白川郷の火災原因はなぜ?放火犯人の可能性や復元できる?募金(寄付)先を調査!

白川郷火災の原因




2019年11月4日、世界遺産の白川郷で火災が発生しています。

先日沖縄の首里城が火災で焼失したばかりということもあり、なぜ火事が発生したのか、火災原因が気になるところです。

放火の犯人がいる可能性はあるのでしょうか?

また、復元できるかや募金先(寄付先)を調べてみました。

スポンサーリンク

白川郷で火災が発生!

火災があったのは、2019年11月4日午後2時40分頃。

世界遺産の合掌集落がある岐阜県白川村荻町で「小屋が萌えている」と近所の人から通報があり、発覚しました。

すぐに消防が駆けつけ消火活動が行われており、17時現在鎮火したとの情報が入ってきています。

この小屋は人が住んでいるものではないようで、幸いけが人の情報は入っていません。

また、合掌集落への延焼はありませんでした。

白川郷の火災原因はなぜ?放火犯人の可能性は?

白川郷は復元できる

白川郷の火災の原因は何なのか、放火の犯人がいる可能性はあるのでしょうか?

そもそも白川郷は、木造で燃えやすいという性質から、集落内に59基の放水銃を設置しています。

この放水銃は30分間水を出し続けることができ、また10月に一斉点検されてばかりでした。

また、住民が1日4回防火の見回りを行ったり、初期対応の訓練をするなど、防災対策は完璧にされています。

にも関わらず、今回火災が発生してしまった原因は、ライトアップ用の電源施設が関係している可能性があるようです。(白川郷は、毎年1~2月にライトアップが行われます)

先日の首里城の火災でも、焦げた分電盤が発見されたことから、今回も原因が電気系統のトラブルであると見られています。

こちらについてはまだ確定情報ではありませんので、さらに詳しい情報がわかりましたら、追記いたします。

スポンサーリンク

白川郷火災に対するネットの反応

白川郷の募金(寄付)先

白川郷は復元できる?募金(寄付)先は?

白川郷火災の原因

焼失してしまった白川郷は復元できるのでしょうか?

かやぶき屋根は、数十年に一度葺き替えが行われているのですが、工事などを行う会社の方によると、屋根全体の葺き替えにかかる費用は約2,000万円

痛みが少ない場合は、屋根表面だけの修繕を行うこともありますが、その場合でも約500万円はかかるといいます。

白川郷は復元可能か

また、木造部分の建物部分を復元するとなると、それ以上になるでしょう。

そもそも、屋根部分の葺き替えは数十年に一度行われるものの、木造部分を取り壊すことはありません。

そのため、復元できたとしても、莫大なコストと長い時間がかかることは間違いないでしょう。

復元のための募金や寄付ですが、現時点ではまだ情報が出ていません。

しかし先日首里城が焼失した際も、復元のための寄付が行われましたので、白川郷も募金を募り、復元作業が行われる可能性が高いといえます。

募金先や寄付の方法などがわかり次第、情報を追記いたします。

スポンサーリンク

まとめ

2019年11月4日、白川郷で火災が発生しています。

原因は、放火ではなく、ライトアップ用の電源施設が関係している可能性があると言われていますが、詳しい原因については、現時点で報道されていません。

また、復元には少なくとも2,000万円以上がかかると見られており、募金や寄付が行われるものと思われます。

新しい情報が入りましたら、情報を追記いたします。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です