スーパームーン2019年2月見頃のピーク時間帯や方向方角は?東京や大阪の天気も!

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角

2019年2月19日~20日にかけて、スーパームーンが見れることがわかりました。

今回は月が地球に最も近づいたタイミングでの満月ということで、2019年で最大の大きさになると言われています。

そこで、スーパームーンの見頃のピーク時間帯や方向・方角を調べてみました。

また、スーパームーンを見るのに重要とされる天気(東京・大阪)についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

スーパームーンとは?意味や由来

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角

今では当たり前のように使われるようになった「スーパームーン」という言葉。

この言葉の意味や由来をご存知でしょうか?

スーパームーンとは、月が地球に最も近づいた時に、満月もしくは新月になった月の姿やこの現象のことをいいます。

「新月」でもスーパームーンと言われるのは驚きですよね。

しかし、最近では「大きく見える満月」をスーパームーンと呼ぶことが一般的となっています。

実はこの言葉は天文学の正式な用語ではなく、占星術に由来していると言われています。

スーパームーンの時に月の光を浴びる(月光浴をする)と、「美人になる」「金運がアップする」「願いが叶う」など言われるのは、こういった由来が関係しているのかもしれませんね!

2月19~20日のスーパームーンは2019年最大

そんなスーパームーンですが、2019年は2月19日~20日に見える満月が最も大きいと言われています。

反対に、2019年で最も小さいとされるスーパームーンは2019年9月に見える満月と言われており、9月の満月と比べると、今回は14%視直径が大きく、30%明るく見えるとされています。

スーパームーンの見頃のピーク時間帯は?【2019年2月】

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角

すると気になるのが、見頃のピークの時間帯ですよね。

一番キレイな時間にスーパームーンを見たいと誰もが思うものです。

ピークの時間帯は、一般的には2月20日の午前1時頃、満月になる時だと言われています。

つまり、満月になる時間が一番月が綺麗に見える見頃の時間帯ということです。

しかし、2月20日といえば、平日のど真ん中。

「明日も仕事があるのに、そんな夜遅くまで起きていられない!」という方も多いのではないでしょうか?

でも安心してください。

月の入りは19日17時17分頃ですので、夕方から月は見ることができ、20日に日付が変わってすぐの時間帯でも、ほぼ満月に近い形で見ることができるのです!

「1時まで起きているのが辛い・・・」という方は、午前0時前後に見ることをおすすめいたします。

スポンサーリンク

スーパームーンの方向・方角は?【2019年2月】

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角

次に確認しておきたいポイントが、スーパームーンの見える方向方角ですよね。

月は、太陽と同じように東から登って南の空を通って西に沈みます。

そのため、ピークの時間帯に見られる方は南の方向を見ると良いですね。

もしそれより早い方は東寄り、それより遅い方は西寄りの空になりますので、見上げる時間帯によって方角を変えてください。

スポンサーリンク

スーパームーン当日の東京・大阪の天気は?【2019年2月】

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角

月は、寒い空気の澄んだ時期に最も綺麗に見えると言われています。

そのため2019年2月というタイミングで今年最大のスーパームーンが見れるのはとても嬉しいですよね。

しかし、月の見え方は天気によるところが非常に大きいのです。

なぜなら、雲が多いと月が隠れて見えづらくなってしまうためです。

そこで、2月19日~20日の東京と大阪の天気を確認してみたいと思います。

東京の天気

東京の時間帯ごとの天気がこちらです。

 スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角(出典:https://tenki.jp/)

19日21時の降水確率は70%午前3時の降水確率が60%とあまりお天気がよくないですね。

残念ながら、一番の見頃の時間帯に雨が降る可能性もありそうです・・・。

大阪の天気

大阪のお天気も確認してみましょう。

スーパームーン2019.2の見頃の時間帯や方向方角(出典:https://tenki.jp/)

19日21時の降水確率は90%20日3時60%と、こちらも天気がよくありませんね。

当日は雲がかかってあまり見えない可能性もありそうですが、もし雲がかかっていても、雲が移動したタイミングで見れることもありますので、粘強く空を見上げてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

2019年2月19日~20日にかけて、今年最大のスーパームーンが見れることがわかりました。

19日夕方から月が見え始め、見頃は20日に日付が変わったタイミング~午前1時頃がピークです。

方向・方角については見る時間帯によって異なりますので、ご注意くださいね。

また、東京・大阪ともに残念ながら天気があまりよくありません。

雨が降る可能性もありますので、もし外に出て見られる方は、しっかり防寒して風邪などをひかれないようにお気をつけください。

また、スーパームーンを見るための人気スポットもありますので、「どうしても見たい!」という方は、そういった場所を探してみるのも良いかもしれませんね。

東京の主なスポット
  • 東京タワー
  • 東京スカイツリー
  • 東京都庁の展望室
大阪の主なスポット
  • あべのハルカス
  • 通天閣
  • 堺市役所の21階

 

お天気が少しでも良くなることを願いつつ・・・楽しみに当日を待ちましょう!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です