【画像】三宮路線バス事故の現場の状況は?事故の場所はどこで原因は何?

三宮路線バス事故の現地の状況

2019年4月21日午後2時頃、神戸三宮で路線バスが歩行者をはね、2人が死亡、6人が重軽傷を負う事故が発生しました。

池袋の事故があったばかりにも関わらず、またこのような事故が起こってしまいました。

非常にひどい事故で、現場は騒然となっている状況です。

事故の場所はどこで、原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

三宮路線バス事故の現場の状況は?【画像】

三宮路線バス事故の場所はどこ

神戸市消防局に入った情報によると、事故は2019年4月21日、午後2時頃発生したということです。

この事故で、20代と見られる男女2人が死亡。

他に6人が重軽傷を負っています。

この事故で、現場である三宮は騒然となっています。

休日ということもあり、事故が起きた当初、人通りも多かったということです。

スポンサーリンク

三宮路線バス事故の場所はどこ?

事故が起きた場所は、JR三ノ宮駅の北側神戸市中央区布引町4丁目」です。

JR三ノ宮中央口と阪急三宮をつなぐ、横断歩道付近です。

三宮路線バス事故の原因は何?

三宮路線バス事故の原因

この事故で、警察はバスの運転手の男・大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を、業務上過失傷害の疑いで逮捕しています。

消防局によると、バスが横断歩道に突っ込んだとみられています。

大野容疑者は、「バスが急発進し、人をはねてしまった」と供述しています。

スポンサーリンク

まとめ

2019年4月21日、池袋の暴走事故から2日後の今日、神戸三宮でまた悲惨な事故が起きてしまいました。

事故があった現場は、パトカーや救急車が出動し、救助活動を行っている状況です。

事故の場所は、神戸市中央区布引町4丁目の横断歩道で、逮捕された大野二巳雄容疑者は「バスが急発進し、人をはねてしまった」と供述しています。

新しい情報が入りましたら、追記させていただきます。

 

【関連記事】

【衝撃】池袋事故の運転手(飯塚幸三)が逮捕されない本当の理由は忖度か!

池袋暴走事故の加害者の車種は?『プリウスが事故る理由』画像が話題!

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です