仮想通貨取引所・Zaif(ザイフ)のハッキング事件の犯人は誰?日本人?犯人特定か!

テックビューロが運営する仮装通貨取引所・Zaif(ザイフ)は、9/20ハッキング被害を受け、仮想通貨の一部が流出したことを公表しました。

被害額は約67億円相当と見られており、Zaifは金融庁や捜査当局に報告するとともに、現在詳しい原因や調査を急いでいます。

仮想通貨流出といえば、記憶に新しいのがコインチェック社の事件。

流出額600億円近くといわれ、連日報道されていたものの、結局犯人を特定するには至りませんでした。

そこで今回は、Zaifのハッキングを行った犯人は誰なのか?ということについて調査してみました。

スポンサーリンク

Zaif(ザイフ)ハッキング事件の経緯と概要

同社のよると、9月14日頃から仮想通貨の入出金サービスに不具合が発生したとのこと。

17日にサーバ異常が検知され、18日にハッキング被害を確認しました。

Zaifはホームページにて、以下の通り発表しています。

Zaif発表(出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html)

18日にはハッキング被害が判明していたにも関わらず、公表が20日になったことに対して、ネットでは隠蔽疑惑も浮上しています。

意図的に隠蔽しようとしたと言われればそれまでなのですが、公表する準備等に時間がかかったのでは?と個人的には思います。

もちろん、公表が遅れるということは、それだけ顧客に損害を与える可能性が高くなるわけなので、許されることではないですが。

ハッキングを受けたのは、入出金用のホットウォレットを管理するサーバです。

ホットウォレットとは?

インターネットに接続されている仮想通貨の電子ウォレットクライアント。遠隔操作や高頻度の入出金に向く分、不正アクセス時の資産保護に弱い。対して、秘密鍵がインターネットから分離されているウォレットを「コールドウォレット」という。物理的に秘密鍵が分離されているため、不正アクセスに強いと言われている。

ハッキングが行われた日時については、14日17時頃~19時頃。

不正アクセスにより、仮想通貨の「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」が外部へ不正送金されました。

詳細なハッキングの手法については、現時点で調査中であることや同手口での犯行予防のため、Zaifは「公表を差し控える」とコメントしています。

被害額の詳細については現在確認中とのことですが、ビットコインのみ被害額が判明しているようです。

その額にして、5966BTC!

現在1BTCあたり約72万円なので、総額として43億円と、流出した仮想通貨のうち、約65%がビットコインということになりますね!

Zaifは、二次被害防止のためサーバの稼働を現在停止しており、「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」の被害額は確定できないとしています。

また、流出した流出した仮想通貨のうち、同社の資産が約22億円残りの約45億円が顧客の資産ということです。

気になる顧客への補償については、同社はフィスコとの支援契約により50億円を提供してもらい、顧客の財源確保に充てると発表。

また、カイカとも支援契約を締結し、セキュリティ向上のための技術支援を受けるとのこと。

サーバの再稼働や、顧客への返金(補償)については、これからだということです。

スポンサーリンク

Zaif(ザイフ)ハッキング事件の犯人は誰?日本人ではないとの噂も

そこで気になるのが、Zaifをハッキングしたのは誰かということです。

67億円もの仮想通貨をハッキングによって盗めるのですから、犯人は相当な専門知識を持っていると思われます。

そこで調べてみたところによると、犯人はどうやら日本人ではないとの噂が浮上しています。

というのも、海外サイトが犯人のビットコインアドレスを追跡しているようなのです!

(コインチェック社のハッキング事件の際も同様に、ビットコインアドレスの追跡が行われていました)

そこで、Zaifへハッキング攻撃をしたハッカーと思われるビットコインアドレスが見つかりました!!

それがこちら。

ハッカーのビットコインアドレス

こちらが犯人と思われている理由は以下の3つが挙げられます。

根拠

  1. 5966BTCに近い5966.1BTCの受取額が記録されている
  2. Zaifがハッキングを受けたとされる14日に複数回に分けて送金されている
  3. ビットコインがこのウォレットに着金していることが確認されている

うーーーん、断定こそできないものの、これらを見る限りかなり黒に近いのではないでしょうか?

そして現在までに、このウォレットに入っていた全てのビットコインが他のウォレットに複数回に分けて送金されているのです!

Zaifから流出したと思われるビットコインは既にこのウォレットがタグ付けをされ、ハッキング後のトランザクションマップが作成されるなど、現在も継続した追跡が行われています。

そしてこの犯人と思われる人物が、海外掲示板に現れたというのです!

海外掲示板ということは、犯人は外国人?

もちろん日本人が書き込んでいる可能性も0(ゼロ)ではありませんが、自然に考えると犯人は外国人の可能性が高いと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ハッキング被害により、Zaif(ザイフ)では約67億円相当の被害が出ています。

「犯人は日本人ではない」との説も浮上しており、現在調査継続中です。

コインチェック社の時から、仮想通貨取引所のセキュリティ面について取り沙汰されたり、金融庁による調査が繰り返し行われていたにも関わらず、このような事態になってしまい、残念でなりません。

しかし、起こってしまったものは仕方ありません。

再発防止に努めていただくとともに、一刻も早い犯人の特定と、顧客への補償を期待しています。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です