安田純平の身代金の総額となぜカタールが支払った?スパイ説や痩せてないとの声も

安田純平

3年もの間、過激派組織に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんとみられる男性が、解放されたとの情報が入りました。

ほっとした方も多いのではないかと思いますが、これにはいくつか疑問が残ります。

まず解放にあたって身代金をカタール政府が支払ったというのです。

なぜ、日本政府ではなくカタールが支払ったのか?

また、身代金の総額がいくらなのかも気になります。

他にも、ネットを見ていると安田さんのスパイ説や、3年もの間拘束されていた安田さんが痩せていないことにも疑問の声が上がっています。

そこで今回は、これらの疑問について探ってみました。

スポンサーリンク

安田純平さん解放にあたっての身代金の総額(金額)は?

安田純平

まず、今回の安田さんの解放にあたっての身代金の総額(金額)について確認していきたいと思います。

邦人一人を解放するのに要求される身代金の総額は一体いくらくらいなのでしょうか?

まず、安田さんが拘束された2016年始めに要求された身代金の総額は、1000万ドル(約11億円)と言われています。

そして日本政府がその要求に応えなかったためか、2年後の今年(2018年)7月には要求を150万ドル(約1億6,500万)まで下げてきています。

いくらなんでも最初の金額は払えるわけがないと考えたためか、少し総額を下げて様子を見ているのでしょうか。

そしてその一ヶ月後の8月には、50万ドル(約5,500円)と、さらに金額を下げて身代金を要求してきています。

今年に入って身代金総額を大幅に減額してきていること、また立て続けに身代金を要求していることから、何か武装勢力側で早く資金調達したい理由があったのではないでしょうか。

今回の安田さん解放にあたっての身代金の総額は、8月時点での要求通りに支払ったのであれば、50万ドルと考えられますが、徐々に要求金額を減額していることから、さらに安い金額の可能性もありますね。

【追記】

新しい情報で、安田純平さん解放の身代金の金額が300万ドル(約3億3,700万円)という情報が出ています。

この情報が本当なら、8月に要求された金額の約6倍ですよね。

50万ドルという要求はあくまで日本になされた金額のため、カタールが支払う意思を表明した後、カタールの財源を見て金額が値上げされた可能性も考えられますね。

8月から10月の間に、過激派とカタールの間でどのような交渉がされていたのか、引き続き情報を注視していきたいと思います。

シリア内戦を調査している在英の民間団体「シリア人権監視団」のラミ・アブドルラフマン代表は23日、読売新聞の取材に応じ、ジャーナリストの安田純平さんとみられる人物が解放されたことについて、カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張した。

(引用:読売新聞)

安田純平さんの身代金は、なぜカタールが支払ったのか?

安田純平

安田さんの身代金について、「日本政府が支払ったこと」を政府は否定しています。

ただ一言に「否定」と言っても、本当に支払っていないのか、それとも実は支払っているが国民からのバッシングなどを懸念して否定しているのかはわかりません。

日本政府が安田さん解放のために水面下で色々と動いていたのは事実ですので、「本当はカタールに後から払う予定なんじゃないの?」という見方もあります。

一方で専門家の間では「安田さんが以前拘束された際も身代金を支払わなかった」という事実や、その他の過去の人質事件の例を挙げ、日本政府が身代金を支払った可能性は低いとする見方が多数です。

ではなぜ、カタール政府が、自国民でもない安田さんの身代金を支払ったのでしょうか?

これについては専門家の間でも議論されているのですが、一言でいうと専門家ですら「わからない」とのこと。

ただカタールは天然資源が豊富で財源が豊かなことで有名であり、また日本に大量に輸出していることから、今後の日本との経済・外交上の関係を考えてのことだとする意見もあるようです。

【追記】

シリア内戦を調査している民間団体『シリア人権監視団』の代表は、カタールが安田さんを救助した目的を以下のように話しています。

カタール政府から発表されてものではありませんが、参考程度にご紹介させていただきます。

アブドルラフマン代表は、複数の信頼できる情報筋から得た情報とした上で「カタールは、日本人の人命救助への貢献を国際社会にアピールするためだった」と話した。「日本政府はテロ組織への身代金支払いは拒否した」とも指摘した。

(引用:読売新聞)

スポンサーリンク

安田純平さんは痩せてない?動画で笑ってるとの声も

もう一つ、以前から指摘する声が多かったのが、3年もの間過激派組織に拘束されている安田さんが「痩せてない」という意見です。

2017年10月に撮影されたとされるこちらの動画で、安田さんは以下のようにコメントされています。

ここでの扱いはとても良く、実際私は元気です

2017年というと、拘束されてから約2年が経過しています。

これだけ長い間、過激派組織に拘束されていたら、やつれていてもおかしくありません。

少し痩せたかな?という印象はあるものの、肌つやもとても良いですよね。

安田さんのコメントから考えても、拘束中もしっかり食事も摂れているように感じます。

そしてこちらが2018年7月に撮影されたとされる動画。

2017年とは違って、非常に過酷な環境に置かれていることがわかります。

しかしこちらも激ヤセという印象はありませんね。

ただ、話している途中に「笑ってるように見える」との声が上がっています。

これについて専門家は、精神状態に異常をきたしている可能性があるとの意見を挙げています。

笑っているように見えたのは、そのような過酷な状況から精神的に追い詰められているからだと考えられます。

【追記】

解放された安田さんの映像が入ってきました。

健康状態は「良好」とのことで、ひとまず安心ですね!

解放後すぐにこれだけ話せているのですから、よほどタフな方なのでしょうね。

今後は精神面のケアが課題となりそうです。

安田純平さんのスパイ説とは?

安田純平

また、安田純平さんがスパイであるという声も上がっているようです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

実際に上がっている意見を見ていきたいと思います。

  • 3年もの間拘束されていたら、スパイとして洗脳されているのではないか
  • 安田さんを日本に帰したのは、何か裏があるのではないか
  • そもそも安田さんが日本政府のスパイだったのではないか

 

一つが、安田さんが過激派組織に洗脳されており、スパイとして日本に帰されたのではないかという説ですね。

確かに3年もの間拘束していれば、精神的に追い詰めて洗脳することは可能かもしれません。

しかし個人的にこれは違うように感じています。

というのも、公開された動画を見る限り、2017年頃まで安田さんは比較的悪くない環境で生活しており、また2018年に入って過激派が立て続けに身代金総額を減額している背景から、資金的に困って安田さんを解放したと考えられるためです。

もともとスパイ目的で安田さんを解放するほどの計画性があれば、拘束当時から過酷な環境下に置いて洗脳を始めるでしょうし、今年に入って急に身代金の減額を繰り返すのは、計画性を欠いているように思います。

もう一つの意見「安田さんが日本政府のスパイ説」についてですが、こちらも確証はないことから断言できかねますが、違うのではないかと考えます。

というのも、安田さんは以前からSNSで日本政府を批判するようなコメントをしています。

安田純平SNS

深読みして、「これらの発言も日本政府と組んだ上で行ったもの」と言う説も考えられますが、個人的にはあまり信憑性はないように思います。(自らの危険を顧みず現地に赴くジャーナリストが、政府に言われてそういった工作をするとは考えにくいため)

もちろん何が本当かどうかは安田純平さんご本人しかわからないことですので、安田さんの口から語られるコメントを待ちたいと思います。

スポンサーリンク

 

【関連記事】

安田純平が記者会見を拒否?会見はいつで、矛盾点をなくせるかが争点!

まとめ

フリージャーナリストの安田純平が無事解放されたことを受け、数々の疑問について考察してみました。

まとめると、

  • 身代金の金額は、300万ドル(約3億3,700万円)という情報あり
  • カタール政府が身代金を支払った理由は不明だが、民間の調査団体によると「日本人の人命救助への貢献を、国際社会にアピールするため」としている
  • 安田さんは激ヤセしているように見えないが、精神的に不安定になっている可能性がある
  • スパイ説の信憑性は低い

まずは、安田さんの体調の回復が第一ですので、回復を待って発表されるコメントを注視していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

安田純平の嫁(妻)の年齢は?深結(Myu)が本名を伏せる理由は韓国人だから?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です