鶯谷駅事件の乳児のコインロッカーはどこ?場所を特定!父親は誰でなぜ遺棄した?

鶯谷駅コインロッカー場所

非常に悲しい事件が起こってしまいました・・・。

24日午前11時頃、40代の女性が4~5年前に産んだ赤ちゃんをJR鶯谷駅コインロッカーに遺棄したと、警視庁尾久署に自首をしてきました。

警察が調べてみたところ、近くの雑居ビルに隣接したコインロッカーの中から乳児の遺体が見つかったようです。

供養の気持ちでいっぱいですが、どこのコインロッカーで、なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

鶯谷駅のコインロッカーの場所はどこ?

警察によると、乳児は鍵のかかったロッカーの中からポリ袋に包まれた状態で見つかったとのこと。

腐敗が進んでおり、性別や死因は特定できないようです。

女性は赤ちゃんを遺棄してから4~5年間、コインロッカーの料金を払い続けていたと供述しているようです。

そのコインロッカーの場所を、調べてみました。

鶯谷駅はコインロッカーがいくつかあります。

JR鶯谷駅北口方面改札内 – 約54m先
JR鶯谷駅南口方面改札付近 – 約132m先
鶯谷K-1ビル外 – 約156m先
鶯谷駅南口路地裏のビル外 – 約160m先
言問い通り近くのテナントビル外 – 約224m先
シェアハウスがあるビル1F駐車場 – 約328m先
サウナセンター大泉の建物側面自販機の隣り – 約354m先

(引用:https://www.coinlocker-navi.com/tokyo/eki/11302/1130219/)

 

SNSなどの情報から、コインロッカーの場所は北側であることがわかっています。

雑居ビルに隣接していること、またこちらの写真(薬局があること)から、鶯谷K-1ビル外が濃厚なのではないでしょうか?

鶯谷駅コインロッカー場所 鶯谷駅コインロッカー場所

こちらが、そのコインロッカーです。(もし鶯谷駅に詳しい方で情報が違っていれば、教えていただけますと幸いです。)

女性は毎日どんな気持ちで、このコインロッカーにお金を入れていたのでしょうか?

女性の気持ち、また遺棄された赤ちゃんの気持ちを思うと、やりきれませんね。

父親は誰?

父親は、現在のところわかっていません。

現在警察が逮捕した女性から事情を聞いているとのことですので、近く明らかになる可能性はあります。

しかし、父親は女性の出産に反対していた可能性もあるため、報道で名前が出ることはなさそうですね。

もし父親が赤ちゃんを遺棄することを了承していたなんてことがあれば、こんなにひどいことってありません。

なぜ赤ちゃんを遺棄したの?

コインロッカーへ赤ちゃんを遺棄したという事件があとをたちません。

コインロッカーベイビーとも言われており、最近でも今年5月に歌舞伎町で同様の事件が起こっています。

赤ちゃんを遺棄する理由は、一般的に以下のどちらかのケースが多いです。

  • 赤ちゃんができたことを言い出せず、中絶可能期間までに中絶できなかった
  • 赤ちゃんを産むことに反対されたが、産みたい気持ちがありなかなか踏み切れず、気づいた時には中絶可能期間を過ぎてしまっていた

どちらの場合であってもひどいことには変わりはありませんが、近年このようなことが起こるケースには、女性の孤立出産が原因と言われています。

産んで育てたくても育てられない経済的な理由であったり、周囲に言い出せずに一人で産んで、このような事件を起こしてしまうのです。

「匿名出産」という社会的な支援も行われつつありますが、まだまだ理解がなかったり、認知度も低いのが現実です。

今後このようなことが起こらない社会的支援制度が確立されることを切に願います。

逮捕された女性については現在警察で取り調べを行っているようですので、遺棄した理由についても近く明らかになるでしょう。

ネットの反応

今回の事件を受けて、ネットでは様々な意見があがっています。

赤ちゃんがかわいそう、という声とともに、母親への批判の声が上がっていますね。

本当に、辛すぎる事件ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんを入れた鶯谷駅コインロッカーの場所がどこなのか、またなぜこのようなことが起こってしまったのかについて、まとめてみました。

父親はこのことを知っているのかについても、気になるところですよね。

せっかく産まれてきた命が、このように扱われたことに悲しいながらも憤りを覚えます。

女性から経緯を聞くとともに、二度と同じ事件が起こらないようにと願うばかりです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です