ブルーライン・新百合ヶ丘への開通はいつから?新駅の場所やどこ通る?

2019年1月23日、横浜市と川崎市が横浜市営地下鉄『ブルーライン』を、新百合ヶ丘(しんゆりがおか)駅まで延伸すると発表し話題になっています。

ブルーラインは、現在あざみ野駅(横浜市青葉区)が終点なのですが、これを川崎市麻生区まで延長するようです。

そこで、新百合ヶ丘への開通はいつからかや、新駅の場所、またブルーラインが新しくどこを通るのかなどを調べてみました。

スポンサーリンク

ブルーライン・新百合ヶ丘への開通はいつから?

ブルーライン新百合ヶ丘駅開通はいつから

横浜市、川崎市両市によると、延伸は新百合ヶ丘南口付近まで行うということです。

あざみ野駅~新百合ヶ丘駅は、現在約30分かかりますが、これが10分になるというのですから利用者にとってはとても嬉しいですよね!

また、新百合ヶ丘駅~新横浜駅は現在の約35分から27分と、こちらも少し短縮されるようです。

事業費は概算で約1700億円前後になるとされており、事業主体は横浜市交通局が行います。

開業は2030年を目指すとのことで、開通するまでにはまだ10年ほどかかる見通しとなっていますが、国や関係者などとの調整を進め、早期事業着手を目指すということです。

スポンサーリンク

ブルーライン・新百合ヶ丘への開通はどこ通る?

新百合ヶ丘まで新しく地下鉄が開通するとなると、電車がどこ通るかとても気になるところですよね。

現在検討されている案は、「東側ルート」「中央ルート」「西側ルート」の3つです。

ブルーライン開通・どこ通る(出典:横浜市報道発表)

どのルートも実現可能なものと発表しているものの、川崎市側の地域交通やまちづくりに関する視点を考慮すると、現在東側ルートが一番有力視されているということです。

どのルートにするのか最終的な決定は、2019年度中を目処に行うとしています。

ブルーライン・新百合ヶ丘への開通による新駅の場所は?

ブルーライン新百合ヶ丘駅開通はいつから

今回発表された延伸の距離は、6~6.5キロで、延長した区間に新たに4駅を設置するということが発表されています。

先ほどご紹介した3案のルートで共通しているのは、「嶮山付近」「すすき野付近」を通るということです。

そのため、両市は嶮山付近、すすき野付近に新駅設置を想定しているとのこと。

そして、描くルートごとの新駅設置の場所は以下の通り。

 

新駅設置場所(想定)
  • 東側ルート…ヨネッティー王禅寺付近
  • 中央ルート…王禅寺公園付近
  • 西側ルート…白山付近

一番有力視されている東側ルート・ヨネッティー王禅寺付近は、バス路線が充実していることで知られています。

もしこのルートが実現すれば、麻生区だけでなく多摩区や横浜市へのアクセスの利便性も向上するものと思われます。

また、このあたりは老若男女問わず利用できる市民施設が充実していることも、新駅設置の有力案として挙がっているということです。

 

新駅ができると噂されている近隣にお住まいの方にとっては、どのルートになるのか、今からドキドキしますよね!

特に交通の便があまりよくないと感じている方にとっては、近隣に新駅が設置されるととても嬉しいのではないでしょうか?

新駅の場所がどこになるのか、発表を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ブルーラインの新百合ヶ丘駅開通に伴い、横浜や港北ニュータウン、多摩ニュータウンなどへのアクセスの利便性が向上します。

現在、一日8万人の需要を見込んでいるといい、これが実現すればより活発に人が行き来できるのではないでしょうか?

皆さんの声を見ていると、開通を期待する方や新百合ヶ丘駅まで延伸することを喜ぶ声が多く見られました。

また、「早くどのルートになるのか知りたい!」という方も。

開通にはまだまだ時間がかかりますし、新駅の場所がどこかなど、まだまだ未確定な要素も多いですが、2019年度中にどこを通るかといったルートが確定する見通しですので、発表を楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です