御堂筋イルミネーション2018の期間はいつまで?見どころや混雑状況予想、口コミも

御堂筋イルミネーション

ハロウィンが終わると次はクリスマスですね?

クリスマスといえば、イルミネーションが楽しみな季節です!

大阪で毎年開催される人気のイルミネーションの一つが『御堂筋イルミネーション』です。

ギネスに認定されるほど長いイルミネーションということでも有名で、毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そこで、2018年の御堂筋イルミネーションの期間はいつまでなのかや、見どころ、口コミ(感想)を調べてみました。

また、混雑状況についても毎年の傾向を踏まえ予想していきます。

スポンサーリンク

御堂筋イルミネーション2018とは?

御堂筋イルミネーション

大阪市内の中心部にあるメインストリート「御堂筋」の街路樹には約970本のイチョウが植えられています。

秋頃には黄色で覆われたイチョウ並木を楽しめるのですが、冬になるとそこにイルミネーションで彩られます。

これが「御堂筋イルミネーション」です!

イベントが始まった当初は淀屋橋から中央大通の約1.2kmでしたが、年々その距離が長くなり、現在は梅田~難波約4kmにわたってのイルミネーションになっているのですから、すごいですよね。

この長さは世界トップクラスで、2015年にはギネスにも認定されており、同イベントは2018年に10年目を迎えます!

そんな壮大な光の祭典である「御堂筋イルミネーション」ですが、毎年コンセプトが異なっており、その都度演出も違うのはご存知でしょうか?

2018年のコンセプトは、”流(る)”で、光の川に見立てて「流れる光」を演出しています。

流

「これまでにない動きのあるイルミネーション」となっているとのことですので、今からワクワクしてしまいますね?

PR動画を見つけましたので、ご紹介いたします。

御堂筋イルミネーション2018の期間はいつまで?

御堂筋イルミネーション

そんな素敵なイルミネーションなら、ぜひ見てみたいものですよね。

行かれる予定の方は、期間がいつまでなのかしっかりチェックしておいてくださいね。

期間:2018年11月4日(日)~12月31日(月)

点灯時間:17:00 ~ 23:00

開催期間は58日間と、イルミネーションイベントの中ではかなり長い方なのではないでしょうか?

本格的に寒くなる前に行くもよし、クリスマスに恋人と行くもよし!ですね♪

御堂筋イルミネーション2018の見どころ(見所)は?

4kmにわたってイルミネーションがあると言われると、どこを見て良いか悩みますよね。

本格的に寒くなる前でしたら4kmをのんびり歩くこともおすすめですが、「見どころがあるなら知りたい!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、御堂筋イルミネーションの見どころをまとめてみました。

大阪・光の饗宴 2018開宴式

御堂筋イルミネーション

大阪・光の饗宴の開催に合わせて、開宴式が開催されます。

開催日時:11月4日(日) 17:00~19:00

場所は、御堂筋の一部区間(久太郎町3交差点?新橋交差点)一夜限りで開放します!

開宴式の間だけでしか見られない特別企画としてレーザービームショーもあります。

2016年の開宴式の様子を見つけましたので、ご紹介いたします。(※2018年とは内容が異なりますのでご注意ください)

OSAKA光のルネサンス2018

御堂筋イルミネーション

こちらは「光のアートフェスティバル」と呼ばれているイベントです。

注目は、開館100週年を迎える大阪市中央公会堂で行われる公演『ウォールタペストリー・大阪市中央公会堂開館100周年記念公演』

伝統的な西洋建築を思わせる佇まいの公会堂の壁に、幻想的に光るのアートが施されています。

さらに今回は100周年のアニバーサリー記念ということで、特別仕様になっているようです!

開催期間:2018年12月14日(金)~12月25日(火)

開催時間:17:00~21:00

開催場所:大阪市中央公会堂東側正面

※1回の公演時間は現在未定ということですが、観覧は無料で雨天決行です。

中之島イルミネーションストリート

御堂筋イルミネーション

開宴式や光のルネサンスもおすすめですが、個人的にはこちらのイルミネーションが好きです。

こちらは全長約150mのケヤキ並木をイルミネーションで彩っています。

また、この光のトンネルを抜けると様々なプログラムを回ることができ、ここがイルミネーションのメイン会場ともいえる場所ではないでしょうか?

開催期間:2018年12月14日(金)~12月25日(火)

開催時間:17:00~22:00
※演出は21:30まで。1回10分程度)

開催場所:みおつくしプロムナード

光の交流プログラム=台南・光の廟?=

御堂筋イルミネーション

台湾の元宵節を祝う「光の廟?」も見どころの一つです。

ランタン約1,000個に色とりどりの絵が描かれており、幻想的な光のトンネルができています。

ランタンの温かい光と異国情緒あふれる雰囲気を楽しむことができ、台湾のシンガーが演奏するコンサートや台湾旅行のPRイベントも同時開催されます。

開催期間:2018年12月14日(金)~12月25日(火)

開催時間:17:00~22:00

開催場所:中の島公園バラ園(西側一帯)

スポンサーリンク

御堂筋イルミネーション2018の混雑状況予想

御堂筋イルミネーション6

気になるのは、混雑状況ではないでしょうか?

梅田~難波にかけてのイルミネーションは、全長4kmありますので、クリスマスの日を含め、ぎゅうぎゅうで歩けないということはありません。

しかし、イベントのメイン会場である淀屋橋や中之島は、土日や特にクリスマス直前はかなりの混雑が予想されます。

それでも、「何時間も待たないと入れない!」というわけでもなく、普通に入ることはできます。

ただし、クリスマス前はかなり寒くなることが予想されますので、どうしても混雑を避けたい方は平日や早めの時間に行かれることをおすすめします!

ちなみに管理人のおすすめコースは、17時にメイン会場を見て、その後御堂筋イルミネーションを見ながらぶらぶら歩いて、途中のお店でディナー!です。

御堂筋沿いって、おしゃれなフレンチレストランやイタリアンレストランが多いんですよ?

ですので、そこを事前に予約しておいて、イルミネーションを見ながら食事をするというのがおすすめです^^

これから行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

御堂筋イルミネーションの口コミ・感想

最後に、昨年イルミネーションに行かれた方の口コミや感想をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

まとめ

大阪で今年も「御堂筋イルミネーション」が開催されます。

今年のコンセプトは、”流(る)”で、光の川に見立てられた動きのあるイルミネーションが楽しめます。

主な見どころは、以下の4つですが、梅田~難波にかけてのんびり散歩しているのもオススメです。

  • 大阪・光の饗宴 2018開宴式
  • OSAKA光のルネサンス2018
  • 中之島イルミネーションストリート
  • 光の交流プログラム=台南・光の廟?=

イルミネーションの開催期間は11月4日~12月31日までですが、一部イベントによっては期間が異なりますので、ご注意ください。

また、土日や、特にクリスマス直前の淀屋橋や中之島は混雑が予想されますので、暖かくしておでかけくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です