【画像】池袋事故の現場の状況は?事故の場所はどこで原因は何?

池袋事故の場所はどこで原因は

2019年4月19日0時半頃、東京・池袋の路上で、10人を巻き込む衝突事故が発生しました。

かなりひどい事故で、現場は騒然となっている状況です。

事故が起きた場所はどこで、原因は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

池袋事故の現場の状況は?【画像】

事故があったのは、19日12時30分頃。

乗用車が走行中のごみ収集者と衝突し、横断歩道をわたっていた歩行者をはねました。

この事故で、31歳の女性と3歳の女の子の2人が心肺停止の重体、40代~90代の計8名の重軽傷者が出ています。

非常に大きな事故で、現場は騒然となっています。

自転車が大破していて、ひどい事故だということがわかります。

現場では、パトカーや救急車、消防車が出動している状況です。

スポンサーリンク

池袋事故の場所はどこ?

事故の場所は、東京都豊島区南池袋4丁目路上のサンシャイン近くの東池袋交差点付近だということがわかっています。

JR池袋駅から1キロほど離れた、東京メトロ東池袋駅の近くの横断歩道で、比較的人通りの多い場所です。

池袋事故の原因は何?

池袋衝突事故の原因

詳しい事故原因については、現在調査中ということです。

ただ、乗用車とごみ収集車が衝突したことから、どちらかが前方不注意であったことは間違いありません。

歩行者まで巻き込む大規模な事故ということで、一刻も早く原因を究明してほしいと願ってしまいますね。

こちらについては、詳細が分かり次第追記いたします。

【追記】

10人をはねた乗用車を運転していたのは、87歳の男性(飯塚幸三)だったということです。

男性も病院に搬送されており、回復を待って事情を聴く方針とのことです。

 目白署によると、乗用車は80代の男性が運転していた。1カ所目の横断歩道で1人をはねた後、約70メートル離れた別の交差点の横断歩道で9人をはねたという。男性も負傷した。乗用車は2カ所目の現場でごみ収集車と衝突し、ごみ収集車は横転した。

(引用:https://www.asahi.com/articles/ASM4M46VCM4MUTIL014.html)

【追記】

男性は、警察の調べに対して「アクセルが戻らなくなった」と説明しているということです。

高齢男性が運転していたということで、ネットなどでは、男性の認知能力低下を疑う声が上がっています。

スポンサーリンク

まとめ

2019年4月19日、東京の池袋で10人を巻き込む事故が発生しています。

現場は、パトカーや救急車、消防車が出動し、救助活動を行っている状況です。

事故の場所は、東京都豊島区南池袋4丁目路上のサンシャイン近くの東池袋交差点付近で、原因については87歳の男性(飯塚幸三)が運転する乗用車が暴走したためだということがわかっています。

引き続き、事故の経過を見守っていきたいと思います。

 

【関連記事】

【最新・池袋事故その後】飯塚幸三は現在も入院中?退院&逮捕はいつ? New!!

【池袋事故】飯塚幸三の退院後も逮捕見送りに許せないの声!署名やデモに発展する可能性も

池袋事故の運転手(飯塚幸三)が逮捕されない本当の理由は上級国民だから?

池袋暴走事故の加害者の車種は?『プリウスが事故る理由』画像が話題!

スポンサーリンク



3 件のコメント

  • 様々な憶測が飛び交っていますが、その中に「クルーズコントロールがいつの間にかON」になっていたというものがあります。確かにこの場合は「アクセルを離しても、戻らない」現象となります。
    単なる操作ミスなのか、クルーズコントロール等の機器の不具合なのか検証が待たれます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です