【画像】樋田淳也が日焼けし別人に。同行者・東浩司容疑者(無職44歳)も逮捕!

樋田淳也




9月29日の夜、富田林署から逃走していた樋田淳也容疑者が、山口県内で確保されました。

樋田容疑者は、大阪府羽曳野市で盗んだ自転車で行動していたと見られています。

逮捕をうけて、樋田容疑者と三週間もの間行動をともにしていたとみられる男性の存在が浮上しました。

この男性は一体誰で、どのような経緯から一緒に行動していたのでしょうか?

顔写真があるかについても調べてみました。

スポンサーリンク

樋田淳也(ひだじゅんや)逮捕時が日焼けし別人に!

樋田容疑者逮捕にいたるまでの、逃走経緯と警察の調査内容を確認していきます。

逃走経緯

(出典:毎日新聞)

9月29日逮捕時の経緯ですが、樋田容疑者は、山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」で万引きしたところを、現行犯逮捕されています。

詳しい経緯は以下の通りです。

29日午後5時56分ごろ、周南市の道の駅「ソレーネ周南」。管理する周南ツーリズム協議会などによると、万引きを疑った私服の女性警備員が丸刈りの男に声をかけた。商品を服の中や手に持って店の外に出ようとしたため、「会計がすんでませんよね」と声をかけた。大阪府警によると、この際に「何するんか、離せ」と言ったという。

 男の脇にはロードバイクタイプの自転車。後部の荷台には、釣りざおや傘など、大量の荷物がくくりつけられていた。顔は日焼けし、目は充血。着衣は長袖、長ズボンで、青いウィンドブレーカーのようなものを着て、黒いキャップをかぶり、黒いリュックサックを持っていた。

(引用:朝日新聞)

肌は日焼けしており、別人のようになっていることも話題となっています。

樋田淳也 樋田淳也 樋田淳也 樋田淳也

ちなみに、逃走前の写真がこちらです。

樋田淳也

日焼けしたのはもちろんのこと、頭も丸刈りになっていますね…。

丸刈りにしたのは、逃走するために容姿を変えようと思ったためでしょう。

日焼けについては、夏場の暑い時期に寝泊まりする場所がなかったことと、自転車で移動していたためでしょうね。

樋田容疑者は、加重逃走容疑で逮捕されました。

加重逃走罪とは?

裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、暴行若しくは脅迫をし、又は二人以上通謀して、逃走したときは、3か月以上5年以下の懲役に処せられる(刑法第98条)

(引用:Wikipediaより)

樋田淳也(ひだじゅんや)の移動手段

樋田容疑者は、前述した通り、自転車で移動していたようです。

富田林署から逃走直後、樋田容疑者が使用したと思われるバイクが大阪府内で発見されていますが、バイクを乗り捨てた後は自転車で移動していたんでしょうね。

樋田淳也自転車

こちらが、実際に樋田容疑者が移動に使用していた自転車です。

この自転車は、大阪府羽曳野市で盗難されたものであることが確認されています。

また樋田容疑者は、約3週間前から愛媛県で知り合った男(無職・44歳)と行動をともにしていたようです。

大阪府警富田林署から逃げたとして30日に加重逃走容疑で再逮捕された樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者(30)が約3週間前、住所不定の無職男性(44)と愛媛県内で知り合い、一緒に自転車旅行をしていた疑いがあることが、府警への取材で明らかになった。府警は、この男性と行動をともにすることで、発覚を免れようとしていた可能性があるとみている。

(引用:毎日新聞)

樋田容疑者は、共犯者がいる可能性があるとはされていたものの、一人で行動している可能性が高いと考えられていました。

そのため、この男性と行動をともにすることで、逃走確率を上げようとしたことが予想されます。

男性は調べに対し、

1人で旅をしたかったが、勝手についてきてうっとうしかった。

と供述していています。

【関連記事】

樋田淳也どうやって生活し山口へ?お金や服・スマホの調達法や丸刈りにした方法とは?

スポンサーリンク

樋田容疑者の同行者の男性(44歳・無職)を逮捕

こちらの44歳の男性ですが、樋田容疑者逮捕後、まもなく逮捕されています。

樋田容疑者の逃走に協力したためかと思われますが、そうではないようです。

男性は調べに対し、一緒に行動していた男が樋田容疑者だと気づかなかった」と話しています。

この供述は、おそらく本当でしょうね。

樋田容疑者がもしこの男性に自分が逃走犯だということを話せば、警察に突き出されるリスクもありますし、何より一緒に行動することはできなくなる可能性が高いためです。

警察も、この男性が樋田容疑者逃走に協力した可能性は低いと見ています。

ではなぜ、逮捕されたのか?というのが気になるところです。

男の逮捕容疑は、占有離脱物横領容疑です。

東容疑者の逮捕容疑は、7月下旬から8月上旬までの間に、和歌山県橋本市内に放置されていた大阪府高槻市の販売員男性(25)の自転車1台を横領したというもの。

(引用:朝日新聞デジタル)

なんでも、和歌山県内に放置されていた自転車を使用して日本一周の旅をしていたようです。

和歌山県で自転車が壊れて、新しい自転車に乗り換えたのか、初めから盗難自転車で旅をしていたのかは不明です。

ネットでは「盗難した自転車で旅行するなよ」という声が上がっていますが、本当その通りですよね。

樋田容疑者逮捕時の所持金が280円で、男性も自転車を盗んで行動していたことから、男性も相当お金に困っていたのではないかと考えられます。

というのも、樋田容疑者が道の駅に入っていった後、なかなか戻ってこなかったため、男性はそこから一度離れたそうです。

普通、戻ってこなかったら探しに行きますよね。

そのため、男性は樋田容疑者が万引きをしようとしていたことを知っており、「戻ってこなかった=万引きで捕まった」と考え、逃走をはかった可能性がありますね。

樋田容疑者の同行者の男性は誰で顔写真や画像は?

樋田容疑者と行動をともにしていた男性の名前は、東浩司容疑者です。

名前:東浩司
年齢:44歳
職業:無職
住所:不定
盗難自転車で日本一周旅行中

プロフィールだけを見ると、なんだかどうしようもない人に思えますね。

気になるこの男性の顔写真を探してみたのですが、どこにも出回っていないようです。

SNSなどでも、情報がありませんでした。

こちらについては、写真が確認できましたらご紹介いたします。

樋田淳也(ひだじゅんや)の逮捕時の様子

樋田容疑者は、逮捕後、周南署に連行されています。

周南署

そこで以下のような供述をしています。

「名前や住所、年齢などは言いたくない。財布を取りに行こうとしただけで、万引きはしていない」と容疑を否認している

(引用:JNN)

財布を取りに行こうとしたと供述していますが、樋田容疑者が持っていた現金は280円のみ。

万引きしようとした餅1袋、菓子パン、ローストンカツ、缶コーヒー、紅茶合計1,053円で、払えるはずもありません。

しかも、お腹(洋服の下)に商品を隠し持っていたのですから、万引きしたことに間違いありませんよね。

樋田容疑者は窃盗容疑の取り調べ後、加重逃走の取り調べのため30日午前4時21分に大阪に移送されています。

その後の調査で、樋田容疑者は黙秘をしているとのことです。

スポンサーリンク

まとめ

樋田容疑者は、50日近くにも及ぶ逃走劇で、日焼けをし別人になっていました。

手配時の写真と違いすぎて、これでは誰も気づかないのも納得してしまいますよね。

また、移動手段は盗難した自転車ということで、3週間前に愛媛県知り合った男性(無職・44歳)と行動をともにしていたもわかりました。

逃走するために、坊主にしたり、男性と行動をともにしたりと、色々な工夫をされていたようですが、最後は万引きして逮捕というなんともあっけない終わり方でしたね。

この同行者の名前は東浩司容疑者で、自転車で旅行中だったということもわかっています。

逮捕後の様子も、反抗的な態度をとったり黙秘をするなど、まだまだ事件の全貌解明には時間がかかりそうです。

【関連記事】

【比較】樋田淳也の手紙の字がクセが強いが上手いと話題!子供の頃の字は?【画像】

【画像】樋田淳也(ひだじゅんや)の卒業アルバム(卒アル)&文集を公開!子供時代はどんな子供?


スポンサーリンク




1 個のコメント

  • 樋田容疑者 親族 家族のことを よく考えてない 両親 兄弟の生活のこと 考えるべきだ親不幸するな腹立つ。 家族が、かわいそう 職場へも 学校へも 行きづらくなる。 近所のおつきあいも できない 罪を重ねてバカ息子 社会に 出てこなくてよいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です