【炎上動画】ゆたぼんの不登校理由や親の職業は?兄弟や長女の現在がヤバイ!

ゆたぼんの炎上動画




ゆたぼんこと中村逞珂くんのYouTube動画が炎上しています。

ゆたぼんは、「不登校は不幸じゃない」というメッセージとともに、様々な動画をアップしているのですが、動画を見た方から、批判が高まっているのです。

そこで、ゆたぼんのYouTube動画や不登校理由をご紹介するとともに、親の職業や兄弟(長女の現在)についても調べてみました。

スポンサーリンク

ゆたぼん(中村逞珂)プロフィール

ゆたぼんの年収はいくらゆたぼん
本名:中村逞珂(なかむら ゆたか)
年齢:10歳
出身地:大阪府
現住所:沖縄県

ゆたぼん(中村逞珂)の炎上YouTube動画

炎上している動画がこちらです。

「不登校は不幸じゃない!」という強いメッセージとともに、ゆたぼんが自身の考え方を主張しています。

この動画は2019年5月現在20万回以上再生されていますが、1.4万人の方が動画に「悪い評価」を付けており、ネットでは炎上する事態となっています。

スポンサーリンク

ゆたぼん(中村逞珂)の不登校理由は?

ゆたぼんの不登校理由は親の影響

ゆたぼんが不登校になった理由は何なのでしょうか?

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは、小学校3年生の時。

今から約1年ほど前(2018年)になります。

学校で出された宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にやらされて、不満を抱いたことがきっかけだといいます。

ゆたぼんによると、担任の先生の言うことを聞く同級生がロボットに見えたということで、このまま学校に通っていたら「俺までロボットになってしまう」と思ったのが不登校になった理由だそう。

驚きの理由ですが、ゆたぼんは現在でも「学校は行きたい時に行く」というスタンスを貫いており、『新しい生き方』として新聞にも取り上げられています。

ゆたぼんの不登校理由

しかし、これに危機感を抱いたのは、YouTube動画を見た大人たちです。

  • ゆたぼんが有名になるにつれて、ゆたぼんに影響される子供が現れるのではないか
  • ゆたぼんの将来が心配

などの声が多く上がっています。

また、ゆたぼんが「親のロボットになっているのではないか」と懸念する声も。

不登校が良いか悪いかは置いておいても、ゆたぼんが学校に行かないのは、少なからず親の影響もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ゆたぼん(中村逞珂)の両親の職業は?

かなり独特な考え方を持ったゆたぼんですが、両親がどんな方なのかや職業が気になるところです。

そこで、ゆたぼんの父親と母親について調べてみました。

ゆたぼん父親:中村幸也(なかむらゆきや)さん

ゆたぼんの父親(出典:http://www.810.co.jp/author/nakamura-yukiya.html)

ゆたぼんの父親・中村幸也さんは、大阪府出身で、現在はカウンセラーとして働いています。

主なカウンセリング内容
  • 心理カウンセラー
  • あきらめる生き方の専門家
  • 禁煙カウンセラー

中村幸也さんは、中学時代はかなりのやんちゃ坊主だったようで、盗んだバイクでグラウンドを走り回ったり、タバコを吸ったりしていたようです。

その後、暴走族の副総長となり、恐喝や窃盗、傷害事件を起こしています。

麻薬や覚醒剤に手を染めたこともあったということで、かなり荒んでいたことがわかりますよね。

しかしその後、体調を崩し、一念発起して働くことを決意。

独学で勉強して大検を取得し、パソコンスキルや営業のスキルを身に着けます。

その後、自身の経験を活かしてカウンセラーや本の出版などを行っています。

 

ゆたぼんの母親:きよみんさん

ゆたぼんの母親

ゆたぼんの母親は、「きよみん」というハンドルネームで活動されています。

きよみんさんは、17歳で長女を出産すると、ゆたぼんを含め5人のお子さんのママをされています。

お子さんが多かったため、昔はとにかく子育てが忙しかったようですが、現在は少し落ち着いて、名刺や広告のデザインをするという夢を見つけて頑張っておられるようです。

デザインも、DTPデザインの専門学校で本格的に学ばれたということで、非常に向上心が高い方だということがわかりますよね。

ゆたぼんの父である中村幸也さんもその夢を応援していると、以前ブログでコメントされていました。

夫婦ともにとても活動的なのがわかりますよね。

スポンサーリンク

ゆたぼん(中村逞珂)の兄弟構成は?

ゆたぼんには、4人の兄弟がいます。

一年前(2018年)に他の兄弟と一緒に大阪から沖縄に移住していますが、長女(中村あいりさん)だけは自立する道を選択して大阪に残っているようです。

その経緯について、中村幸也さんは自身のブログで以下のように説明しています。

昨年の九月に沖縄旅行へ行き、子どもたちと沖縄サドベリースクールを見学し、家族みんなで「沖縄に住みたい」となり、その為に家族で頑張って来ました。

最初は長女も行くと言っていたのですが、四月になって急に行かないと言い出し、自立すると言って先月家を出ました。

それまでは長女をメインにして計画を練り、兄妹も凄く頑張ってきたのですが、長女が途中で投げ出した為、すべての計画を白紙に戻す事に・・・。

予定していたクラウドファンディングも中止し、再度、長女以外の家族六人で一から計画を練り直しました。

もともとは今の生活基準を保ったまま沖縄に引っ越したいと考えていましたが、「引っ越せるならなんでもいい」という意見で一致したので、そうする事にしたのです。

わがままで贅沢な長女が抜けた事で、家族会議もスムーズに進み、まずは家の中にあるほとんどの物を処分する事にしました。

(引用:https://ameblo.jp/yukiya-happy/entry-12383508104.html)

かなり厳しく長女のことを非難していますよね。

長女も以前はユーチューバーとして活躍していましたが、この頃を境に更新がぱったりなくなっているのも気にかかります。

長女は現在18歳と言われていますが、その歳で親元を離れ、一人で生活することは大変だと思います。

父親からこのような批判をされて、とても傷ついているのではないかと心配です・・・。

 

また、ゆたぼんが批判される理由の一つに、家庭の金銭事情があります。

中村幸也さんは引っ越しの際、ブログで以下のようなコメントをされています。

大阪から沖縄へ家族六人で引っ越すとなると、本来なら引っ越し費用だけで最低でも三十万は必要です。

しかし、九割を手放し、配送業者を上手く使った事により、十万円以内でおさまりました。

そして引っ越し先の家の間取りも、今の半分の間取りにしたので、家賃も今の半分です(笑)

この辺も長女以外の子どもたち四人が、納得してくれたおかげです。

随分とバタバタしましたが、家族六人で協力しあいながら、楽しんで今日を迎える事ができました。

(引用:https://ameblo.jp/yukiya-happy/entry-12383508104.html)

5人のお子さんを育てているということもあり、家庭に余裕はないのかもしれません。

こういった家庭の金銭事情も背景にあり、「長女が抜けたことで、ゆたぼんをユーチューバーとして働かせているのではないか?」と批判が集まる結果となっているのです。

このような批判の中、中村幸也さんは自身のTwitterで以下のようなツイートを引用し釈明。

中村幸也さん自身は、ゆたぼんの教育方針について自由にさせるということを大切にしているということがわかりますよね。

スポンサーリンク

まとめ

ゆたぼんのYouTube動画や不登校理由について説明しました。

ゆたぼんは、

  • 宿題をやりたくないこと
  • 担任の言うことを聞いている同級生がロボットに見える

などの理由から、自ら学校に行かないことを選択しています。

父親である中村幸也さんも、そういったゆたぼんの生き方を尊重しているようです。

心理カウンセラーを職業にしている中村幸也さんですので、子供の教育方針には自信を持っておられるのかもしれませんね。

一方で、

  • 家族が長女をのけものにしている
  • 10歳のうちからユーチューバーとして動画に出演させる

ということに疑問を持つ方も多く、ネットでは炎上する事態となっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です