樋田淳也どうやって生活し山口へ?お金や服・スマホの調達法や丸刈りにした方法とは?

樋田淳也




樋田淳也容疑者が山口県内で逮捕されてから、2日が経過しました。

取り調べに対して依然として「黙秘」を貫いている樋田容疑者ですが、徐々に逃亡生活の概要が明らかになってきました。

とはいえ、実際にどのように生活していたのか、お金はどのように得ていたのか疑問が残ることも多いですよね。

また樋田容疑者は、逮捕時、富田林所から逃走した際とは全く違う服装をしており、スマホや財布を所持していたことも確認されています。

また、頭も丸刈りになっており、どうやって坊主頭にしたのかも気になるところですよね。

そこで今回は、こういった疑問に対して、現在わかっている樋田容疑者の情報をもとに考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

樋田淳也はどうやって生活し、山口へ逃げた?

樋田淳也

まずは、樋田容疑者の足取りを振り返ってみましょう。

8月12日に富田林署から逃走した樋田容疑者は、富田林署のすぐ近くで自転車を盗み、移動したと考えられています。

そしてその2日後から、黒色のミニバイクに乗った男のひったくり事件が相次いで発生しました。

14日夜~15日夜にかけて大阪市東住吉区や生野区などで、黒っぽいスクータータイプのバイクを使ったひったくり事件が相次いだことが分かった。樋田容疑者の実家近くで盗まれたのも黒のミニバイクだったことから、捜査本部は樋田容疑者との関連を捜査している。

 捜査関係者によると、樋田容疑者は12日夜の逃走直後、富田林署のすぐ近くで赤い自転車を盗み、隣接する羽曳野市内まで北上したとみられている。自転車は羽曳野市内の路上で乗り捨てられていた。

(引用:産経WESTより)

もしこの犯行が警察の睨んだ通り樋田容疑者の犯行であると考えると、ひったくりによって目下の生活資金を稼いでいたと考えて間違いなさそうです。

そして次に樋田容疑者が考えるのは、容姿や服装を変えることでしょう。

服装を入手する方法で一番簡単なのは、干してある洗濯物も盗むことや、空き巣に入って衣類を盗むこと。

樋田容疑者は以前、窃盗を繰り返していたため、これらのことは容易だったと考えられます。

その後、大阪府羽曳野市でこちらの自転車を盗難し、移動手段に使用していました。

樋田淳也自転車

 

また、樋田容疑者が逮捕される前日、別の「道の駅」で、弁当を万引きした映像が確認されています。

大阪府の富田林警察署から逃走し、9月29日に逮捕された樋田容疑者とみられる男が、逮捕された場所とは別の道の駅で万引きをする姿が、防犯カメラに映っていたことがわかった。

サングラスをかけ、道の駅の中を物色する男。
逮捕の前日の樋田淳也容疑者とみられる。

山口・上関町の道の駅で、たこ飯を手に取り、防犯カメラに背を向け、戻った時には、手元からなくなっていた。
店によると、男はこのとき、たこ飯やカツサンドなど1,800円分を万引きしたという。

(引用:Yahooニュース)

つまり樋田容疑者は、万引きを繰り返しながら、食べ物を確保していた可能性が高いと考えられます。

また、驚くべきことに、樋田容疑者は万引きした店の前にテントをはって、野宿していたのです。

ご丁寧にお店に許可までとったとのことで、樋田容疑者の大胆な性格が窺えますよね。

【関連記事】

【画像】樋田淳也が日焼けし別人に。同伴者・東浩司容疑者(無職44歳)も逮捕!

樋田淳也は、どうやってお金を得ていた?

樋田容疑者がお金を得ていた方法ですが、ひったくり以外にもう一つ方法があるようです。

樋田淳也

これまた大胆なことに、樋田容疑者は自転車で日本一周をする旅人を装っていたようなのです。

旅先で会う人には「仕事は休職中」と嘘をつき、乗り切っていたことがわかっています。

そして、樋田容疑者のバッグにはこのような張り紙が・・・!

樋田淳也

文字をよく見てみると、

行くぞ!日本一周中 和歌山発 お助けお願いします

と書いてあります。

つまり、旅先で出会う人から何かしらの支援を受けていた可能性もあるということですね。

現金までもらっていたかは定かではありませんが、仲良くなった人から食事などを御馳走されることはあったかもしれません。

樋田容疑者は、こういったところからも生活の糧を得ていた可能性が高いと考えられます。

【関連記事】

【比較】樋田淳也の手紙の字がクセが強いが上手いと話題!子供の頃の字は?【画像】

スポンサーリンク

服やスマホはどうやって調達した?丸刈りにした方法とは?

服の調達方法

服に関しては、前述した通り、逃走直後は空き巣に入るなどして盗難したものを見につけていたと考えられますが、その後着替えた可能性が高いですね。

というのも、樋田容疑者は逃走2日後、兵庫県の尼崎に住む友人に、以下のような置き手紙をしていることがわかっています。

逃げ続けるか捕まるか迷っている

この時点では、樋田容疑者は逃走することにためらいがあったと考えられますよね。

しかし日本一周旅行中の格好は、どこからどう見ても吹っ切れている(迷いがない)ように見えます。

事実樋田容疑者は、旅先に出会った人に「必ず日本縦断を達成してみせます!」と高らかに宣言していたようですから(笑)

この時の格好は、どこからどう見ても旅をすることを決めてから調達した服と考えられます。(よく見ると、時計までつけていますね)

樋田淳也

こちらについても盗難の可能性は高いですが、ひったくり直後などでお金に余裕があった場合は、お店で買った可能性も十分考えられます。(万引きをした店でも堂々と店員と話をしていたので、最近は店に入ることの抵抗はなかったと考えられます)

また、個人的に濃厚だと考えているのは、旅の途中で出会った人からもらったという線。

樋田容疑者は旅先で出会った44歳の男性と一緒に旅行をしていたようですので、コミュニケーション力の高さは織り込み済み。

人と仲良くなって、物を譲り受けていても何ら不思議ではありません。

スマホの調達方法

スマホ

樋田容疑者は、逮捕時スマホを所持していたことがわかっています。

こちらも衣類と同様、盗難という線も考えられますが、現時点でスマホが盗難であったという報道は出ておりません。

自転車が盗難であったという報道はすぐに出ましたので、それを踏まえるスマホが盗まれたものであったというのは、現時点ではなさそうですね。(もしそのような報道が出ましたら、後日追記いたします)

それにスマートフォンの場合、紛失した際に位置情報を特定できたり、クラウドに繋がっている場合、手元にスマホがなくてもネットで悪用されていないかを調べることができる機能があります。

これらの機能があるスマホを盗むことは、樋田容疑者にとって、リスク以外の何物でもないでしょう。

スマホの契約といえば、一般的に本人確認をしないと購入できないと言われています。

しかし調べてみたところによると、身分証明書なしにスマホを入手できる方法があるようですね!

それは、中古品やSIMフリーのスマホ本体だけの場合。

樋田容疑者が身分証明書を提示したことはまず考えられませんので、スマホはこういったものを入手した可能性が高いといえるでしょう。

丸刈りにした方法

樋田淳也

丸刈りにする方法といえば、バリカンを使用するのが一般的ですが、調べてみたところによると、ハサミでも可能のようですね!

ハサミだけでしたら空き巣に入ればどこの家でも置いていますし、容易に入手可能だったことでしょう。

また、樋田容疑者は旅先で出会った人やお店の人とフレンドリーに話す姿が多数目撃されています。

変装してお店で購入(お金があれば)したり、万引きをしてバリカンやハサミを入手した可能性も十分考えられます。

【追記】

樋田容疑者の持ち物から、バリカンが発見されました。

そのため、丸刈りをするのに、バリカンを使ったので間違いありませんね!

同行者の男性によると、樋田容疑者は金遣いが荒かったとのこと。

ひったくりなどでお金に余裕があれば、バンバン使っていたようです。

一方でお金がない場合は、ひったくりや万引きでしのいでいたと考えられます。

バリカンの入手方法については、購入、万引き、空き巣いずれかの方法で入手したと思われます。

スポンサーリンク

【関連記事】

【画像】樋田淳也が日焼けし別人に。同行者・東浩司容疑者(無職44歳)も逮捕!

まとめ

今回は、樋田淳也容疑者が逃走後どのように生活していたのか、お金はどのように得ていたのかについて、現在の報道内容をもとに考察してみました。

服やスマホの入手方法は、自身で購入した可能性もありますが、万引きや人からの支援による可能性が高いと個人的には考えます。

また、丸刈りにした方法も、ハサミやバリカンを入手し、自分でやったのでしょうね!

また新しい情報が入りましたら、都度追記いたします。

【関連記事】

【画像】樋田淳也(ひだじゅんや)の卒業アルバム(卒アル)&文集を公開!子供時代はどんな子供?

 


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です