ジャニー喜多川が性犯罪者は真実?内容や被害者は郷ひろみ・滝沢・嵐・SMAP?

ジャニー喜多川の性犯罪者の被害者は郷ひろみ、嵐、SMAP




『最も多くのコンサートをプロデュースした人物』としてギネスにも登録され、2019年7月9日にお亡くなりになられたジャニー喜多川さん。

そんなジャニー喜多川さんについて調べていると、「性犯罪者」という言葉を頻繁に目にします。

これは真実なのでしょうか?

もし真実なら、その内容や被害者は誰なのか気になるところです。

そこで今回は、ジャニー喜多川さんが性犯罪者なのは真実なのかやその内容、被害者が郷ひろみさん、滝沢秀明さん、嵐、SMAPという噂は本当なのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川が性犯罪者は真実?

ジャニー喜多川、性犯罪者の内容

ジャニー喜多川さんといえば、日本一のアイドル帝国を創り上げたことで有名です。

一般人のみならず、業界からも一目置かれる存在でした。

そんなジャニー喜多川さんがなぜ性犯罪者と言われているのかというと、ジャニーズJr.たちに対して、ジャニー喜多川さんが実際に性的虐待をしていたとして裁判になった際、裁判所が性的虐待に関する主要部分を認めたためです。

ことのきっかけは、1999年にジャニー喜多川さんの性的虐待や同性愛を『週刊文春』が報じたことが始まりです。

ちなみに1999年は、ジャニー喜多川さんの少年愛以外にも、

  • ジャニーズJr.たちに合宿所での飲酒や喫煙を認めていること
  • 関西出身のジュニアたちを冷遇していること
  • マスコミもジャニーズ事務所を恐れ、追従していること

など、週刊文春は10回以上にわたって、ジャニーズ事務所を糾弾する内容を報じています。

04年2月、99年に一大キャンペーンでジャニー氏のホモセクハラや児童虐待を告発した『週刊文春』(文藝春秋)をジャニーズ事務所とジャニー氏が提訴して始まった裁判に決着がついていた。

 裁判の中では、実際にジャニー氏のホモセクハラを受けてきたという元ジャニーズJr.のメンバーが証言台に立ち、法廷でジャニー氏と直接対決したことが、当時、大きな話題となった。

(引用:https://www.cyzowoman.com/2018/08/post_199702_1.html)

こういった週刊文春の告発に対して、記事が名誉毀損にあたるとして、ジャニーズ事務所は週刊文春に対し1億円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしました。

その結果、第一審ではジャニーズ事務所の勝訴となったものの、第二審では性犯罪行為があった事実が認定されました。

当然これに対してジャニーズ事務所は上告。

しかしこれが棄却され、裁判所は性犯罪行為に関する週刊文春の記事の主要部分を事実上認めた形となっています。

スポンサーリンク

ジャニー喜多川の性犯罪の内容は?

一連の裁判沙汰によって、ジャニー喜多川の性犯罪が明らかになりましたが、その内容はどのようなものだったのでしょうか?

この内容については、2005年に光GENJIの候補メンバーであった木山将吾さんが暴露本を出版しています。

「僕はジャニー喜多川の愛人だった…」という衝撃的な帯のキャッチコピーもさることながら、書籍では、ジャニー喜多川さんの行った数々の過激な行為が綴られています。

ジャニー喜多川が性犯罪者なのは真実

暴露本では、このような内容が語られています。

合宿所では、ジャニー氏と一緒に風呂に入ることとなり、並みのソープ嬢以上に全身をくまなく丁寧に洗われる“泡風呂の儀式”と入念なマッサージを受け、木山氏の頰にキスをしてきたという。

 

また、2002年2月号の『噂の真相』という月刊誌にも、ジャニー喜多川さんが性犯罪を行ったとされる内容が詳しく記述されています。

証言者のひとりであるA君は仕事で夜遅くなり、電車がなくなったとき、他のジュニア数人と“合宿所”と呼ばれるジャニー社長の自宅である六本木の高級マンションに宿泊した。そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。

A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。普通に触ってきた。ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。

もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。

(引用:『噂の真相』(2002年2月号))

スポンサーリンク

ジャニー喜多川の性犯罪の被害者は郷ひろみ・滝沢秀明・嵐・SMAP?

ジャニー喜多川の性犯罪の内容

ジャニー喜多川さんの性犯罪の被害者には誰がいるのでしょうか?

前述した通り、被害者は20歳になる前のジュニアたちです。

こちらについて調べてみましたが、裁判で明らかにされた実名などは、現在どこにも記載されていません。

噂として挙がっているのは、

  • SMAPの候補生だったジュニア
  • 郷ひろみさん
  • 滝沢秀明さん

などです。

しかしこれらはあくまでネットで噂されていることですので、本当なのかどうか、その真偽については明らかにされていません。

参考に、暴露本一覧をご紹介します。

1988年『光GENJIへ』(データハウス)北公次・元フォーリーブス
1989年『ジャニーズの逆襲』(データハウス)中谷良・元ジャニーズ
1996年『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)平本淳也・SHADOWの元メンバー
1997年『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)豊川誕
2005年『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)木山将吾・光GENJIの候補メンバー

スポンサーリンク

まとめ

ジャニー喜多川さんが性犯罪者は真実なのかや、その内容についてご紹介しました。

事の発端は週刊文春がジャニーズ事務所の内情を報じたことに始まり、結果的に裁判所は性犯罪行為に関する週刊文春の記事の主要部分を事実上認めた形となっています。

被害者については、郷ひろみさんや嵐、SMAPの候補生などが挙がっていますが、こちらは噂レベルでしかありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

【画像】ジュリー喜多川のお気に入りは誰?関西嫌いで関ジャニ∞どうなる?


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です