熊本県立特別支援学校のパワハラ加害者教師は誰?女性教員の名前や顔画像を特定?

熊本県特別支援学校でのパワハラ加害者は誰




2019年11月3日、熊本県南の県立特別支援学校に勤務していた30代の男性教師が、40代女性教師からパワハラを受けていたことが発覚しました。

最近、教師による教師のいじめやパワハラのニュースが目立ちますね。

精神的に追い詰められた男性教師は退職を余儀なくされています。

そこで、熊本県立特別支援学校のパワハラ加害者教師は誰なのか、40代の女性教員の名前や顔画像は特定されているのでしょうか?

スポンサーリンク

熊本県立特別支援学校でパワハラが発覚!

熊本県特別支援学校の加害者教師の名前や顔画像

パワハラが発覚したのは、熊本県南の県立特別支援学校。

この学校に勤務していた30代の男性教師が、40代の女性教師からパワハラを受け、うつ病で入院後、退職していたことが発覚しています。

同校の校長も「パワハラに当たる行為があった」と認めているということです。

 男性講師は2017年4月に赴任。男性や複数の学校関係者によると、同じクラスを担当する女性教諭は、男性に「自分より早く退勤するな」「学校を休むな」などと命じ、自分の授業をたびたび押しつけたという。

 男性は同10月ごろからめまいや頭痛、血便などの体調不良を訴えるようになり、19年1月にうつ病と診断された。自宅で自殺を図り、1週間入院。その後2カ月間休んだ。学校側は4月に女性教諭を配置転換したが、男性は回復せず、8月に退職した。

 校長と県教育委員会の聞き取りに対し、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めたが、「パワハラ行為ではない」と話しているという。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000001-kumanichi-l43)

女性教師がパワハラだと認識していない点が信じられないですね。

この女性教師は、4月に配置転換されていますが、現時点で処分が下されたなどの報道はありません。

今後の学校側の対応に注目したいですね。

熊本県立特別支援学校のパワハラ加害者教師は誰?女性教員の名前や顔画像を特定?

このパワハラ事件を受けて、ネットではこの40代女性教師の名前や顔画像を特定する動きが始まっています。

  • 熊本県立特別支援学校に勤務
  • 40代の女性教師
  • 4月に配置転換された

ということがわかっているため、関係者の間では、誰が加害者教師なのか既に判明しているものと思われます。

先日の東須磨小学校のパワハラいじめ事件でも、その内容のひどさから関係者がネットで加害者教師の名前を暴露する動きがありました。

今回も、2ちゃんねる(5ちゃんねる)などでそういった動きが始まる可能性もあります。

加害者教師の名前や顔画像につきましては、特定され次第追記いたします。

スポンサーリンク

熊本県立特別支援学校の教師パワハラ事件に対するネットの反応

教えるという立場の人間がまたパワハラか…
それを聞いた生徒達がどう思うのかとかを考えないんだろうな。
本音で生きろとはいうけど、法を犯せではないから勘違いしたらダメだよね

加害者側は一切自身の非を認めていないのなら、また、同じことを繰り返すと思います。

鬱病を発症するまで、何故手を打たない組織。
イジメを止められない組織も罪があると思う。

同僚間のパワハラについても
ちゃんと考えないといけない

被害者男性教師はうつ病で自殺未遂までしてるのに、
加害者女性教師は、パワハラを否定

スポンサーリンク

まとめ

熊本県の特別支援学校で、40代の女性教師が30代の男性教師にパワハラをしていたことが発覚しています。

この女性教師の名前や顔画像については、現時点で特定されていません。

しかし、4月に配置転換されていることや学校側がパワハラの事実を認めていることから、関係者の間では既に誰が加害者なのか判明しているものと思われます。

男性教師は自殺を図るほどの追い詰められていたということで、この女性教師に対する厳正な処分を望みたいですね。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です