横浜シーサイドライン(新杉田駅)衝突事故!現場の状況や原因、場所はどこ?

横浜シーサイドライン衝突事故の現場の状況(画像)

2019年6月1日午後8時15分頃、横浜シーサイドラインで車両が壁に接触する事故が発生しました。

現場では、けが人が多数いるという情報が入っています。

現場の状況や原因が心配です。

また、場所はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

横浜シーサイドライン衝突事故の現場の状況

事故の現場の状況です。

新杉田駅事故の状況

現場では、乗客約50名のうち、約20名が負傷しており、そのうち2人が重症だということです。

横浜シーサイドライン衝突事故の場所はどこ?

事故が起きた場所は、新杉田駅だということがわかっています。

横浜シーサイドライン衝突事故の原因は?

新杉田駅事故の場所はどこ

神奈川県警察本部や消防に入った連絡によりますと、1日午後8時20分ごろ、横浜市磯子区と金沢区を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で車両が逆走して別の車両に衝突し、けが人が多数出ているということです。

横浜市内を走る横浜シーサイドラインによりますと、午後8時15分ごろ横浜市磯子区の新杉田駅の構内で電車が逆走する事故が起き、複数のけが人がいるということです。

この事故の影響で、午後8時15分から全線で上下線とも運転を見合わせています。運転再開の見込みは立っていないということです。

(引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190601/k10011937771000.html)

事故の原因は、逆走したことで車止めに衝突したことだという情報が入っています。

また、事故が起きた車両は、新杉田駅が始発のものだったようです。

この車両は、運転士のいない無人運転で運行していたということで、事故のさらなる原因について調査が進められています。

スポンサーリンク

まとめ

横浜シーサイドラインで、衝突事故が発生しています。

原因は車両が逆走したことのようです。

現場では、全線の運転が見合わせとなっており、約20名の方が怪我をしたということです。

令和に入ってから悲しい事故ばかりで胸が痛みますね。

怪我をされた方が、一刻も早く快復されることを願うばかりです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です