーや東京オリンピックのアスリート委員も務めておられるのに対して、水落穂南さんは、現在市役所での勤務ということで完全にスポーツの世界から離れておられます。

これらのことから考察すると、パワハラ被害の告発者は水落穂南さんの可能性が高いといえますね!

斎藤里香さんの可能性も否定できませんが、体操協会の宮川選手の例もありますので、実名報道はされない方がご本人のためだと個人的には思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、重量挙げの三宅義行会長がパワハラ疑惑、そして嫌がらせの内容について取り上げました。

また、告発した女性選手は、「トップ選手」という報道だけで、具体的な実名は今のところ報道されていないようです。

引退時期を考慮すると、斎藤里香さん、水落穂南さんが当てはまりますが、水落穂南さんの方が可能性が高いと考えられます。

ここのところ、スポーツ界の不祥事が相次いでいます。

東京オリンピックも近いことですし、それまでにスポーツ界から不祥事がなくなることを祈るばかりです。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です