大阪梅田HEPのホラー観覧車はいつからいつまで?口コミ・感想は?【ハロウィン限定】

HEPホラー観覧車

大阪・梅田のHEP FIVEにて、ハロウィン期間限定イベント「史上最恐のHEP FIVE HALLOWEEN」が開催されることがわかりました!

一番の目玉は、なんと言っても観覧車を舞台に繰り広げられるホラー観覧車『怪談車』

地上106メートルの逃げ場のない密室空間で、恐怖の物語が展開されます!

そこで今回は、ホラー観覧車の詳細と、開催期間、実際に乗った方の口コミ・感想をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ホラー観覧車『怪談車』開催期間(いつからいつまで?)

HEPホラー観覧車

開催期間:2018年10月1日(月)~31日(水)

※搭乗時間は、11:00~22:45(最終搭乗時刻)です。

開催期間中、最初の連休(6日~8日)は混雑が予想されます!

ホラー観覧車『怪談車』の詳細

怪談車では、観覧車の外装・内装に様々な演出を施すことで、視覚的に恐怖を感じるよう工夫されています。

また、『千と千尋の神隠し』で主演を務めた柊瑠美さんが声優として参加されるなど、にもこだわっています!

予告ムービーをご紹介いたします。

また、『怪談車』では、2つのストーリーが用意されています。

お好みの方を選んで、搭乗することができます!

「ひとりぼっち編」篇

ひとりぼっち編

【ストーリー】
主人公は、大阪万博が開催された1970年当時、小学5年生の女の子。両親とふたつ年上の兄の家族4人で、地元福岡から大阪にやってきた、とうれしそうに話すが…。その話は実は、彼女の空想だった…。実際には、事業に失敗した彼女の父は蒸発し、母親は自殺、兄は事故死。ひとりぼっちになってしまった女の子は、親類の家に預けられることとなり、ここ大阪へと連れて来られたのである。しかし、それを嫌がった女の子は迷子になり、そのまま行方不明に。女の子は、いまなお幸せだった福岡時代の思い出の中を彷徨っている。

「呪われた神無月」篇

呪われた神無月

【ストーリー】
かつて、10月は神無月と呼ばれていた。八百万の神が出雲大社へ集まり、日本各地から神がいなくなるためである。神無月になった瞬間、ある特定の場所では、異形の者や悪霊が現世へとやってくる。そこは、煩悩渦巻く現世と、深い闇に包まれた異界を結ぶ道。ここHEP FIVEには、その場所がある。それは地上108メートルの場所。唯一の異界へとつながる入り口。この観覧車は、神無月の時だけ、最高到達点が106メートルから108メートルになる。あなたはこの観覧車で、世にも稀な体験をすることになるだろう…

ホラー観覧車『怪談車』の口コミ・感想

 

怖かったという口コミと、全く怖くなかったという口コミ、両極端ですね!

また乗った方の感想を見ていると、2?4時間待ちだったそうで、休日に行かれる方は朝早くに行くか、それだけ待つことを覚悟して行く必要がありそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

大阪・梅田のHEP FIVEにて、ハロウィン期間限定イベント「史上最恐のHEP FIVE HALLOWEEN」が開催されます。

その中でも、ホラー観覧車『怪談車』は一番の目玉となっており、本格的な内装・外装に加え、音にもこだわって作られています。

逃げ場のない観覧車の中でのストーリーということで、他にはない恐怖を味わえるのではないでしょうか?

開催期間は10/1~10/31まで。

ハロウィン期間限定のイベントですので、「忘れてた!」なんてことがないようにしっかり開催期間を確認し、お楽しみくださいね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です