爆発が起きた札幌の飲食店の場所はどこ?火事の原因や現地の状況も【画像・動画】

札幌爆発火事

2018年12月16日、午後8時半すぎ、札幌市内の飲食店で爆発があったことがわかりました。

けが人も出ているようで、かなり大きな爆発だったようです。

そこで、爆発が起きた札幌の飲食店の場所はどこなのかや、原因、現場の状況について調べてみました。

スポンサーリンク

爆発が起きた札幌の場所はどこ?

場所は、札幌市豊平区平岸3条8丁目にあるビルです。

ここには、飲食店や不動産会社など3つの店舗が入っています。

札幌の飲食店の爆発(火事)原因は?

原因についても、まだ調査中とのことです。

しかし、近隣住民によると、ガスの臭いがし、停電が発生したとのこと。

現時点では、ガス漏れから、何らかの原因で引火したガス爆発の可能性が高いと考えられています。

詳細な情報が入り次第、追記いたします。

【追記】

アパマンが、公式サイトに謝罪文書を掲載しました。

その中で、爆発の原因を以下のように説明しています。

事故当時、店舗内にいた従業員から聞き取り調査を行いましたところ、消臭スプレー缶約120本の廃棄処理後、湯沸かし器を点けたところ爆発が起きたとの報告を受けました。その他詳細につきましては当局にて調査中です

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000073-spnannex-soci)

爆発が起きた札幌の飲食店の現地の状況は?【画像・動画】

被害状況は、かなり大規模なものです。

爆発の勢いはすさまじく、半径約100メートルの範囲で、爆発した建物を含めて20棟、車両26台に被害があった。

(引用:https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/17/sapporo-spray-can_a_23619940/)

 

また、ネットに上がっている、現地の状況を共有いたします。

札幌爆発火事

ガラスも割れ散乱するなど、かなり大規模な爆発だったようで、ただただ心が痛みます・・・。

けが人が少ないこと、また怪我をされた方の一刻も早い快復を願うばかりです。

【追記】

けが人が42名との情報が入りました。

また新しい情報が入りましたら、随時追記いたします。

スポンサーリンク

まとめ

爆発が起きた場所は、札幌市豊平区平岸3条8丁目にある、居酒屋「海さくら」だということがわかっています。

年末の楽しい時期に、なぜこのような事故が起きてしまったのか、本当に心苦しいです。

追加情報については、入り次第共有させていただきます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です