【画像】岩崎隆一(川崎事件犯人)の顔写真!加害者家族の現在やその後の最新情報まとめ

岩崎隆一(川崎事件犯人)の顔写真

2019年5月28日、神奈川県川崎市で小学生らが襲われた事件で、徐々に犯人についての情報が明らかになっています。

犯人は、神奈川県川崎市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)で、事件後自らの首を刺し、死亡しています。

そこで、犯人の顔写真や、加害者家族の現在など、その後の最新情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

川崎殺傷事件で2名が死亡

川崎事件、加害者家族の現在

事件は、神奈川県川崎市の小田急線登戸駅前で起きました。

犯人の岩崎隆一容疑者は、スクールバスを待っていた小学生ら19人に包丁で次々と襲いかかりました。

死亡が確認されたのは、小学生の女児と、外務省職員の男性(小山智史さん)。

小山さんは、子供を送迎していた時に襲われたようです。

事件後、岩崎隆一容疑者は自らの首を刺し、倒れているところを警察官に確保され、その後死亡が確認されています。

そして同日夜、事件を受け、小学校側は記者会見を開いています。

川崎登戸通り魔事件で小学校が記者会見する理由はなぜ?おかしいの声

また、事件で亡くなられた小山智史さん(39)の妻も、同日夜、代理人を通じてコメントを発表しています。

突然のことすぎて、深い悲しみの中にあります。今は何も考えられない状態です。取材等はお控えくださるようお願いいたします

岩崎隆一(川崎事件犯人)の顔写真!【画像】

川崎事件の犯人・岩崎隆一容疑者の顔写真がこちらです。

岩崎隆一の顔画像

この写真は、中学時代の岩崎隆一容疑者です。

現在の岩崎隆一容疑者の画像については、ネットでは出回っていないようですね。

しかし、岩崎隆一容疑者の近所に住む方によると、最近は白髪が目立つようになってきていたといいます。

また、事件当時はスキンヘッドだったということもわかっています。

51歳という年齢を考えても、中学時代と比べると顔は変わっていると思われます。

スポンサーリンク

加害者(岩崎隆一)家族の現在は?

岩崎隆一(川崎事件)の顔画像

岩崎隆一容疑者は、神奈川県川崎市麻生区に80代のおじおばと暮らしていました。

幼少期に両親が離婚したことから、おじとおばのもとに引き取られていたようです。

おじ・おばには子供(実子)がいるようですので、いわゆる従兄弟と同居するような形だったといいます。

岩崎隆一容疑者は、おじの家から神奈川県川崎市麻生区の公立小学校、公立中学校に通っていました。

そのような複雑な家庭環境から、近所の人は幼少期から岩崎隆一容疑者のことを心配していたようです。

岩崎隆一容疑者の性格については、

  • 他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞく様な変わった子
  • 怒りやすい性格で校内でも頻繁に暴れていた
  • 岩崎隆一容疑者が事件に関わったと聞いても特に驚きはなかった
  • 小学校時代に友人を鉛筆で刺したことがある

などといった証言が出ています。

両親のどちらかではなく、おじとおばに引き取られていることから見ても、岩崎隆一容疑者は「親に捨てられた」という意識が幼少期からあったのかもしれません。

そのような複雑な生い立ちが、岩崎隆一容疑者の人格形成に影響を及ぼした可能性も考えられますね。

岩崎隆一容疑者の家族をまとめると、

  • 実の両親(岩崎隆一の幼少期離婚済み)
  • 同居していた伯父と伯母
  • 従兄弟

ということになります。

加害者家族の現在①両親

岩崎隆一容疑者の両親の現在については、明らかにされていません。

離婚してから岩崎隆一容疑者に面会しているのかどうかも不明です。

岩崎隆一容疑者を引き取ったおじとおばが現在80代ということから、岩崎隆一容疑者の両親が現在も存命かどうかもわかっていません。

こちらについては、情報が入り次第、追記いたします。

加害者家族の現在②おじとおば

岩崎隆一容疑者と同居していたおじとおばは現在80代です。

同居していたものの、普段から会話することはなかったといいます。

仕事もしていなかったいわゆる「無職」の岩崎隆一容疑者は、家に引きこもりがちだったようですね。

川崎市などによると、2017年から今年1月にかけて、岩崎隆一容疑者の親族から、面接で8回、電話で6回にわたり、相談を受けていたという。

岩崎容疑者は、おじとおばと同居していたが、普段から会話することがなく、親族が2人の高齢化による介護サービスの導入についての相談をしたという。また、親族は、外部の支援者が家に入った場合、岩崎容疑者の反応を心配していたという。

1月の最後の相談では、親族は、岩崎容疑者は自分なりに考えてコミュニケーションをとらないことを望んでおり、しばらく様子を見たいとのことだったという。

(引用:http://news.livedoor.com/article/detail/16535177/)

加害者家族の現在③従兄弟

岩崎隆一容疑者には従兄弟(兄、姉)がいます。

日テレによると、岩崎隆一容疑者の伯父の娘がカリタス小学校に通っていたと報道されており、事件との因果関係を調べているということです。

川崎事件、加害者家族の現在(従兄弟)

事件に巻き込まれたのが女児ばかりだということと、何か関係があるのでしょうか?

たまたまなのか、それとも岩崎隆一容疑者の生い立ちと何かしら関連があるのか、岩崎隆一容疑者と姉の関係について、さらなる取材が進められているようです。

なぜ岩崎隆一容疑者がこのような行為に及んでしまったのか、それを解明することは事件の再発防止に繋がる可能性もあるのかもしれません。

しかし一方で、その事実が判明しても、亡くなられた方が戻ってくることはないことを思えば、なんだかむなしい気持ちになってしまいますね。

スポンサーリンク

川崎事件のその後【最新情報まとめ】

川崎事件のその後の最新情報

その他、今回の事件についてわかっている最新情報をまとめると、以下のとおりです。

  • 岩崎隆一容疑者は、事件の朝、何食わぬ顔で近所の人に「おはようございます」と挨拶していた
  • 近所の人とトラブルになることも多かった
  • 家はいつも閉め切られていた
  • 昔から、突然キレる性格だった
  • 中学時代までの岩崎隆一容疑者についての証言はあるが、高校時代を知る人物は今のところいない
  • 犯行が行なわれたのは、時間にして十数秒の間だった
  • ドラレコに犯人が次々に人を切りつける映像が写っていた。犯人は、被害者の顔はあまり見ずに、刃物を振り回していた
  • 岩崎隆一容疑者の自宅から、過去の大量殺人に関する事例などを集めた雑誌2冊が見つかった
  • スマホやパソコンなどの電子通信機器を自宅で使用していた形跡はなかった(そもそも所持していなかった)
  • 交友関係は確認されず、世間から断絶した環境に長年いたと見られている
  • 岩崎隆一容疑者はおじ夫婦と同居していたが、トイレや食事のルールを作り顔を合わせないようにしていた
  • そのため、家族とも長い間顔を合わせない生活を送っていた
  • 凶器の包丁は3ヶ月以上前に購入していた。岩崎隆一容疑者は現場の下見をしていたと見られており、計画的な犯行の可能性が高い
  • 伯母から岩崎隆一容疑者へ引きこもりを心配する手紙を渡しており、これを見た岩崎隆一容疑者が「自分は洗濯もするし食事も作れるから閉じこもっているわけではなくちゃんと生活している。ひきこもりとはなんだ」と答えたことがわかっている。手紙の内容がまずかったのではないかという指摘もある。

また新しい情報などがわかりましたら、追記いたします。

スポンサーリンク

まとめ

川崎市でカリタス小学校の児童らが殺傷された事件で、犯人の岩崎隆一容疑者についての情報が次々と明らかになっています。

岩崎隆一の顔画像も出回っているものの、実際に公開されているのは中学時代の写真のみで、最近のものはないようです。

岩崎隆一(加害者)家族は、おじ、おば、両親、従兄弟(兄、姉)がおり、姉がカリタス小学校に通っていたという情報も出ています。

現在もマスコミによって取材が進められていますので、最新情報にも注目したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

川崎・登戸通り魔事件の場所はどこでなぜ起きた?犯人は犯行動機は何?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です